PayPayで割り勘する方法

4月26日からPayPayで「割り勘」機能を使えるようになりました。

PayPayアプリを最新バージョンにアップデートすると、ホーム画面の「わりかん」から割り勘の作成や支払いができます。

例えば、飲み会の幹事になって1人あたり3,000円の会費を徴収しなければならない。

そんなときにPayPayの「割り勘」を使えば、会費を均等に請求だけでなく、支払状況もひと目で確認できます。

また、男子と女子で会費を別々に設定することだって可能です。

PayPayの割り勘を使ってみよう

PayPayを最新バージョンにアップデートすると「わりかん」が追加されます。

「割り勘を作成する」をタップします。

タイトルを入力します。

ここで入力したタイトルが割り勘するメンバーに知らされるので、分かりやすい名前にしましょう。

1人あたりの会費を入力します。あとで個別に設定可能です。

割り勘するメンバーは「メンバーを追加する」から追加できます。

「PayPay ID」「携帯電話番号」「友だちのQRコードを読み取る」ことでメンバーを追加できます。

PayPay IDは「アカウント」→「アカウント情報」→「PayPay ID」から設定可能です。

QRコードは「アカウント」→「マイコード」から表示されることができます。

ここで追加したメンバー個別の「割り勘」の金額を設定できます。先ほど設定した金額が初めに表示されます。

「割り勘の内容を決定する」をタップすると、割り勘のメンバーに通知が届きます。

ここで割り勘するメンバーの支払状況が確認できます。

割り勘の参加メンバーが支払いをする場合は、ホーム画面の「わりかん」→「参加中の割り勘」→「支払う」ボタンからできます。

わりかんで10,000円もらえちゃうキャンペーン実施中

PayPayでは、4月26日~5月6日の期間限定でわりかんで10,000円もらえちゃうキャンペーンを実施しています。

わりかん機能を使って

  • 合計5,000円
  • 本人を含めて3人以上
  • 本人が2人以上からPayPay残高(PayPayライト)を受け取る

という条件を満たすことで応募可能。

1日あたり抽選で50名に1万円分、抽選で500人に1,000円分のPayPayボーナスが付与されます。

これを機会にPayPayの便利な機能である「割り勘」を是非活用してみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

サラリーマンをしながら、当ブログを運営していましたが、2018年に独立し現在はフリーランスとして活動しています。今まで、数々のWebサイト・ブログを構築してきました。このブログでは、今までの経験で得た知識を活かし、Web制作・SEO関連を中心に、最新のIT関連ニュースを発信していきたいと思います。