バルス祭りに備えろ!ムスカ大佐と天空の城ラピュタの基礎知識

2016年1月15日、新年早々、「バルス祭り」が開催されるようです。

2013年8月2日から実に約1年半ぶりとなるバルス祭り。今回も、無事に「バルス」が飛び出すでしょうか?ネットでもざわつきが止まらない状況です。僕もまだかまだかとざわついています。

そこで、今回は、より楽しんでバルス祭りに参加するために、天空の城ラピュタの主人公であるムスカ大佐の基礎知識、バルス祭りについてまとめました。

天空の城ラピュタってなに?

天空の城ラピュタのあらすじについて、Wikipediaで調べると

少女シータは、政府の特務機関に捕らえられ、飛行船に乗せられている。彼らの狙いは、シータが・・・

ん~・・・よく分かりませんね。

ざっくり説明すると、特殊部隊に所属するムスカ(ラピュタ王家の末裔)が、失われたラピュタの力を復活させるために、奮闘する物語です。

ムスカとは?

通称、ムスカ大佐。本命は「ロムスカ・パロ・ウル・ラピュタ」。年齢は28歳。視力は低い。茶色の髪とサングラスがトレードマークである。高い教養と豊富なボキャブラリーを持ち、銃の腕前は高く、遠く離れた場所から少女のおさげを的確に狙えるほどである。

ムスカ大佐

▲ムスカ大佐本人

飛行船艦(ゴリアテ)を撃沈させた際に、人が次々を落ちていく様子を見て、「ほぉ・・・ははっ!見ろぉ!人がゴミのようだ!!」と高笑いする冷酷な一面がある反面、宿敵には「3分間待ってやる」と言い、チャンスを与える紳士的な一面も持っている。

他にも

・流行りの服は嫌いですか?
・君も男なら聞き分けたまえ
・読める!読めるぞ!!
・あ~あ~目がぁ~目がぁ~!!
・ 素晴らしい!!最高のショーだとは思わんかね!?

などの名言を残している。

バルス祭りとは何か?

バルス祭りとは、Twitterのサーバーダウン工作活動です。

バルス祭りに参加するには、「天空の城ラピュタ」の終盤で、ムスカの宿敵であるパ○ーとシー○がラピュタ崩壊の呪文「バルス!」と唱えると同時に、Twitterで「バルス」とつぶやきます。

バルス祭りプロは、ムスカ大佐が○ズーと○ータを追い詰め、「3分間待ってやる」と言ってから、Twitterを開き、「バルス」のつぶやき待ちをするようです。

ここで注意していただきたいのが、ムスカ大佐は、3分間と言っていますが、実際には、65秒後という点です。

だから、ムスカ大佐が「3分間待ってやる」と言ってから、65秒後にTwitterで「バルス」とつぶやきましょう。

バルス祭りで世界記録が生まれる

バルス祭りの参加者は、毎回、右肩上がりで増えています。

過去のバルス祭り

▲過去のバルス祭りの1日のツイート数推移。前回は、1日に4,314,588ツイートでした。

そして、前回、2013年8月2日のバルス祭りでは、「バルス」とほぼ同じタイミングで、143,199ツイートされました。これは、驚異的な記録であり、堂々の世界一です。今回のバルス祭りでも世界記録を更新するのか、注目が集まっています。

参考:あけおめ→33,388ツイート(悲)

日本テレビ「バルス!! みんなの時刻予想」が公開

日本テレビ(東証一部)は、バルス祭りのために、「バルス!! みんなの時刻予想」という特設サイトを用意しています。

趣旨は、「バルス」が発声される時刻を予想してポイントをゲットしよう。だそうです。

なお、この特設サイトは、ソースコードに「バルス!!」というコメントをいれるぐらい力が入っています。

バルスソースコード

NTTデータもバルス祭りを中継実況!

バルス祭り開催を受けて、NTTデータでは、当日1月15日17時からバルス祭りの模様を実況中継をすると発表しています。

データサイエンティストが本気を出し、リアルタイム計測するようです。

バルス祭り開催までは、1時間間隔でバルスツイート量を発表、放送開始後は終了まで”15分間隔”で実況されます。

なお、実況中継を見るは、Twitterアカウント(@imatsui_desk)のフォロー、イマツイfacebookページのLikeが必要となります。

バルスツイート量推移

▲NTTデータ提供のバルスツイート量推移

バルスの謎

最後に、バルス七不思議を1つ紹介します。

ラピュタ復活の呪文が「リーテ・ラトバリタ・ウルス アリアロス・バル・ネトリール(意味:我を助けよ、光よよみがえれ)」と長ったらしい呪文なのに対し、「バルス」はたったの3文字しかないことです。

たった3文字「バ・ル・ス」でラピュタという強大な力を持った王国が崩壊するのです。

もしかしたら、ラピュタは、その圧倒的な力ゆえ、人間では制御できないと考えられた。だから、滅びの呪文をたったの3文字にしたのかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

サラリーマンをしながら、当ブログを運営しています。今まで、数々のWebサイト・ブログを構築してきました。このブログでは、今までの経験で得た知識を活かし、Web制作・SEO関連を中心に、最新のIT関連ニュースを発信していきたいと思います。