【iOS13】iPhoneのダークモードの効果は?使い方・メリット

9月20日、iOS13がリリースされました。

そこで注目してほしいのが、黒を基調とした画面できる新機能「ダークモード」です。

ダークモードを活用することで

  • バッテリー消費を抑えられる
  • 暗い場所でも見えやすい
  • 目が疲れにくくなる

といったメリットがあります。

ダークモードにすることでスマホの光を抑えることが可能。

ライブ会場や舞台などでも周囲の人々の邪魔になりにくいですね。

この記事では、ダークモードの使い方を分かりやすく解説しています。

ダークモードの使い方

まずは、iOS(iPhone・iPad)のバージョンを「iOS13」にアップデートします。

iOS13には「設定アプリ」→「一般」→「ソフトウェア・アップデート」からできます。

iOS13のアップデートが完了したら、設定アプリの「画面表示と明るさ」をタップします。

外観モードが「ライト」になっています。

これを「ダーク」に切り替えてみましょう。

画面が黒を基調とした配色にガラッと切り替わります。

ダークモードは時間帯で自動切り替えできる

外観モードの「自動」をオンにすることで、設定操作をすることなく自動的に「ライトモード」「ダークモード」を切り替えることが可能です。

初期設定では、

  • 日の入りまでライト(太陽が登っている時間はライトモード)
  • 日の出までダーク(暗い時間はダークモード)

となっています。

さらに「オプション」をタップすることで時間ごとに細かい設定ができます。

上記の設定では、午前7時にライトモード、午後10時にダークモードに自動で切り替わります。

コントロールセンターから切り替えできる

コントロールセンターから「ライトモード」と「ダークモード」を簡単に切り替えることも可能です。

iPhoneのコントロールセンターを開いてから「ディスプレイの明るさを調整する部分」を長押しします。

ここで「ダークモード」のアイコンをタップすることで、簡単に切替可能です。

【効果】ライトモードとダークモードの画面を比較

iPhoneの画面を「ダークモード」にすることで、どのくらい変化があるのでしょうか?見ていきましょう。

iPhoneのホーム画面です。

ダークモードでは、よく使うアプリの部分が暗くなっていることが確認できます。

Safariアプリの画面です。

ダークモードでは、アドレスバーや下部メニューが灰色になり、シークレットモードのような見た目となります。

カレンダーアプリの画面です。

ダークモードでは、背景が黒く、文字が白くなり、大きく配色が変わったことが分かります。

メッセージアプリの画面です。

先ほど同様、背景が黒く、文字が白くなり、配色が黒色に変わったことが分かります。

マップアプリです。

こちらも全体的に黒を基調とした配色になりました。道路や建物などは灰色で表現されています。

Twitterアプリの画面です。

Apple純正アプリだけでなく、一部のアプリでは「ダークモード」に切り替わることが確認できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

サラリーマンをしながら、当ブログを運営していましたが、2018年に独立し現在はフリーランスとして活動しています。今まで、数々のWebサイト・ブログを構築してきました。このブログでは、今までの経験で得た知識を活かし、Web制作・SEO関連を中心に、最新のIT関連ニュースを発信。また、ファイナンシャル・プランナー技能士の資格を活かして金融関係の情報も発信しています。