【iOS13】最適化されたバッテリー充電とは?80%充電で寿命が延びる

9月20日、iOS13がリリースされました。

そこで注目してほしいのが、iPhone・iPadのバッテリー寿命を延ばせる新機能「最適化されたバッテリー充電」です。

この機能によりモバイル端末の最大の問題であるバッテリーの劣化を軽減することが可能になりました。

この記事では、iOS13の新機能「最適化されたバッテリー充電」について分かりやすく解説していきます。

最適化されたバッテリー充電とは

最適化されたバッテリー充電とは、iPhoneに充電をし続ける”過充電”を抑える機能です。

具体的には、

  • 毎日どのように充電しているのかを学習(朝起きてからiPhoneを利用するまでのタイミングなど)
  • 次にiPhoneを使い始める直前まで80%以上の充電をしない

ことによりバッテリーの劣化を防ぎます。

iPhoneをフル充電しているにも関わらず、それ以上の電力を供給してしまうとバッテリーに負荷がかかる可能性があります。

正しく言えば、iPhone本体が熱を持つことでリチウムイオン電池の劣化が早まってしまいます。

最適化されたバッテリー充電により過充電を防ぐことでバッテリー寿命を延ばすことが可能です。

iPhoneの充電が80%で止まってしまう

iPhoneをiOS13にアップデートすると自動的に「最適化されたバッテリー充電」がオンになります。

それにより、

  • 外出する直前でもiPhoneの充電が80%で止まってしまう

という現象が起こることがあります。

最適化されたバッテリー充電を「明日までオフ」にする

iPhoneを確実にフル充電(100%)したい場合は、最適化されたバッテリー充電を明日までオフにする設定をしましょう。

設定アプリを開いてから「バッテリー」をタップします。

「バッテリーの状態」をタップします。

「最適化されたバッテリー充電」をオフにします。

“最適化されたバッテリー充電はバッテリーの劣化を軽減するのに役立ちます。”というメッセージが表示されるので「明日までオフにする」をタップします。

最適化されたバッテリー充電を「オフ」にする

いつでもiPhoneのバッテリー充電を100%にしたい場合は、最適化されたバッテリー充電を「オフ」にしましょう。

先ほどの”最適化されたバッテリー充電はバッテリーの劣化を軽減するのに役立ちます。”というメッセージが表示されたときに「オフにする」を選択すればOKです。

生活リズムが不規則だったり、明日は長期旅行で早起きをするときにオフにすると良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

サラリーマンをしながら、当ブログを運営していましたが、2018年に独立し現在はフリーランスとして活動しています。今まで、数々のWebサイト・ブログを構築してきました。このブログでは、今までの経験で得た知識を活かし、Web制作・SEO関連を中心に、最新のIT関連ニュースを発信。また、ファイナンシャル・プランナー技能士の資格を活かして金融関係の情報も発信しています。