iPhoneの電池残量を%(パーセント)表示に変更する設定方法

電話、メール、地図、お店・チケットの予約など、今やスマートフォンは生活に欠かすことができません。いざという時、いつの間にか電池がなくなっていたら、困りますよね。

だからこそ、電池残量を細かく把握して、例えば「あと○%しか残っていないから、あまり使わないでおこう」という判断をしたいところです。

しかし、iPhone購入時の初期設定では、電池残量が”アイコン”で表示されているだけなので、ざっくりとした電池残量しか分かりません。

これでは「iPhoneの電池残量が少ないけど、この後に大切な約束があるから、それまで機内モードにして電池の消費を減らそう」といった判断ができません。

ということで、このページでは、iPhoneの電池残量を%(パーセント)表示する設定方法を紹介します。

iPhoneの電池残量をパーセント表示する設定方法

iPhoneの電池残量をパーセントで表示する設定方法は、ホームボタンの有無で異なってきます。

iPhoneのホームボタンの有無
ホームボタンなし iPhone 13、iPhone 13 mini、iPhone 13 Pro、iPhone 13 Pro Max、iPhone 12、iPhone 12 mini、iPhone 12 Pro、iPhone 12 Pro Max、iPhone 11、iPhone 11 Pro、iPhone 11 Pro Max、iPhone XS、iPhone XS Max、iPhone XR、iPhone X
ホームボタンあり iPhone SE(第2世代)、iPhone 6s、iPhone 6s Plus

2017年以降に発売されたiPhoneは、iPhone SE(第2世代)を除いてホームボタンが廃止されています。

ホームボタンなし

iPhoneでホームボタンがない場合は、残念ながらバッテリー残量をパーセントで常時表示されることはできません。

バッテリー残量をパーセントで表示させるには、iPhoneの右上を下にスワイプしてコントロールセンターを開く必要があります。

ウェジェットを使う方法

ウェジェット機能を使うことでホーム画面にバッテリー残量をパーセントで表示可能です。

ウェジェットを使うには、ホーム画面のなにもない場所を長押しタップします。

しばらくするとアイコンが震えるので左上の「+」をタップしましょう。

検索ボックスに「バッテリー」と入力してから検索結果の「バッテリー」をタップします。

“バッテリーの状況 このiPhoneおよび接続中のBluetoothアクセサリのバッテリーの状況を表示します。”という説明文が表示されます。

下部の「+ウェジェットを追加」をタップしましょう。

これでホーム画面にバッテリー残量がパーセントで表示されるようになりました。

ホームボタンあり

iPhoneにホームボタンがある場合は、最上部のバッテリーアイコンの左側にバッテリー残量をパーセント表示できます。

まずは、iPhoneのホーム画面から、「設定」をタップしましょう。

iphone-set-keyboard-set

次に「一般」をタップします。

iphone-set-keyboard-set2

続いて、「使用状況」をタップします。

iphone-charge-set

「バッテリー残量(%)」をオンにします。

iphone-charge-set2

右上に「63%」という電池残量が表示されました。これで完了です。

iphone-charge-complete

まとめ

いかがでしたか?

残念ながら最近のiPhoneは、最上部のバッテリー残量アイコンに「パーセント表示」ができなくなりました。

iPhoneの電池残量をパーセント表示すれば「どのアプリを使ったときに電池残量の減りが激しいのか」を数字を見て判断可能。

また、スマートフォンに搭載されている「リチウムイオン電池」は、”充電回数が多い”または”毎回フル充電する”と電池寿命が短くなります。

その対策として、充電開始を20%、充電終了を90%にするようにして、電池寿命を長持ちさせることも簡単にできるようになります。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

サラリーマンをしながら、当ブログを運営していましたが、2018年に独立し現在はフリーランスとして活動しています。今まで、数々のWebサイト・ブログを構築してきました。このブログでは、今までの経験で得た知識を活かし、Web制作・SEO関連を中心に、最新のIT関連ニュースを発信。また、ファイナンシャル・プランナー技能士の資格を活かして金融関係の情報も発信しています。