iOS10新機能「拡大鏡」でiPhoneカメラを虫眼鏡として使う方法

iOS10の拡大鏡

飲食店のメニュー表や看板の文字が小さすぎて読めない・・・。

そんなときに、iOS10で追加された新機能「拡大鏡」が活躍します。この機能を使えば、iPhoneが虫眼鏡・電子ルーペに早変わり!

普通のカメラアプリより、強力な拡大域と使いやすい機能が搭載されいるので、是非活用してください。

iOS10の拡大鏡を使うための設定

最初の設定では、iOS10の「拡大鏡」はオフになっています。使えるように設定しましょう。

「設定アプリ」を起動して、「一般」をタップ。

ios10-iphone-magnifying-glass

「アクセシビリティ」をタップ。

ios10-iphone-magnifying-glass

「拡大鏡」をタップ。

ios10-iphone-magnifying-glass

最後に「拡大鏡」を「オン」にすれば設定完了です。

ios10-iphone-magnifying-glass

iOS10の拡大鏡を使う方法

iPhoneのホームボタンを3回連続で素早く押すと「拡大鏡」が起動します。

例えば、このように小さい字が書かれているiPhone6Sケースの裏面。

ios10-iphone-magnifying-glass

拡大鏡を使うと、こんなに文字が大きくなります。

ios10-iphone-magnifying-glass

スライダーを左右に移動させたり、画面をタッチしながら上下に動かすことで、簡単に拡大・縮小の調整ができます。

ios10-iphone-magnifying-glass

他に、左下の「カミナリマーク」をタップして、フラッシュライトを常時点灯させたり、画面タップで簡単に焦点(ピント)を合わすことも可能。

右下をタップして「カラーフィルター」を使えば、明るさ・コントラスト、色味の調整などを変更して、一番見やすい状態にできます。

ios10-iphone-magnifying-glass

▲明るさとコントラストを変更した後、グレイスケール(白黒)にしてみました。少しぼやけていた文字がくっきりと見えるようになりました。

最後に

視力が悪くて、虫眼鏡や電子ルーペを持ち歩いていた方。iOS10なら、そんなものを持ち運ぶ必要はなくなります。

ちょっとした不便を解消するために、今回紹介したiOS10の新機能「拡大鏡」を是非活用してください。

iOS10の拡大鏡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

サラリーマンをしながら、当ブログを運営しています。今まで、数々のWebサイト・ブログを構築してきました。このブログでは、今までの経験で得た知識を活かし、Web制作・SEO関連を中心に、最新のIT関連ニュースを発信していきたいと思います。