インターネット光回線1Gbpsを活かす!LANケーブルの種類と選び方

インターネット光回線を1Gbpsプランで契約した。

それなら、自宅のLANケーブルが1Gbpsに対応しているか確認しましょう。

もし、LANケーブルが100Mbpsまでしか対応していないなら、いくらインターネット光回線の速度を上げても、通信速度100Mbpsが上限となってしまいます。

LANケーブルと通信速度の図

では、1Gbpsのインターネット光回線を活かすには、どうすれば良いのでしょうか?

このページでは、そんな疑問に答える”正しいLANケーブルの選び方”を解説します。

無線LANルーターの選び方は『無線LANルーター(Wi-Fi)の選び方・おすすめを元家電量販店員が紹介』を参考にしてください。

LANケーブルのカテゴリー種類一覧

LANケーブルには、色々な種類があり、”カテゴリー”と呼ばれる規格で性能が分かれています。

自宅にあるLANケーブルをよく見てください。「CAT.5」とか「CAT.5e」とか「CAT.6」という文字が印字されていますよね?

LANケーブルのカテゴリーを確認している様子

これが、LANケーブルの規格(カテゴリー)です。CAT.6は、「カテゴリー6」と呼ばれる規格になります

パソコンに詳しい人に、「LANケーブルのカテゴリー教えて」と質問すると「カテゴリー5eですよ」とか答えてくれます。

では、LANケーブルの”カテゴリー”と”通信速度”を次の表で確認してみましょう。

LANケーブルのカテゴリー種類一覧表
カテゴリ 通信速度 最大周波数
CAT4
カテゴリー4
20Mbps 20MHz
CAT5
カテゴリー5
100Mbps 100MHz
CAT5e
カテゴリー5e
1Gbps(100Mbps) 100MHz
CAT6
カテゴリー6
1Gbps(1000Mbps) 250MHz
CAT6A
カテゴリー6A
10Gbps(10000Mbps) 500MHz
CAT7
カテゴリー7
10Gbps(10000Mbps) 600MHz

今、使っているLANケーブルが「どのぐらいの通信速度に対応しているか」分かりましたか?

例えば、LANケーブルにCAT.5(カテゴリー5)と書かれていたら、通信速度100Mbpsまでしか対応していません。CAT.6なら通信速度1Gbpsまで対応しています。

もし、現在のLANケーブルが通信速度100Mbpsまでしか対応していなくて、通信速度1Gbps以上を望むなら、カテゴリー5e/6/6A/7のLANケーブルを入れ替える(新しく購入する)必要があります。

LANケーブルの選び方

LANケーブルの選び方といっても、主な違いは、先ほど解説した「カテゴリー」と「ストレート&クロス」と「メーカー」ぐらいです。

LANケーブルの”ストレート”と”クロス”は、普通に使うなら”ストレート”を選べばOKです。

ストレートとクロスの違い
LANケーブルのストレートは、無線LANルーターからパソコンに繋ぐときに使います。LANケーブルのクロスは、パソコンとパソコンをLANケーブルで繋ぐときに使います。

新しくLANケーブルを購入する場合は、そこまで値段も変わりませんし、1Gbps対応した”カテゴリー5e/6以上”のLANケーブルを選ぶのが無難。おすすめです。

Amazon LANケーブルの売れ筋ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

サラリーマンをしながら、当ブログを運営しています。今まで、数々のWebサイト・ブログを構築してきました。このブログでは、今までの経験で得た知識を活かし、Web制作・SEO関連を中心に、最新のIT関連ニュースを発信していきたいと思います。