【ニンテンドースイッチ】購入者の声レビューまとめ

2017年3月3日、ついに任天堂の次世代ゲームハード「Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)」が発売されました。

Wii Uに引き続き、奇抜なゲームとなっているため、「どんなゲームなの?」「実際使ってみてどうなの?」と気になっている人も多いハズ。

そこでネット上に溢れ出ている購入者の声レビューなどをまとめてみました。

遊べるソフトはどのくらい?

ゼルダの伝説シリーズ完全新作を筆頭にさまざまなゲームソフトがニンテンドースイッチ本体と同時発売されます。

▲ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルドの紹介動画

ローンチタイトル一覧

  • ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド(任天堂:税別6980円)
  • 1-2-Switch(任天堂:税別4980円)
  • いっしょにチョキッと スニッパーズ(任天堂:税別1667円)
  • ドラゴンクエストヒーローズI・II for Nintendo Switch(スクウェア・エニックス:税別8800円)
  • SUPER BOMBERMAN R(KONAMI:税別4980円)
  • 信長の野望・創造 with パワーアップキット(コーエーテクモゲームス:税別9800円)
  • いけにえと雪のセツナ(スクウェア・エニックス:税別4800円)
  • ぷよぷよテトリスS(セガゲームス:税別4990円)
  • 魔界戦記ディスガイア5(日本一ソフトウェア:税別6980円)
  • アケアカNEOGEOシリーズ(ハムスター:税込各823円)
  • VOEZ(フライハイワークス:税込2500円)
  • オセロ(アークシステムワークス:税込500円)
  • 新大開拓時代 ~街をつくろう~(アークシステムワークス:税込1200円)
  • 空飛ぶブンブンバーン(ポイソフト:税込1000円)
  • そるだむ 開花宣言(シティコネクション:税込1500円)
  • ブラスターマスター ゼロ(インティ・クリエイツ:税込980円)

今後も、Splatoon2、スーパーマリオ オデッセイ、Xenoblade 2などの大型タイトルがひかえています。

本体の重さはどうなの?

任天堂公式サイトによると、本体重量は約297g、Joy-Con取り付け時は約398gのようです。

つまり、この状態(携帯モード)で約398gとなります。

出典:任天堂

9.7インチiPad Pro(473g)より少し軽く、iPad mini2(331g)より少し重たいぐらいです。

ニンテンドー3DS(約235g)と比較すると、160g程度重くなります。

画質はどうなの?きれいなの?

任天堂公式サイトによると、

  • ゲーム本体の液晶は1280×720ピクセル(720pのHD画質)
  • テレビ出力時は最大 1920×1080ピクセル(1080pのフルHD画質)60fps

です。

レビューによると、ライバルであるPS4の画質よりは多少劣るようですが、十分綺麗なグラフィックのようです。

操作性はどうなの?

操作性に関して、評価は賛否両論立です。

出典:任天堂

ニンテンドースイッチには、「TVモード」「テーブルモード」「携帯モード」の3パターンの使い方があり、それぞれ操作感も変わってきます。

TVモード時

付属の「Joy-conグリップ」に装着すれば、快適にプレイできるようですが、それでも「スプラトゥーン」のような操作性を要求されるゲームには向かないようです。

子供でも遊べるように設計されているためか、手の大きな成人男性にとっては少し小さく、特に「+ボタン」「ーボタン」が少し押しにくかったり、スティックがイマイチとのこと。

一応、任天堂側もこの辺のことは認識しているようで、コアゲーマー向けにProコントローラーが別売されています。

これを使えば、PS4やXbox Oneのコントローラーのようなフィット感が得られるようです。

テーブルモード時

2人でJoy-Conをシェアして使う場合、最初は、「ちょっと小さいな~」と感じるようですが、手に馴染むように上手く設計されているようで、遊んでいるうちにフィット感が増してくるようです。

携帯モード時

若干、「Lボタン」と「ZLボタン」、「Rボタン」と「ZRボタン」が押しにくいようですが、その他は特に問題なく、十分快適にプレイできるようです。

遅延はあるの?

一部ソフトを除き、「Joy-Con」の操作レスポンスやタッチスクリーンの遅延は特に問題ないようです。

瀬戸弘司さんが「スーパーボンバーマンR」の遅延問題について検証しています。

見ていただければ分かるとおり、ボタンを入力してから、画面のボンバーマンが動くまで若干のラグがあるようです。

なお、ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルドには遅延問題がないようです。

味はどうなの?

ニンテンドースイッチ本体は特に味がないようですが、カートリッジ(ソフト)には、苦味があるとのこと。

子供の誤飲を防止するために「安息香酸デナトニウム」が使用されているようです。(ちなみにギネス史上最も苦味の強い物質です。)

今後も、順次情報は追加していく予定です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

サラリーマンをしながら、当ブログを運営しています。今まで、数々のWebサイト・ブログを構築してきました。このブログでは、今までの経験で得た知識を活かし、Web制作・SEO関連を中心に、最新のIT関連ニュースを発信していきたいと思います。