リファラスパムとは?Googleアナリティクスで徹底的に対策をしよう

Googleアナリティクスを見てください。

「(not set)」「ru」「ru-ru」言語からのアクセスが異常に多くありませんか?集客サマリーの「Referral」に見慣れないサイトがずらっと並んでいませんか?

これらは、リファラスパムと呼ばれるものです。

リファラスパムは、Webサイトを乗っ取るような悪さはしません。しかし、Webサイトを改善するために必要な、Googleアナリティクスのデータ(訪問者数、直帰率、平均滞在時間など)を乱します。

このページでは、そんなリファラスパムの対策を紹介します。

リファラスパムとは

そもそも、リファラスパムとは何でしょうか?

リファラスパムとは、GoogleアナリティクスのReferral(参照元)に、ドメイン(URL)を残すスパム行為です。

リファラスパム一覧

具体的には、Googleアナリティクスのトラッキングコード(ブログに訪れたユーザーデータを取得するためのプログラム)を悪用しているようです。

リファラスパムの目的

リファラスパムの目的は、Webサイト管理者をスパムサイトに誘導することです。

Webサイト管理者が「こんなWebサイトから、自分のブログに訪れてくれた。どんなWebサイトかな?」と思って、そのWebサイトにアクセスする。ここまでが狙いです。

リファラスパム一覧

次は、私の運営しているWebサイト・ブログで確認されたリファラスパム一覧です。(ウイルスに感染する可能性があるので、これらのドメインにはアクセスしないでください。)

100dollars-seo.com
4webmasters.org
free-social-buttons.com
guardlink.org
howtostopreferralspam.eu
sanjosestartups.com
simple-share-buttons.com
trafficmonetize.org
webmonetizer.net
www.event-tracking.com
www.Get-Free-Traffic-Now.com
www1.free-social-buttons.com
www10.free-social-buttons.com
www2.free-social-buttons.com
www3.free-social-buttons.com
www4.free-social-buttons.com
www5.free-social-buttons.com
www6.free-social-buttons.com
www8.free-social-buttons.com
ysearch.luna.tv

リファラスパム対策

では、次にリファラスパムの対策方法を見ていきましょう。

「ボットのフィルタリング」を有効にする

「ボットのフィルタリング」を有効にするというのが、最も簡単にできるリファラスパム対策です。この方法によって、Googleのブラックリストに登録されているリファラスパムを、Googleアナリティクスの集計から除外してくれます。

まずは、「アナリティクス設定」をクリックします。

アナリティクス設定

「ビュー設定」をクリック。

ビュー設定

最後に、ボットのフィルタリング項目にある「既知のボットやスパイダーからのヒットをすべて除外します」にチェックを入れてから、「保存」ボタンをクリックすれば完了です。

既知のボットやスパイダーからのヒットをすべて除外します

ただし、この方法だと、Googleがリファラスパムをブラックリストに登録するまでに、時間がかかります。また、すべてが登録されるわけではありません。

「言語」のフィルタを作成

言語が「not set」のアクセスは、ほぼ100%リファラスパムといってもいいです。

続いては、そんな”リファラスパムと思われる言語”を、Googleアナリティクスの集計から除外する方法です。

アナリティクス設定から「フィルタ」に進んでください。

フィルタ

「+新しいフィルタ」をクリック。

+新しいフィルタ

フィルタ名を「言語 not set」、フィルタの種類を「カスタム」、フィルタフィールドを「言語設定」、フィルタパターン「not set」にしてから、「保存」をクリックします。

言語のフィルタ

これで、「not set」の言語は、Googleアナリティクスから除外されます。

また、当ブログ(Webコミュ)のように、日本人向けのみにブログを制作しているなら、リファラスパムっぽい言語(例「ru」「en」「en-us」「en-nz」)はすべて除外しても良いでしょう。言語の種類は、Googleアナリティクスの「ユーザー」→「地域」→「言語」から確かめることができます。

「国」のフィルタを作成

続いては、「国」のフィルタ作成を行います。

まずは、「新しいフィルタ」の作成画面に進みます。

フィルタ名を「国 not set」、フィルタの種類を「カスタム」、フィルタフィールドを「国」、フィルタパターン「not set」にしてから、「保存」をクリックしてください。

国のフィルタ

また、「Russia」「United States」など、リファラスパムっぽい国は、フィルタしても良いでしょう。国の種類は、Googleアナリティクスの「ユーザー」→「地域」→「地域」から確認できます。

「ドメイン」のフィルタを作成

最後は、”ドメイン”そのものを、Googleアナリティクスの集計から除外する方法です。

例として「free-social-buttons.com」というドメインを除外します。

新しいフィルタの作成画面に進み、フィルタ名を「free-social-buttons.com」、フィルタの種類を「カスタム」、フィルタフィールドを「参照」、フィルタパターン「free-social-buttons.com」にしてから、「保存」をクリックします。

ドメインのフィルタ

ドメインは、Googleアナリティクスの「集客」→「すべてのトラフィック」→「参照サイト」から確かめることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

サラリーマンをしながら、当ブログを運営しています。今まで、数々のWebサイト・ブログを構築してきました。このブログでは、今までの経験で得た知識を活かし、Web制作・SEO関連を中心に、最新のIT関連ニュースを発信していきたいと思います。