はがきデザインキットは封筒印刷に対応してるの?

封筒を送付するとき宛名を毎回書くのは手間ですよね・・・。

そんなときに便利なのが封筒印刷です。

封筒印刷を利用すれば、プリンターに封筒をセットして、宛名を選ぶだけで封筒に宛名印刷できます。

さて、そんな封筒印刷は、日本郵便(郵便局)が無料提供している”はがきデザインキット(インストール版)”にも対応しているのでしょうか?

この記事では、はがきデザインキット(インストール版)の封筒印刷の対応状況について解説します。

はがきデザインキットは封筒印刷に対応していない

先に結論を言っておくと、はがきデザインキット(インストール版)は、封筒印刷に対応していません。

はがきデザインキットは、煩わしい広告なしで”完全無料”でありながら、宛名をカテゴリごとに管理できるなど使いやすくなっています。

また、宛名情報の入力画面も使いやすく、敬称は「様」「御中」「殿」「先生」「君」「ちゃん」「さん」から選択可能です。(名前の後ろにスペースを入れることで「行」「宛」などの敬称も使えます。)

その他、郵便番号を入力して「郵便番号から住所を検索」で住所が自動入力されたり、会社の「部署」や「役職」、連名の登録にも対応しています。

ネット上でも「はがきデザインキット」の住所録の利便性の高さから「封筒印刷でも対応してくれたらいいのに・・・」という書き込みもされています。

封筒に印刷できるフリーソフトを探しています。

イメージとしては郵便局が提供している「はがきデザインキット」です。

CSVファイルからインポートして宛名を印刷できる点が良いです。
このようにCSVから読みこめて、かつ、住所録として保存できるフリーソフトを御存じあれば、お勧めのモノを教えてください。

出典:Yahoo!知恵袋

はがきデザインキットで宛名印刷をする場合、はがき(郵便はがき、年賀はがき、広告付はがき、かもめ~る)の用紙しか選択できません。

設定を細かくいじれば、封筒印刷をすることもできなくはありませんが、封筒の種類を変える度に設定を変更したり、どうしてもズレてしまったりと手間がかかります。

封筒印刷なら「筆まめ」がおすすめ

往復はがきに対応しているパソコンソフトはいくつかありますが、その中でも筆まめがおすすめです。

筆まめ(ふでまめ)は、ソースネクスト株式会社が販売する22年連続で販売本数1位の定番の年賀状・はがき作成ソフトです。

使いやすさにも定評があり、パソコン初心者から上級者まで幅広くおすすめできます。

筆まめの案内サイトでも封筒印刷について案内されています。

筆まめで住所録を作成して「用紙選択」から封筒の種類に合わせて「封筒(長形、角形、洋形)」を選択するだけで簡単に封筒印刷が可能です。

出典:筆まめネット



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

サラリーマンをしながら、当ブログを運営していましたが、2018年に独立し現在はフリーランスとして活動しています。今まで、数々のWebサイト・ブログを構築してきました。このブログでは、今までの経験で得た知識を活かし、Web制作・SEO関連を中心に、最新のIT関連ニュースを発信。また、ファイナンシャル・プランナー技能士の資格を活かして金融関係の情報も発信しています。