はがきデザインキットの住所録をCSV形式でバックアップする方法

突然、パソコンが壊れてしまった!

はがきデザインキットに登録していた「住所録」も消えてしまい、また初めから名前や住所を打ち込んでいかなければならない・・・。

こんな最悪の事態にならないために、はがきデザインキットの住所録をCSV形式でバックアップする方法をご紹介します。

住所録をCSV形式でバックアップする方法

さっそく、はがきデザインキットの住所録をCSV形式でバックアップする方法を見ていきましょう。

まず、はがきデザインキット(インストール版)を起動して、上部の「あて名面作成」をクリックします。

バックアップしたい住所録を選択(すべて選択から一括で選択することも可能)してから、上部にある「住所書出」をクリックします。

項目区切り(カンマで問題ありません)とレコード区切り(WindowsかMac)を確認してから、「OKをクリック。」

下部のボタンから

  • はがきデザインキット(ウェブ版)
  • DMファクトリー(郵便局が提供するダイレクトメールやチラシのサービス)
  • 郵便局の総合印刷サービス

で住所録を使用するためにCSV形式で書出(バックアップ)することも可能です。

バックアップしたい住所録の項目(氏名、住所など)を選択(すべて追加から一括で選択することも可能)してから、「CSV書出」をクリック。

保存先やファイル名を指定してから、「保存」ボタンをクリック。

住所録のデータがダウンロードされます。

突然、パソコンが壊れてもいいように

  • 外付けHDD
  • USBメモリ
  • SDカード

などにコピーしておきましょう。

住所録を「yubin10.db」ファイルでバックアップする方法

はがきデザインキットは、住所録が保存されている「yubin10.db」ファイルを

  • 外付けHDD
  • USBメモリ

などにコピーすることでもバックアップできます。

住所録(yubin10.db)ファイルの探し方については、次の記事を参考にしてください。

はがきデザインキットの住所録の保存場所とデータ移行方法

2018.09.27

ABOUTこの記事をかいた人

サラリーマンをしながら、当ブログを運営していましたが、2018年に独立し現在はフリーランスとして活動しています。今まで、数々のWebサイト・ブログを構築してきました。このブログでは、今までの経験で得た知識を活かし、Web制作・SEO関連を中心に、最新のIT関連ニュースを発信していきたいと思います。