Microsoft Edgeの検索エンジンをGoogle・Yahoo!に変更する方法

Windows10で新しくなったWebブラウザ「Microsoft Edge」を使ってみましたが、軽くなっていい感じですね。

でも、このMicrosoft Edge、上部のアドレスバーに調べたい「キーワード」を入力して検索するのですが・・・

アドレスバー

最初の設定では、Microsoftが提供している検索エンジン「Bing」で検索されてしまいます。

Bing検索結果

正直、Bingの検索精度は、昔と比べて良くなったとはいえ、Google・Yahoo!と比べるとイマイチ。なかなか欲しい情報がでてきません。

そこで、このページでは、Microsoft Edgeのアドレスバーの検索エンジンを「Bing」から「Google」「Yahoo!」に変更する方法を紹介します。

新Microsoft Edgeで検索エンジンを「Google」や「Yahoo」に変更する方法

2020年4月に公開された新Microsoft Edgeでは、簡単に検索エンジンを変更できるようになっています。

まず、Microsoft Edegeを起動して右上の「・・・」→「設定」の順にクリックします。

左メニュー「プライバシー、検索、サービス」→「アドレスバーと検索」の順にクリックします。

最後にアドレスバーで使用する検索エンジンを「Yahoo! JAPAN」「Google」「百度」「DuckDuckGo」「ESTART検索」から選択すれば、検索エンジンの変更は完了です。

旧Microsoft Edgeで検索エンジンを変更する方法

次は、旧Microsoft Edgeで検索エンジンを変更する方法になります。

検索エンジンを「Bing」から「Google」に変更

次の「1~5」の手順を見ながら設定してください。

まずは、あらかじめMicrosoft EdgeでGoogle(https://www.google.co.jp/)を1度開いておきます。

1、右上の「・・・」から「設定」に進みます。

設定

2、「詳細設定を表示」をクリック。

詳細設定を表示

3、”アドレスバーでの検索時に使うプロバイダー”項目のプルダウンを開きます。

Bing(www.bing.com)

4、「<新規追加>」をクリック。

<新規追加>

5、「www.google.co.jp」を選択してから、「既定に追加」をクリックすれば完了です。

www.google.co.jp

このように、アドレスバーからGoogle検索ができました。やはり、ほしい情報を探すなら、Google検索が最強です!

Google検索結果

検索エンジンを「Bing」から「Yahoo!」に変更

あらかじめMicrosoft EdgeでYahoo!検索(http://search.yahoo.co.jp/)を1度開いておきます。

あとは、先ほどの「1~4」と同じ手順で設定していきます。

最後の手順で「search.yahoo.co.jp」を選択してから、「既定に追加」をクリックすれば完了です。

search.yahoo.co.jp

このように、アドレスバーからYahoo!検索ができました。

Yahoo!検索結果


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

サラリーマンをしながら、当ブログを運営していましたが、2018年に独立し現在はフリーランスとして活動しています。今まで、数々のWebサイト・ブログを構築してきました。このブログでは、今までの経験で得た知識を活かし、Web制作・SEO関連を中心に、最新のIT関連ニュースを発信。また、ファイナンシャル・プランナー技能士の資格を活かして金融関係の情報も発信しています。