ネオモバで毎月付与される期間固定Tポイント200ptの使い方

貯まったTポイントで株式投資ができる”ネオモバ”

ワンコインで”1株単位”で株を購入できることから、初心者にもおすすめできるサービスです。

ネオモバでTポイント株式投資をしよう!実際に口座開設&使ってみた

この記事では、ネオモバに登録をすると毎月もらえる期間固定Tポイント200ptの使い方について解説します。

ネオモバの料金システム

出典:ネオモバ公式サイト

通常、株式取引では、1取引ごとに”100~1,000円ほど”の売買手数料がかかります。

例えば、売買手数料が1取引あたり100円であれば、

  1. 株を5万円で買う
  2. 株を5万1,000円で売る
  3. 株を3万円で買う
  4. 株を3万,1000円で売る

という4回の取引をした場合は、取引金額16万2,000円に対して、売買手数料400円(= 100円 × 4回)がかかってきます。

「たったの400円ぐらい大したことない」と思うかもしれませんが、取引を重ねるほど負担は大きくのしかかり、利益を圧迫することになります。

年間100回の取引であれば、手数料は1万円に膨れ上がり、決して小さな金額とは言えません。

ネオモバなら実質20円~

ネオモバであれば、月間の国内株式の取引金額が50万円以内であれば、月額200円(税込220円)の定額で好きなだけ売買することが可能。

さらに毎月期間固定Tポイントが200ptが付与されるので、実質20円の売買手数料となります。

株式の売買を10回以上繰り返したとしても、売買手数料が実質20円なのは初心者にとっては嬉しいですね。

ネオモバの期間固定Tポイントの使い方

ネオモバから毎月付与される200円分の期間固定Tポイントには、いくつかの制約があります。

それは、

  • ネオモバの株式売買のみ使える
  • ネオモバのサービス利用料(月額)の支払いには使えない
  • 有効期限はTポイントの最終利用日から1年間

です。

ネオモバで付与される期間固定Tポイントは、TSUTAYAやファミリーマート、オンラインショッピング(Yahoo! ショッピング、LOHACOなど)の支払いには、使えないということですね。

ネオモバで期間固定Tポイントを使いたい場合は、株式売買のときにポイント利用を選択しましょう。

期間固定Tポイントかつ有効期限の短いTポイントから優先的に支払いに充てられます。

このように期間固定Tポイントで株の注文ができます。

通常、株式投資は単元枚数(100株、1,000株の単位)で購入しなければなりません。

一方、ネオモバであれば、1株単位で購入することも可能。

株価は銘柄によって異なりますが、優良企業であっても500円未満で購入できる銘柄が数多くあります。

ネオモバの利用を一時停止すると期間固定Tポイントは付与されない

しばらくの間、ネオモバで株の売買をする予定がない場合は、一時停止することも可能です。

一時停止することで、サービス利用料(月額200円)の請求がストップします。

ただし、同時に毎月の期間固定Tポイント200ptの付与も停止することになります。

SBIネオモバイル証券のサービス利用を一時停止する方法

最後に

ネオモバは、毎月のサービス利用料が発生しますが、それとほぼ同額の期間固定Tポイントが付与されます。

実質的には消費税の負担分20円だけで株式売買をすることが可能です。

買い物でTポイントが貯まったら、こまめにネオモバで株を購入でき、値上がりしたときは売買手数料を気にすることなく売って利益を増やすことができます。

また、年間5%以上の高配当の株を選べば、銀行に預けるより何倍も高い利率で運用することも可能。

ネオモバでは、ワンコインで自分が応援したい会社の株を購入できるので、これから気軽に株式投資を初めたい方におすすめです。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

サラリーマンをしながら、当ブログを運営していましたが、2018年に独立し現在はフリーランスとして活動しています。今まで、数々のWebサイト・ブログを構築してきました。このブログでは、今までの経験で得た知識を活かし、Web制作・SEO関連を中心に、最新のIT関連ニュースを発信。また、ファイナンシャル・プランナー技能士の資格を活かして金融関係の情報も発信しています。