日本通信が20GB1980円でドコモ新料金プラン「ahamo」対抗!

先日、ドコモから衝撃的な料金プラン「ahamo(アハモ)」が発表されました。

次世代通信方式5G対応、データ容量20GB(超過後は1Mbps)、音声通話かけ放題(5分間まで)、海外82の国々・地域で追加料金なし。

これで月額料金は、驚きの2,980円(税別)です。

それだけでなく、新規契約事務手数料、機種変更手数料、MNP転出手数料など、乗り換え時の手数料も全て無料となっています。

他社サービスと比べてもコストパフォーマンスの高さは際立っています。

ahamoと他社の主要プランの比較表
ahamo UQmobile Y!mobile RakutenMobile
企業 NTTドコモ KDDI ソフトバンク 楽天
プラン ahamo スマホプランV シンプル20 Rakuten UN-LIMIT V
月額料金 2,980円 3,980円 4,480円 2,980円
データ容量 20GB 20GB 20GB 楽天回線:無制限
パートナー回線:5GB
回線の種類 4G、5G 4G LTE 3G、4G 4G、5G
超過後の速度 最大1Gbps 最大1Gbps 最大1Gbps 最大1Gbps
国内音声通話料 1回あたり5分無料
5分以降は20円/30秒
20円/30秒 1回あたり10分無料
10分以降は20円/30秒
Rakuten Link利用で無料
それ以外は20円/30秒

ahamaは、格安SIM並の料金でありながら、社長から「他の(NTTドコモの)プランと、通信品質にはいっさい違いがない」とコメントが出ており、どう考えてもお得なプランです。

さて、そんなドコモの新料金プランに対抗すべく、世界初のMVNO(格安SIM)業者である日本通信からも新料金プランが発表されました。

日本通信から20GB1980円プランが発表

日本通信は、1990年に設立された仮想移動体通信事業者(MVNO)です。

ドコモやソフトバンクのネットワークを利用して、業界最安の月額990円~の料金プランで音声通話SIMを提供する『b-mobile(ビーモバイル)』で知られています。

この度、ドコモが発表した「ahamo(アハモ)」の提供を受けて、日本通信からドコモへの対抗プランが発表されました。

両社の料金プランを比較すると次のとおりです。

ahamoと日本通信SIMの比較表
ahamo 日本通信SIM
企業 NTTドコモ 日本通信
プラン ahamo 新プラン
(SSDプラン)
月額料金 2,980円 1,980円
データ容量 20GB 16GB → 20GB
回線の種類 4G、5G 3G、4G LTE
超過後の速度 最大1Gbps 1GBあたり250円で追加
国内音声通話料 1回あたり5分無料
5分以降は20円/30秒
70分無料通話
70分以降は10円/30秒
開始日 2020年12月10日 2021年3月

※日本通信SIMのデータ容量は、ドコモ「ahamo」の提供と同時に増額されます。

上記の表を見ても分かるとおり、ドコモの「ahamo」より月額1,000円安くなっています。

そのため、日本通信SIMを選択することで

  • 6ヶ月間で6,000円
  • 1年間で1万2,000円
  • 2年間で2万4,000円
  • 3年間で3万6,000円

の通信費を節約することが可能です。

また、通話料についても日本通信SIMでは、月70分の無料通話が設定されており、仮に長電話したとしてもドコモ「ahamo」の半分の料金となっています。

通信速度はどうなの?

日本通信SIMは、ドコモのネットワークを利用していることから、ドコモが繋がる地域であれば同じようにネットができます。

通信速度については不安な面はありますが、ネット上の口コミ情報を見る限りは、そこまで極端に遅いという訳ではなさそうです。

Webサイトを閲覧したり、メールやLINEをする場合、1Mbpsほどの通信速度があれば十分です。

また、HD高画質動画を視聴する場合でも5Mbps程度で良いことから、ネット上の口コミの速度があれば十分快適に利用することができます。

最後に

日本通信SIMは、ドコモが発表した「ahamo」の対抗プランです。

ahamoより月額1,000円(年間1万2,000円)も安い点は、大きなアドバンテージと言えます。

また、ドコモより3ヶ月早く先行して提供されることから、早い時期から通信費を大幅に抑えることが可能です。

また、速度面については、万が一、日本通信SIMが遅すぎて使い物にならないとしても「最低利用期間」や「違約金」がないことからMNP転出手数料3,000円だけで乗り換えることができます。

もし、通信速度に満足ができたなら、通信費をドコモ「ahamo」より年間1万2,000円も抑えられてラッキーです。

今後、他の通信事業者もドコモ「ahamo」に対抗すべく、新料金プランを打ち出してくる可能性は高いので注視しておくといいでしょう。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

サラリーマンをしながら、当ブログを運営していましたが、2018年に独立し現在はフリーランスとして活動しています。今まで、数々のWebサイト・ブログを構築してきました。このブログでは、今までの経験で得た知識を活かし、Web制作・SEO関連を中心に、最新のIT関連ニュースを発信。また、ファイナンシャル・プランナー技能士の資格を活かして金融関係の情報も発信しています。