PayPay加盟店の売上は翌日入金・振込手数料は無料

ソフトバンクグループが提供するQRコード決済サービス”PayPay(ペイペイ)”

PayPayを店舗に導入することにより、

といったお得なキャンペーン等を店舗側の負担ゼロで実施することが可能。

さらに2019年10月1日以降、消費税の増税8%→10%に伴って実施される政府の消費税ポイント還元最大5%も対応できます。

この記事では、PayPayを導入するにあたって気になる入金サイクルと振込手数料について解説していきます。

PayPay加盟店の売上は翌日入金

PayPayでは、

の両方を満たすこと売上金が翌日入金されます。

金融機関 締日 入金日
ジャパンネット銀行 累計決済金額が1万円以上
(2019年10月1日から売上金額に関わらず翌日入金)
翌日
その他の金融機関 累計決済金額が1万円以上 最短で翌々営業日

※月末は累計決算金額に関係なく締日となります。

例えば、6月10日に売上2万円だった場合は、翌日6月11日に2万円がジャパンネット銀行に振り込まれます。

また、6月10日に売上が8,000円、6月11日に売上が5,000円のときは、6月12日に1万3,000円が振り込まれます。

PayPay加盟店の売上の振込手数料は無料

PayPayでは、現在、売上金の振込手数料が無料となっています。

金融機関 振込手数料
ジャパンネット銀行 永年0円
その他の金融機関 0円

※その他の金融機関の振込手数料は、2020年7月1日以降有償化する場合があります。

最後に

PayPayは、初期費用・決済手数料0円で街の小さな個人店でも気軽にキャッシュレス決済を導入することができます。

小規模な小売店や飲食店にとっての懸念点である”入金サイクル”も最短1日となっており、キャッシュレス決済による資金繰りに悩まされることありません。

今後、政府は、2019年10月に予定される消費税増税に合わせてキャッシュレス化の促進を強化していきます。

その一つがキャッシュレス決済を対象とした最大5%のポイント還元であり、消費者の現金離れが加速されていくことが予想されます。

現金を多く持ち歩かないお客様が増えれば、それだけ知らず知らずのうちに機会損失が増えていくことになります。

PayPay導入による費用はゼロです。

集客対策で外部サイトに広告掲載料を支払うより大きな効果を得ることができるかもしれません。

一度、試験的にでも導入してみてはいかがでしょうか?

今なら「PayPayはじめ特典」で1,000円相当のPayPayボーナスがもらえます!

PayPay-ペイペイ(簡単、お得なスマホ決済アプリ)

PayPay-ペイペイ(簡単、お得なスマホ決済アプリ)

PayPay Corporation無料posted withアプリーチ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

サラリーマンをしながら、当ブログを運営していましたが、2018年に独立し現在はフリーランスとして活動しています。今まで、数々のWebサイト・ブログを構築してきました。このブログでは、今までの経験で得た知識を活かし、Web制作・SEO関連を中心に、最新のIT関連ニュースを発信。また、ファイナンシャル・プランナー技能士の資格を活かして金融関係の情報も発信しています。