PayPayでスキャン支払いする方法・支払いできない原因

ソフトバンクグループが提供するQRコード決済サービス”PayPay(ペイペイ)”

コンビニやドラッグストアなどでは、アプリのバーコードを読み取ってもらえば決済が完了します。

しかし、レジのない街の個人店や小さな飲食店では、スキャン支払いによりPayPayの対応をしているところが多くあります。

実際、僕も小さなお店で買い物をするとき、何回かスキャン支払いで決済をしました。

PayPayのスキャン支払いは、初めは少し戸惑う支払い方法ですので、この記事で詳しく解説していきます。

今なら「PayPayはじめ特典」で1,000円相当のPayPayボーナスがもらえます!

PayPay-ペイペイ(簡単、お得なスマホ決済アプリ)

PayPay-ペイペイ(簡単、お得なスマホ決済アプリ)

PayPay Corporation無料posted withアプリーチ

PayPayのスキャン支払いとは

PayPayのスキャン支払いとは、スマホのカメラを使って、お店が用意した支払い用の「QRコード」をスキャンして決済する方法です。

支払いの手順

まず、PayPayアプリを起動してから、「スキャン」をタップします。

スマホのカメラが起動して、スキャン画面になります。

iPhone6s以降に導入された「3D Touch」を活用すれば、PayPayアプリから直接「スキャン支払い」をすることができます。

店舗に置かれている「QRコード」に青い枠を合わせてスキャンしましょう。

表示される店舗名を確認後、支払い金額を入力してから店員に確認をとって「支払う」をタップします。

最後に店員に支払い完了画面を見せれば、会計終了となります。

実際、PayPayでスキャン支払いを何十回もしていますが、慣れればスピーディーに決済ができると感じました。

例えば、スーパーマーケットで利用するときは、店員が商品をスキャンしている間に「QRコード」を読み取っておけば、合計金額の確定時に数字を入力して「支払いボタン」を押すだけで会計が完了します。

PayPayのスキャン支払いができない原因

PayPayのスキャン支払いができない原因としては、

  • PayPay残高が不足している
  • PayPayに登録したクレジットカードの有効期限が切れている
  • スマホのカメラに問題がある

などが考えられます。

また、PayPayにカメラ利用の許可を与えていない場合は、スキャン支払いをするときにカメラが起動しません。

iPhoneであれば「設定」→「PayPay」→「カメラ」をオンにしておきましょう。

PayPayでシステムエラーが発生している

PayPayの利用者数が一時的に急増したなどの理由によりシステムエラーが発生することがあります。

大規模キャンペーンの実施中は、PayPay側による問題が考えられるので、しばらく経ってから決済してみましょう。

例えば、次のような障害情報がアナウンスされています。

2019年9月30日(月)20時20分頃から20時45分頃まで、大変多くのお客様にご利用いただき、一部決済しにくい場合がございました。
現在は復旧しております。

出典:PayPayからのお知らせ

最後に

PayPayスキャン支払いは、店舗にとっても導入障壁の低いメリットのある仕組みです。

従来であれば、店舗でキャッシュレス決済対応の専門端末を用意する必要がありましたが、スキャン支払いであれば用紙にQRコードが印刷するだけで利用できます。

PayPay加盟店の初期費用・決済手数料が0円って本当?集客力アップも期待

2019.05.09

また、利用者側にとってもそのお蔭でPayPay対応店舗数が増えてお得に買い物できる機会が増えることから、双方にメリットのある仕組みと言えます。

今なら「PayPayはじめ特典」で1,000円相当のPayPayボーナスがもらえます!

PayPay-ペイペイ(簡単、お得なスマホ決済アプリ)

PayPay-ペイペイ(簡単、お得なスマホ決済アプリ)

PayPay Corporation無料posted withアプリーチ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

サラリーマンをしながら、当ブログを運営していましたが、2018年に独立し現在はフリーランスとして活動しています。今まで、数々のWebサイト・ブログを構築してきました。このブログでは、今までの経験で得た知識を活かし、Web制作・SEO関連を中心に、最新のIT関連ニュースを発信。また、ファイナンシャル・プランナー技能士の資格を活かして金融関係の情報も発信しています。