富士フイルム「スマホで写真年賀状2019」無料作成アプリの使い方

2018年も残りわずか。

年末といえば、毎年ぎりぎりに準備を始めてしまう・・・「年賀状」というイベントがあります。

自宅のパソコンとプリンターで年賀状を作成している方の中には、数万円の「年賀状作成ソフト」の購入を検討している方も多いのではないでしょうか?

でも、ちょっと待ってください!

最近は、スマホで簡単作成できる高品質な”無料0円“年賀状作成ソフトが登場しています。

特に富士フイルムが提供する「スマホで写真年賀状2019」は、デザインが2,000種類以上と多く、年賀状別にコメントを挿入できたり、かなり完成度の高いソフトとなっています。

年賀状ソフトを購入する前に、試してみてはいかがでしょうか?

スマホで年賀状2019 年賀状作り・年賀ハガキ印刷

スマホで年賀状2019 年賀状作り・年賀ハガキ印刷

CONNECTIT Inc.無料posted withアプリーチ

「スマホで写真年賀状2019」とは

スマホで写真年賀状2019とは、デジカメで有名な「富士フイルム」が提供している無料年賀状作成アプリです。

スマホを使った直感的な操作で簡単に高品質の年賀状を作成することが可能。

作成した年賀状は、そのままスマホ画面で注文して、一旦自宅に送ったり、直接相手先に送ることもできます。

スマホで全て完結するため、パソコンもプリンターも年賀はがきも一切必要ありません。

なんといっても、大きな特徴は、

  • 2,000種類以上の豊富なデザイン

です。

他の年賀状作成アプリと比べても、デザインの種類が多く、富士フイルムの銀塩プリントによって、ワンランク上の年賀状を作成できます。

App Storeの評価とレビューも星4.6と非常に評価が高くなっています。

出典:App Store(2018年11月の評価とレビュー)

レビューコメントに対してのデベロッパの返信率も高く、積極的な改善の姿勢はかなり評価できます。

「スマホで写真年賀状2019」の初め方

まずは、富士フイルムの『最短5分で注文! スマホで写真年賀状 2019』のページに移動します。

  • iOS(iPhone / iPad)の方は「App Storeからダウンロード」
  • Androidの方は「GooglePlayで手に入れよう」

をタップしてから、インストールしてください。

アプリを起動すると「”写真年賀状”は通知を送信します。よろしいですか?」というメッセージが表示されるので、問題なければ「許可」をタップ。

続いて、「”写真年賀状”が写真へのアクセスを求めています」というメッセージが表示されます。

年賀状作成でスマホ内にある写真・画像を利用するなら「OK」をタップします。

ここから、アプリの簡単な使い方の説明が始まります。

  • ステップ1:テンプレートを選択しよう(おしゃれデザイン2,000種類以上)
  • ステップ2:写真を選んで編集(自動配置&自動補正、入れ替えも簡単!)
  • ステップ3:完成!そのまま注文できます(最短翌日出荷!宛名印刷無料)

最後に利用規約を確認してから、「利用規約に同意して始める」をタップしましょう。

「スマホで写真年賀状2019」の使い方

続いては、実際に「スマホで写真年賀状2019」を使って、年賀状を作成してみましょう。

「新規作成」をタップ。

年賀状のテンプレートを選択する

続いてテンプレートを選んでタップしましょう。

テンプレートの種類は、

  • タイプ(おしゃれ、カジュアル、シンプル、和風、リアルテイスト、キャラクター、エリザベス、クリエイターズ、写真なし、マイデザイン、喪中、寒中)
  • 写真枚数(1枚、2~3枚、4~6枚、7枚以上)

から選択可能。

デザインの種類は豊富にあるので、きっと気に入るテンプレートが見つかるはずです。

今回は、こちらのテンプレートで年賀状を作成していきます。「このデザインで作成」をタップしてください。

写真を選択する

写真を2枚選択します。(テンプレートごとに選択する枚数は異なります。)

写真は、富士フイルムの独自画像処理技術【i2】を使った「キレイ補正」によって、自動的にプロが撮影したような綺麗な写真に調整されます。(オフにすることも可能。)

写真がいい感じに自動で挿入されます。

年賀状の挨拶文を挿入する

“ここにテキストが入力できます。タップして入力してください。”をタップすると、年賀状の挨拶文を挿入可能です。

定型文は豊富に用意されているので、相手やシチュエーションに応じて選択可能。

英語での挨拶文が用意されているのも嬉しいところです。

もちろん、キーボード入力により、自分で挨拶文を打ち込んでいくこともできます。

こんな感じに年賀状の挨拶文が挿入されました。

フォント変更

下部メニュー「フォント変更」をタップすると、挨拶文のフォントを変更。

カラー変更

下部メニュー「カラー変更」でフォント色の変更。

テキスト配置(横書き・縦書き)

下部メニュー「テキスト配置」で横書き・縦書きや左揃え・中揃え・右揃えに変更できます。

挨拶文の編集が終わったら、右上「完了」をタップしましょう。

住所スタンプを挿入する

裏面(写真や文章を載せる面)に差出人を記載したい場合は、下部メニュー「住所スタンプ」をタップします。

ここで差出人の郵便番号、住所、名前の情報を入力してください。

差出人の情報が表示されました。

挨拶文と同様、位置やサイズ、フォント、縦書きなど、細かく編集できます。

イラストスタンプを挿入する

年賀状にスタンプを追加することも可能です。下部メニュー「イラストスタンプ」をタップ。

年賀状に追加したいスタンプを選びましょう。

スタンプは「賀詞」「年号」「干支」「フキダシ」「その他」から選択できます。

“謹賀新年”のスタンプが追加されました。大きさや位置を調整してから、右上の「完了」をタップしましょう。

切り抜きスタンプを挿入する

すでに用意されているスタンプだけでなく、写真を切り取って”オリジナルスタンプ”を作ることもできます。

下部メニュー「切り抜きスタンプ」をタップ。

写真を選択すると、このように型抜きができます。

型ぬきの種類は、丸、三角、四角、ハート、星などなど、さまざまです。

年賀状の好きな位置に配置したり、大きさや向きも細かく変更できます。

背景変更する

下部メニュー「背景変更」から年賀状の背景デザインを変更できます。

パターンや色を自由に変更でき、同じテンプレートでも雰囲気がガラッと変わります。

年賀状を注文する

年賀状が出来上がったら、右上の「プレビュー」をタップしましょう。

“写真の解像度が低く印刷時に粗くなる写真がありますが、よろしいですか?画像の粗い写真は黄色の「!」が表示されています。”という注意メッセージが表示されるので、問題なければ「OK」をタップします。

プレビュー(年賀状の完成イメージ)を確認して、問題なければ「注文する」をタップします。

「注文する」「無料でお試し注文する(1枚)」から選択します。

期間限定で一人1枚の「無料お試し注文」ができます。まずは、どのような仕上がりになるか試したい方は活用しましょう。

はがきの種類

はがきの種類を「お年玉付年賀はがき」「ディズニー年賀はがき」「スヌーピー年賀はがき」の3種類から選びます。

宛名の有無

宛名の「あり」「なし」を選択。自宅で宛名を印刷したい場合は、「なし」を選択しましょう。

配送方法

配送方法を「自宅配送」「直接投函」から選びます。

  • 実際に自分の目で色具合などを確認したい場合は”自宅配送”
  • 直接相手先に送らないと間に合わない場合は”直接投函”

を選択しましょう。

会員登録

年賀状を注文するには、会員登録が必要です。

外部アカウント(Yahoo! ID、Facebook、ゆうびんID)でログインするか、「新規登録」でアカウントを新しく作成しましょう。

新規登録をする場合は「名前」「郵便番号」「住所」「電話番号」「メールアドレス」「パスワード」を入力しましょう。

差出人登録

年賀状の宛名面に印刷する「差出人」を選択します。(必要なければ差出人情報入力しないを選択しましょう。)

差出人では「連名」を追加することも可能です。

宛名登録

年賀状の宛名面に印刷する「宛名」を追加します。

今年、初めてスマホで写真年賀状を利用する方は「新規登録」で手入力していきましょう。(登録した宛名は来年以降も利用可能です。)

パソコン版で「住所録のファイル(CSV)」をアップロードすることも可能です。

宛名の登録・選択が済んだら、「次へ」をタップ。

宛名コメント

ここで宛名ごとに別々のメッセージを添えることができます。

“また、旅行行こうね”というコメントを付け足すと、こんな感じになります。

宛名面・絵柄面プレビュー

ここで最終的な年賀状の仕上がりを確認しましょう。

問題なければ「確認を済ませて次へ」をタップ。

年賀状の購入

ここで年賀状の注文枚数を選択します。(10枚から選択可能です。)

ここで料金も確認しましょう。

基本料金は無料。「70枚~」「150枚~」のまとめて注文で印刷代の価格が安くなり、「50枚~」の注文で送料無料になります。

年賀状の届け先を選択。

支払い方法を選択。最後に注文を確定しましょう。

クレジットカード、楽天ペイは手数料無料、代引き払いは手数料324円、コンビニ払いは手数料216円となります。

最後に

実際に年賀状を作成してみましたが、非常に完成度が高いと感じました。

  • テンプレートの背景の柄や色を変える
  • 年賀状別に一言コメントを入れる
  • 絵柄面に差出人を入れる
  • 喪中はがき・寒中見舞いを作成する

など、かゆいところに手が届くのも良いところです。

同様のソフトに日本郵便が提供する『はがきデザインキット』もありますが、デザインと細やかな設定で選ぶなら、断然、スマホで写真年賀状2019がおすすめです。

皆さんも、スマホで写真年賀状2019で手軽に高品質の年賀状を作成してみてはいかがでしょうか?

スマホで年賀状2019 年賀状作り・年賀ハガキ印刷

スマホで年賀状2019 年賀状作り・年賀ハガキ印刷

CONNECTIT Inc.無料posted withアプリーチ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

サラリーマンをしながら、当ブログを運営していましたが、2018年に独立し現在はフリーランスとして活動しています。今まで、数々のWebサイト・ブログを構築してきました。このブログでは、今までの経験で得た知識を活かし、Web制作・SEO関連を中心に、最新のIT関連ニュースを発信していきたいと思います。