Withings Activitéの電池交換をしてみた【時間がずれる】

Withings スマートウォッチ Activité Steel

2年ほど前に当ブログで紹介したスマートウォッチ”Withings Activité”

歩数、消費カロリー、水泳時間、睡眠状態まで計測して、スマホアプリでグラフ化してくれる優れものです。

特に気に入っている点は、電池持ちが非常に良いことです。

電池を交換せずに2年近く使っていたのですが、徐々に時間のずれが酷くなっていき、ついには完全に針が止まってしまいました。

そこで今回、Withings Activitéの電池交換を自分でしてみましので、手順などをまとめてみます。

Withings Activitéの電池交換を自分でする注意点

今回、Withings Activitéの電池交換を自分でしてみましたが、公式サイトには次のような注意事項が記載されています。

自分で電池交換をした場合は、防水性能に影響を及ぼす可能性があるので、あらかじめ了承してください。

Withings Activité / Popは防水のため、電池交換を時計店や専門家に依頼することを推奨します。専門家による電池交換によって、交換後も時計の防水が保証されます。

ただし、ご自身で電池を市販のCR2025ボタン電池で交換することも可能です。しかし、防水性に影響を与える可能性がありますので、十分ご注意ください。

Withings Activitéの電池交換で必要なもの

Withings Activitéの電池交換を自分でする場合は、

  1. リチウム電池 CR2025
  2. Withingsの専用ピン

の2つが必要になります。

1、リチウム電池 CR2025

リチウム電池 CR2025は、Amazonで安く購入することが可能です。

※型番ごとにサイズが変わってくるので必ず「CR2025」を選びましょう。

2、Withingsの専用ピン

Withingsの専用ピンは、Withings Activitéの購入時に同封されていた専用ピンです。

時計のセットアップやリセットだけでなく、電池交換のときにも利用するので大切に保管しておきましょう。

Withings Activitéの電池交換をしてみた

まずは、Withings Activitéのリセットボタン側にあるベルトは外しておきます。

リセットボタンの下に凹む部分があるので、専用ピンでひっかけて上に押し出します。

若干コツが必要ですが、繰り返すとフタが外れます。

初めから入っているリチウム電池を専用ピンで外しましょう。

新しいリチウム電池をはめ込みます。

最後にフタを上から「カチッ」というまで押し込めば、電池交換は完了になります。

電池交換後に時間がずれている場合

Withings Activitéの電池交換後に時間がずれたままの場合は、アプリで「針の調整」をしましょう。

Health Mateアプリを起動してから「マイデバイス」→「その他の設定」にすすみます。

「針の調整」から正しい時刻に設定しましょう。

Withings スマートウォッチ Activité Steel

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

サラリーマンをしながら、当ブログを運営していましたが、2018年に独立し現在はフリーランスとして活動しています。今まで、数々のWebサイト・ブログを構築してきました。このブログでは、今までの経験で得た知識を活かし、Web制作・SEO関連を中心に、最新のIT関連ニュースを発信。また、ファイナンシャル・プランナー技能士の資格を活かして金融関係の情報も発信しています。