404エラーページを用意してユーザーを逃さないWebサイトにしよう

Webサイトに404エラーページを用意してますか?

404エラーページとは、ページが見つからない時に表示されるエラーページのことです。

ページが見つからない原因としては、「既にページが削除されている」「リンクが間違っている」など挙げられます。

もし、404エラーページを用意していない場合は、以下のように無機質な画面やレンタルサーバーの広告画面などが表示されます。

IEの404エラーページ ロリポップの404エラーページ

色々なページを見ていく中で、突然、こんな画面が表示されたら、どう思うでしょうか?
もし、これが企業のWebサイトなら、その企業の信用にも関わってきます。

404エラーページを発生させないことが一番良いですが、大きなWebサイトになるほど、難しくなります。
ユーザーを逃さないために、404エラーページをきっちりと用意しておくのが良いでしょう。

404エラーページの例

どのような404エラーページを用意しているのか、いくつか紹介したいと思います。

nanapi[ナナピ]

nanapiの404

生活の知恵があつまる情報サイト「nanapi」の404エラーページです。
「URL、ファイル名にタイプミスがないか再度ご確認ください。」という解決策の案内と検索ボックスとカテゴリから探すのリンクが貼られています。

nanapi[ナナピ]

ベルメゾンネット

ベルメゾンネットの404

千趣会が運営する通販サイト「ベルメゾンネット」の404エラーページです。
季節もの商品の案内や人気商品ランキングへのリンクが貼られています。

ベルメゾンネット

任天堂

任天堂の404

テレビゲームで有名な「任天堂」の404エラーページです。
同社の看板ゲームキャラクターのが表示されており、遊び心のあるエラーページとなっています。

任天堂

CrowdWorks[クラウドワークス]

CrowdWorksの404

エンジニア・クリエイターのクラウドソーシングサイト「CrowdWorks」の404エラーページです。
各ページの案内のリンクが貼られています。

CrowdWorks

株式会社LIG

LIGの404

Web制作に関する様々な情報が紹介されている「株式会社LIG」の404エラーページです。
404エラーページでありながら、それを感じさせない工夫がされています。思わず読み進めてしまいます。

株式会社LIG

Webクリエイターボックス

Webクリエイターボックスの404

Webデザイナー+WebデベロッパーのManaさんが運営する「Webクリエイターボックス」の404エラーページです。
「なぜ、ページが見つからないのか」とその解決方法が丁寧に案内されています。

Webクリエイターボックス

404エラーページを用意する方法

404エラーページを用意する方法を見ていきましょう。

WordPressを使用している場合は、こちらをご覧ください。

1、「404.html」を作成する

404.html

「404エラーページの例」を参考に、HTML形式でファイルを作成します。
ファイル名は特に決まっていませんが、「404.html」が一般的です。

2、「404.html」ファイルをアップロードする

先ほど作成した「404.html」ファイルをアップロードしましょう。
場所は特に決まっていませんが、トップページの置かれているルートディレクトリが分かりやすいでしょう。

3、「.htaccess」のファイルを作成する

.htaccess

「.htaccess」という名前のファイルを新しく作成します。

ファイルの中には、以下の記述をします。
※既に「.htaccess」ファイルが存在している場合は、そのファイルに記述を追加します。

ErrorDocument 404 /404.html

「/404.html」の部分は、「404.html」ファイルをアップロードした場所を指定します。

4、「.htaccess」のファイルをアップロードする

先ほど作成した「.htaccess」ファイルをルートディレクトリにアップロードします。

※ルートディレクトリとは、最上階層のフォルダです。一般的に「/」と表示れており、そこにはトップページが置かれています。

これで、404エラーページが用意できました。

あなたのWebサイトを訪れたユーザーが、既に削除されたページを見ようとすると、「404.html」ファイルの内容が表示されるようになります。

404エラーページを用意する方法(WordPressを使用している場合)

WordPressを使用しているなら、多くの場合、すでに404エラーページが設定されています。

404エラーページの編集方法は、次のとおりです。

※Twenty Fourteenテーマを元に紹介しています。

1、左メニューから外観>テーマの編集を開く

WordPressのテーマの編集

2、404テンプレート(404.php)を開く

404テンプレートをクリック

3、404テンプレート(404.php)内を編集

404.phpを編集

「404エラーページの例」を参考に、404テンプレート(404.php)内を編集してみましょう。

まとめ

普通なら404エラーページを見ると、そのサイトをすぐに立ち去ります。

しかし、工夫次第では好印象を与えることもできます。是非、ユーザーの視点に立った404エラーページを作成してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

サラリーマンをしながら、当ブログを運営しています。今まで、数々のWebサイト・ブログを構築してきました。このブログでは、今までの経験で得た知識を活かし、Web制作・SEO関連を中心に、最新のIT関連ニュースを発信していきたいと思います。