【分析】光コラボ「エキサイト光」はずっと同じ料金で2年縛り(違約金)なし

NTT東日本・NTT西日本が提供している「フレッツ光」に加入しているなら、”光コラボレーションモデル”を活用することで、インターネット通信料金を安くできます。

しかし、100以上ある光コラボサービスから1つを選ぶとなると、たくさんありすぎて「どの光コラボを選べば良いのか」迷います。

そこで、今回、紹介するのがゲロヤスのCMでお馴染み、伊藤忠商事の子会社「エキサイト株式会社」が提供している”エキサイト光”です。

エキサイト光の特徴

エキサイト光には、2つの大きな特徴があります。

1、ずっと同じ月額料金
2、「2年縛り(解約時の違約金)」がない

1、ずっと同じ月額料金

みなさん、インターネットに契約するときは、おそらく「にねん割」や「光もっともっと割」など、各種キャンペーンに申し込むと思います。

キャンペーン中は、月額料金が安くなって良いのですが、いつの間にかキャンペーンが終わり、「思ってたより、高い料金を支払っていた」というケースを耳にします。

つまり、半年目、1年目、2年目など、契約期間によって月額料金が変動するので、月々どのぐらい支払っているのか把握しにくく、ややこしいのです。

エキサイト光の場合

エキサイト光には、キャンペーンがない分、月額料金が安く設定されています。もちろん、何年使っても、ずっーと同じ料金です。

2、「2年縛り(解約時の違約金)」がない

2年縛りとは、「月額料金を安くしてあげる。そのかわり、2年間は契約してね。約束を破ったら違約金を支払ってもらうから。」という契約です。

その中でも、よくあるパターンが「2年縛りと自動更新」が一緒になっている契約です。

これは、インターネットを2年間使い「2年縛り」がなくなると、契約が自動更新され、ふたたび「2年縛り」が始まる・・・という契約です。

一応、自動更新するタイミングに”1ヶ月”の期間が設けられています。だから、”違約金なし”で、他のインターネットサービスに乗り換えようと思ったら、この1ヶ月間に解約をしなければなりません。

つまり、いくら他に良いサービスが登場しても、「2年縛り&自動更新」の契約内容である限り、違約金なしで乗り換えられるチャンスは2年(24ヶ月)に1回しかないのです。

エキサイト光の場合

エキサイト光には、「2年間利用してくれたら、月額料金を安くしてあげる」といった最低利用期間は設けられていません。いつ解約しても、違約金は発生しません。

今後、2年以内に転勤・転職などで引っ越しするかもしれない方は、違約金なしのエキサイト光を選ぶのが良いでしょう。

料金

ここからは、エキサイト光の料金について解説します。

月額料金

「戸建て住宅」「マンション」によって、インターネットの月額料金がかわってきます。

ファミリータイプ
(戸建て住宅)
マンションタイプ
(マンション)
4,360円 3,360円

※ファミリータイプには、4世帯未満のアパートやマンションも含まれます。

フレッツ光のオプションも引き続き利用できます。

・ひかり電話 → エキサイト光:500円+通話料(番号の引き継ぎ(MNP)可能です。)
・リモートポートサービス → エキサイト光リモートサポート:500円
・フレッツ・テレビ → エキサイト光テレビ:660円

※エキサイト光の支払い方法は、クレジットカードのみとなるので注意が必要です。

初期費用

転用の方 新規の方
転用事務手数料:2,000円 【戸建て】
契約事務手数料+工事費用:19,000円
【マンション】
契約事務手数料+工事費用:16,000円

ここでいう転用とは、「フレッツ光」から「エキサイト光」に乗り換えることです。

つまり、現在フレッツ光を利用している方は、そのまま同じ回線を使うので基本的に工事費用はかかりません。(※回線タイプの品目が変更になる場合は、別途工事費用がかかります。)

また、転用する場合、基本的には簡単な手続きのみで完了します。(立ち会いの回線工事は不要です。)

フレッツ光の違約金

フレッツ光の違約金は発生しません。

解説

普通は、「にねん割」「もっともっと割」「光どーんと割」などは、契約の途中で解約すると違約金が発生しますが、光コラボに転用する場合は、違約金が発生しません。

これは、光コラボに転用しても、NTTグループの回線は利用し続けるからです。だから、フレッツ光からエキサイト光(光コラボ)に転用しても違約金が発生しないのです。

プロバイダーの違約金

現在、”BB.excite以外”のプロバイダーを利用している方が、フレッツ光からエキサイト光に転用する場合、違約金が発生する可能性があります。

プロバイダーの違約金は3000円~6000円程度です。違約金の額を知るには、「現在、ご使用中のプロバイダー(OCN、BIGLOBE、So-netなど)」に問い合わせる必要があります。

フレッツ光とエキサイト光の料金比較【シュミレーション】

現在使用している「フレッツ光」から「エキサイト光」に転用(乗り換え)すると、”どのぐらい安くなるのか”『excite光』のWebサイトにある「実際に金額を比較する」を利用して、シュミレーションしてみました。

「OCN 光 with フレッツ」から転用する場合

フレッツ光で最もシェアが高い「OCN」と料金比較してみました。

料金比較シュミレーターによると、一戸建て住宅で「OCN 光 with フレッツ」のインターネット(にねん割)と電話を利用している方が「エキサイト光」に転用する場合、月額1,240円(年間14,880円)安くなります。

一戸建て住宅料金比較

マンションの場合は、月額240円(年間2880円)程度しか安くならないので、メリットが少ないかもしれません。

マンション料金比較

同様に、「BIGLOBE光パックNeo with フレッツ」から「エキサイト光」に転用する場合もシュミレーションしてみましたが、戸建て住宅は”月額1,240円”、マンションは”月額190円”お得になるという結果になりました。

エキサイト光の口コミ・評価

エキサイト光の評価は、賛否両論です。

【回線速度に関して】

・「フレッツ光からエキサイト光に変更しました。料金が安くなり、回線速度はこれまでと同じく快適です。」
・「料金は安いが、速度が遅いと言う評判が多いですが、うちの環境では速度は悪くないです。」
・「笑ってしまうくらいに遅いです」

他のインターネットサービスと同様、地域によって、回線速度にバラつきがあるようです。

【サポートに関して】

・「普通。メール問い合わせは迅速だった。」
・「メールも電話受付もしっかりサポート体制があります。」
・「何度か電話でサポートを受けたが丁寧だった。」
・「サポート受付がフリーダイヤルではない(有料通話)。応対も余り良くない。」

サポートに関しては、あまり悪い評価はありませんでした。ただし、フリーダイヤルではないため、サポートを受けるのに通話料が発生します。

お申込み方法

まず、『excite光』に移動します。

“「フレッツ光」をご利用中の方はこちら!”または”「フレッツ光」をご利用中でない方はこちら!”をクリックします。

カンタン1分お申込み!

あとは、必要事項を記入していけば完了です。

最後に

エキサイト光は、「ずっと同じ料金」「解約時に、違約金が発生しない」これまでのフレッツ光では考えられなかったサービスです。

今まで、「インターネットの料金って、複雑で分かりにくい。月々、いくら掛かるのか計算が面倒!」という不満を持っていた方には、ピッタリだと思います。

もちろん、他の光モデルと比較して、月額料金が安いのも魅力的です。

ただし、電話のサポート窓口がフリーダイヤルでないため、何回もサポートセンターに電話を掛ける方は、他のサービスを選んだほうが良いかもしれません。

ABOUTこの記事をかいた人

サラリーマンをしながら、当ブログを運営しています。今まで、数々のWebサイト・ブログを構築してきました。このブログでは、今までの経験で得た知識を活かし、Web制作・SEO関連を中心に、最新のIT関連ニュースを発信していきたいと思います。