Gmailに「送信取り消し」がGoogle Labsから正式サービスに、使い方

Gmail(ジーメール)の「送信取り消し」機能が正式サービスになりました。

メールの送信ボタンを押してから、最大30秒以内なら送信を取り消せます。よく間違って送信ボタンを押してしまう、おっちょこちょいな方は、是非使い方を覚えてください。

「送信取り消し」の設定方法

この機能を使うには、ちょっとした設定が必要です。

Gmailの右上にある「歯車マーク」から「設定」に移動してください。

設定

送信取り消し:項目にある「送信取り消し機能を有効にする」にチェックを入れ、取り消せる時間を「5」「10」「20」「30」秒から選びます。最後に、一番下にある「設定を変更」ボタンをクリックすれば完了です。

送信取り消し

「送信取り消し」の使い方

普通に、Gmailでメールを送信します。

すると、”メッセージを表示しました。”の隣に「取消」リンクが表れます。この「取消」を時間内にクリックすると、メールの送信が取り消されます。

取消

最後に

メールの送信ボタンを押す瞬間って、ちょっと緊張しませんか?この機能があれば、あ!ちょっと待った!今の取り消し!ってできるので、緊張も少しは和らぎますね。

実は、「送信取り消し」って結構前からある機能です。(確か、私がGmailを使い始めたときからあったような・・・。)

今までは、Gmail設定にある「Labs」のみ提供されてみました。

Labsとは、Gmailの試験運用中の新機能を試すための機能です。誰でも使えます。あくまでも、試験用なのでトラブルが起こる可能性もありますが、ちょっと変わった面白くて使える機能もあります。興味のある方は「設定」→「Labs」でのぞいてくださいませ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

サラリーマンをしながら、当ブログを運営しています。今まで、数々のWebサイト・ブログを構築してきました。このブログでは、今までの経験で得た知識を活かし、Web制作・SEO関連を中心に、最新のIT関連ニュースを発信していきたいと思います。