えらべるPayからQUOカードPayの交換・受け取り方法は?送る方法も解説

「えらべるPayからQUOカードPayに交換したい」

そんな方は多いのではないでしょうか?

QUOカードPayは、会員登録やアプリのインストールなしで簡単に使える決済方法です。

コンビニ、ドラッグストア、スーパー、ホームセンター、家電量販店、ファッション、グルメ、カフェ、居酒屋、書店、レジャーなど、あらゆるシーンで使えます。

万が一、残高が足りないときは、不足分を現金と併用して支払うことも可能です。

この記事では、えらべるPayからQUOカードPayの交換・受け取り方法や送る方法について解説していきます。

\当ブログからTikTok Liteをダウンロードで5,000円分のポイント獲得!/

えらべるPayからQUOカードPayの交換・受け取り方法

ここからは、えらべるPayからQUOカードPayの交換・受け取り方法を解説していきます。

QUOカードPayの有効期限は、発行日を含めて3年間経過する日までとなります。

関連記事:えらべるPayの有効期限は?PayPay、Amazonなど

えらべるPayのギフトURLを開く

えらべるPayのギフトURLを開いてから「QUOカードPay(クオカードペイ)」をクリックします。

QUOカードPayに交換する

QUOカードPayのページに移動したら「ギフト交換へ進む」をクリックします。

QUOカードPayに交換するポイント数を入力してから「ギフト交換を確定する」をクリックします。

なお、1度に交換できるポイント数は、10~10,000ポイントです。

“ギフトの交換が完了しました!”というメッセージが表示されたら完了です。

ギフトを使うの項目に「QUOカードPay」が追加されているのでタップしましょう。

QUOカードPayを受け取る

QUOカードPayのページが開くので「ギフトを受け取る」をタップすれば完了です。

QUOカードPayの使い方

ここからは、QUOカードPayの使い方について解説していきます。

支払い方法

QUOカードPayで支払う場合は「お支払い」をタップします。

店員に表示されるバーコードを見せてスキャンしてもらえば支払い完了です。

※5分間の有効時間が設定されているので会計の少し前に表示させておくと良いでしょう。

QUOカードPayアプリに保存する

QUOカードPayの残高は、QUOカードPayアプリで一元管理することも可能です。

複数の残高を合算することができ、QUOカードPayアプリを起動すればそのまま支払い用のバーコード・QRコードを表示できます。

※QUOカードPayの残高は「アプリに保存」で追加できますが、ブラウザでは利用できなくなるので注意しましょう。

友だちや家族に送る方法

QUOカードPayは、簡単に友だちや家族に送ることができます。

まずは、QUOカードPayの画面の上部に表示されるURLをコピーします。

あとは、メールやSMS、メッセージアプリ(LINE、iMassage、Massanger、Skype)などで相手に送るだけです。

※LINEのブラウザは、QUOカードPayの有効期限が5分間と定められています。SafariやGoogle Chromeで開いてもらうようにしましょう。

最後に

今回は、えらべるPayからQUOカードPayに交換・受け取り方法を解説ました。

QUOカードPayは、会員登録やアプリのインストールなど煩わしい手間はなく、誰でも簡単に利用できます。

QUOカードPayは、相手の住所を知らなくても額面や数量、デザイン、メッセージを添えてLINEやSNSで簡単に送ることが可能。

他のスマホ決済と比べて”贈り物”という側面が大きいため、誕生日プレゼントなどの記念日・お祝いごとに送るのもいいでしょう。

えらべるPayは、TikTok Liteを初めて利用する方なら簡単に4,000円分をゲットできるので是非活用してみましょう。

\当ブログからTikTok Liteをダウンロードで5,000円分のポイント獲得!/



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

サラリーマンをしながら、当ブログを運営していましたが、2018年に独立し現在はフリーランスとして活動しています。今まで、数々のWebサイト・ブログを構築してきました。このブログでは、今までの経験で得た知識を活かし、Web制作・SEO関連を中心に、最新のIT関連ニュースを発信。また、ファイナンシャル・プランナー技能士の資格を活かして金融関係の情報も発信しています。