PayPay請求書払いで公共料金を最大1.5%還元!税金や年金は?

ソフトバンクグループが提供するQRコード決済サービス”PayPay(ペイペイ)”

通常の還元率が1.5%と高く、

といったお得なキャンペーンを実施していることから利用したい方も多いでしょう。

9月2日、PayPayでは「請求書払い」の提供を開始し、公共料金(電気、ガス、水道)の支払いができるようになりました。

PayPayで公共料金の支払いができる

冒頭でお伝えしたとおり、2019年9月2日からPayPayが「請求書払い」の提供を開始しました。

PayPayの請求書払いに対応する「請求書」は、次のとおりです。

請求書払いの対応スケジュール
提供開始日 対応する請求書
2019年9月2日 東京ガス、東京電力、東京都水道局、広島ガス、中国電力、九州電力
2019年9月30日 Yahoo!マネーで支払える約300の地方公共団体および事業者
2019年10日以降 北海道ガス、その他
PayPay請求書払い対応によって自宅にいながら

  • 電気代
  • ガス代
  • 水道代

を支払うことができます。

税金や年金の支払いの対応について

今のところ、PayPay請求書払いの「税金」対応については検討しているとコメントされています。

なお、年金や健康保険の今後の対応については不明です。

PayPay請求書払いで最大1.5%還元

PayPay「請求書払い」で公共料金を支払う最大のメリットはキャッシュバックを得られることです。

PayPay請求書払いにより0.5%還元を得ることができます。

さらにソフトバンクまとめて支払いを活用すれば、PayPay残高にチャージするときに間接的にクレジットカードのポイントを貯めることも可能です。

例えば、ソフトバンク・ワイモバイルの支払いを”楽天カード(還元率1%)”でしていれば、

  • ソフトバンクまとめて支払いで「PayPay」にチャージするときに”1%”
  • PayPay請求書払いで決済するときに”0.5%”

の2重取りにより合計1.5%の還元率を実現できます。

※PayPay請求書払い(還元率0.5%)の還元額上限は1回あたり2,500円、1ヶ月あたり3万円となります。

年間の公共料金の支払いが20万円あれば、3,000円(= 20万円 × 1.5%)の還元を得ることができます。

通常、コンビニなどで公共料金を支払う際は、現金決済のみでポイントも貯まりません。

毎月発生する固定費用であり、年間にすると高額になる公共料金でポイント還元を受けれるのは嬉しいですね。

還元率をアップさせるなら高還元率クレジットカードを利用しましょう。

【2019年版】年会費無料!還元率の高いおすすめクレジットカード

2019.01.01

PayPay請求書払いの使い方

PayPay請求書支払いは、

  • PayPayアプリの「スキャン」をタップする
  • スマホカメラ「払込票」のバーコードを読み取る
  • 支払金額を確認してから「支払う」をタップする

の3ステップで完了します。

公共料金などの払込票が対応していない場合は、”このバーコードは利用できません”というメッセージが表示されます。

今なら「PayPayはじめ特典」で1,000円相当のPayPayボーナスがもらえます!

PayPay-ペイペイ(簡単、お得なスマホ決済アプリ)

PayPay-ペイペイ(簡単、お得なスマホ決済アプリ)

PayPay Corporation無料posted withアプリーチ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

サラリーマンをしながら、当ブログを運営していましたが、2018年に独立し現在はフリーランスとして活動しています。今まで、数々のWebサイト・ブログを構築してきました。このブログでは、今までの経験で得た知識を活かし、Web制作・SEO関連を中心に、最新のIT関連ニュースを発信。また、ファイナンシャル・プランナー技能士の資格を活かして金融関係の情報も発信しています。