楽天ペイで楽天Edy決済ができる!集客強化をしよう

大手ECサイトの楽天が提供しているスマホ決済”楽天ペイ”

楽天ペイでは、

  • iPad / iPhone / Android
  • カードリーダー

を用意することでクレジットカード、電子マネー、QRコード決済など、あらゆる決済方法に対応させることが可能。

楽天ペイの大きな特徴として、他のモバイル決済では非対応となっている”楽天Edy“に対応させることもできます。

\店舗に楽天ペイを導入しよう/

楽天ペイは「楽天Edy」に対応している

楽天ペイでは、楽天Edyに対応させることができます。

お客様は、カードリーダーに楽天Edyにかざすことで簡単に支払いが可能です。

出典:楽天ペイ

楽天Edyには、

  • カードタイプ
  • クレジットカード・会員証一体型タイプ
  • おサイフケータイ(Android)

があり、その全てに対応しています。

楽天Edy対応のメリット

楽天ペイを店舗に導入するメリットに集客力の強化があげられます。

電子マネー発行枚数でシェアNo.1

楽天Edyは、数ある電子マネーの中でも発行枚数でダントツのシェアを誇ります。

電子マネー名 発行枚数
楽天Edy 1億1,250万枚
Suica 7,161万枚
nanaco 6,223万枚
PASMO 3,628万枚
iD 2,950万枚
ICOCA 1,845万枚
QUICPay 888万枚
manaca 621万枚
nimoca 366万枚
PiTaPa 322万枚
TOICA 265万枚
SUGOCA 252万枚
uniko 214万枚
Kitaca 137万枚
はやかけん 117万枚

参考:月刊消費者信用2018年9月号

楽天Edyは、2001年からサービスを提供している電子マネーの「老舗」といえる存在です。

もちろん、

  • 発行枚数 = 実際に利用されている数

とは限りませんが、半数が使われているとしても5,000万枚以上が利用されている計算になり、集客強化が期待できます。

キャンペーンの実施

楽天Edyでは、楽天の負担(店舗側の負担はゼロ)で各種キャンペーンを実施しています。

例えば、

  • はじめての500円以上ポイントチャージでEdy30円分プレゼント
  • 楽天銀行口座チャージでEdy20万円分山分け
  • Edyスクラッチ最大1万円分が当たる

などが実施されています。

今後、大規模なキャンペーンが実施されれば、獲得したEdy残高を消費するために加盟店舗で利用してもらえる可能性があります。

最後に

今後、政府では、2019年10月の消費税増税に合わせてキャッシュレス化の促進を加速させる予定です。

その一つがキャッシュレス決済を対象とした政府主導の最大5%のポイント還元であり、消費者の現金離れが加速されていくことが予想されます。

現金を多く持ち歩かないお客様が増えれば、それだけ知らず知らずのうちに機会損失が増えていくことになります。

楽天ペイでは、導入・運用費用は0円で店舗をキャッシュレス化に対応させることが可能です。

集客にお悩みの店舗は検討されてはいかがでしょうか?

\店舗に楽天ペイを導入しよう/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

サラリーマンをしながら、当ブログを運営していましたが、2018年に独立し現在はフリーランスとして活動しています。今まで、数々のWebサイト・ブログを構築してきました。このブログでは、今までの経験で得た知識を活かし、Web制作・SEO関連を中心に、最新のIT関連ニュースを発信。また、ファイナンシャル・プランナー技能士の資格を活かして金融関係の情報も発信しています。