Zoomの安全運転モードとは?iPhone、アンドロイドで利用可能

テレワーク・在宅勤務のWeb会議やオンライン飲み会ツールとして注目を集める「Zoom(ズーム)」

Zoomは、無料でありながら最大100人の同時接続、画面共有、録画機能、遠隔操作、バーチャル背景など、各種機能が非常に充実しています。

そんな数ある機能の一つに

  • 安全運転モード

があります。

これは、一体どのような機能なのでしょうか?詳しく解説していきます。

Zoomの安全運転モードとは

Zoomの安全運転モードとは、マイクとビデオを停止(ミュート)にして音声を聞くだけの状態にすることを言います。

活用シーンとしては、

  • 顔出しをしたくない
  • 自動車の運転に集中をしたい

など、様々です。

対応機種

Zoomの安全運転モードは、モバイル端末(スマートフォン)で利用可能です。

対応端末は、

  • iPhone
  • アンドロイド

となります。

Zoomの安全運転モードの使い方

ここからは、Zoomの安全運転モードの使い方を解説していきます。

iPhone、アンドロイドともに同様の手順で「安全運転モード」に切り替えます。

設定

まずは、Zoomアプリを起動してから

「一般」をタップします

「安全運転モード」をオンにしておきます。※初期設定では「オン」の状態になっています。

安全運転モードに切り替え

Zoomのミーティング画面が開いたら「左にスワイプ」をしましょう。

安全運転モードに切り替わりました。

マイクはミュート、ビデオは停止されています。

「会話するにはタップ」をタップすれば、マイクのミュートが解除されて会話が可能です。

最後に

日本では、運転しながらスマートフォンを操作したり、画面を中止すると危険運転とみなされて罰金を課せられる可能性があります。

また、ハンズフリー通話については道路交通法で規制はありませんが、通話に意識が集中することで取り返しのつかない交通事故を起こす可能性が高まります。

安全な運転のためにもZoomの「安全運転モード」を活用してみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

サラリーマンをしながら、当ブログを運営していましたが、2018年に独立し現在はフリーランスとして活動しています。今まで、数々のWebサイト・ブログを構築してきました。このブログでは、今までの経験で得た知識を活かし、Web制作・SEO関連を中心に、最新のIT関連ニュースを発信。また、ファイナンシャル・プランナー技能士の資格を活かして金融関係の情報も発信しています。