Chromecastとは?何ができるの?使い方まとめ

自宅にあるごく普通のテレビで

  • 好きな時間に、映画・アニメをレンタルしたい。
  • 定額制動画配信サービス(You Tube、Netflix、hulu、dTVなど)を利用したい。
  • パソコン(Windows、Mac)やAndroidタブレットの画面をテレビに映したい。
  • 音楽を聴きたい。
  • ゲームを遊びたい。

それなら、Googleが提供している「Chromecast(クロームキャスト)」がおすすめです。

テレビのHDMI端子に「Chromecast」を挿し込むだけで、色々なことが楽しめるようになります。

価格も大変お手頃です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Chromecast ブラック
価格:4978円(税込、送料無料) (2017/9/5時点)

Chromecastとは

Chromecastとは、簡単に言うと、テレビを”ネット化”させるためのデバイスです。

どんなに古いテレビであっても、HDMI対応さえしれいれば、ネットに繋げて、映画や動画、ゲームを楽しむことができます。


▲Chromecastの紹介動画

Chromecast
サイズ 長さ51.81 mm x 幅13.49 mm x 高さ51.81 mm
重量 39.10g
解像度 フル HD 1080p の解像度
無線 すべてのワイヤレスネットワークに対応
Wi-Fi 802.11ac(2.4 GHz / 5 GHz)
リモコン スマートフォン(iOS、Android)
同封内容 Chromecast、電源ケーブル、電源アダプター

※HDMI端子対応テレビ、スマートフォン(操作のため)、インターネットのWi-Fi環境が必要となります。

これが「Chromecast」本体です。

接続方法は簡単。Chromecastを「テレビのHDMI端子」と「コンセント(電源)」につなぐだけです。

あとは、スマートフォン(Android、iPhone)に「Google Home」アプリを入れて、操作するだけです。

「Chromecast」で何ができるの?

では、ここから「Chromecastを使って何ができるのか」紹介していきます。

無料で動画を見れる

テレビの大画面&スピーカーで

  • You Tube
  • GyaO!
  • AbemaTV
  • TED

などの無料動画を思う存分楽しめます。もちろん、追加料金なしです。

映画やドラマをレンタルできる

Google Playで最新の映画やテレビ番組をレンタルできます。

価格は、3日レンタルで300~400円程度。

邦画・洋画、人気アニメ、子供向けアニメ、ディズニー映画など、さまざまなジャンルの動画が用意されています。

自宅にいながら、早朝・深夜の時間帯でもレンタルOK。

返却期限や延滞金を気にする必要がなく、「せっかく行ったのに、レンタルしたい映画が全部貸出中・・・」ということもありません。

Google Playは、Googleが提供するサービスですが、iPhoneにも対応しています。

定額制動画配信サービス(Netflix、hulu、dTVなど)に対応

Chromecastは、

  • Netflix
  • hulu
  • dTV
  • U-NEXT
  • ゲオチャンネル
  • dアニメストア
  • 楽天SHOWTIME
  • DMM
  • ビデオマーケット
  • アニメ放題

などなど、さまざまな定額制動画配信サービスに対応しています。

月額料金を払えば、”追加料金なし”で無制限で映画・ドラマを観れてとても便利。

公式で提供されているため、邪魔な広告がなく、通信が安定していて、画質もいいです。

例えば、圧倒的な「コンテンツ数」と「安さ」を誇るdTVであれば、月額500円(税抜)で120,000本以上の映画・ドラマ・アニメなどを無制限で楽しめます。

【dTV】映画・ドラマ・アニメ・音楽が月額500円(税抜)で見放題!31日間無料

ゲームを楽しめる

Chromecastは、動画を視聴できるだけではなく、ゲームも楽しめます。

Chromecast対応アプリであれば、手元のスマートフォンやタブレットをコントローラーにして遊ぶことが可能です。

パソコン画面をテレビに映せる

Chromecastには、

  • パソコン(Windows、Mac)
  • Android(スマホ、タブレット)

の画面をそのままテレビに映せる”ディスプレイミラーリング機能”が搭載されています。

例えば、家族や恋人と旅行先の情報をテレビの大画面で調べたり、思い出の写真を一緒に鑑賞できます。

この機能を使えば、Chromecast未対応のAmazonプライム・ビデオやニコニコ動画、パソコン内の動画をテレビに映し出すことができます。

ゲストモード

こちらは、Chromecastの独自機能になります。

自宅に遊びにきた友達・恋人もスマートフォンを使って、「Cast対応アプリ」を開けられます。

しかも、Wi-Fiの接続設定(パスワードの入力)は必要ありません。

最後に

Chromecastの魅力は、なんといっても、5000円を切る価格の安さです。

わざわざ10万円以上もする高価な「インターネット対応テレビ」に買い換える必要はありません。

これさえあれば、テレビとインターネットを繋げて、映画、ドラマ、ゲームを思う存分楽しめます。

今まで、スマートフォンやパソコンで動画を観てたけど、「やっぱり、テレビの大画面で楽しみたい!」という方は、是非、Chromecastを活用してください。

ちなみに、AmazonではChromecastを取り扱っていないので、購入する際は、楽天市場を利用すればいいでしょう。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Chromecast ブラック
価格:4978円(税込、送料無料) (2017/9/5時点)

Chromecastの欠点は、Amazonプライム・ビデオに対応していないことです。

一応、パソコンを使えば、映し出すことができますが、ちょっと面倒です。

もし、Amazonプライム・ビデオを利用するなら、『Fire TV Stickとは?何ができるの?使い方まとめ』の記事でも紹介している「Fire TV Stick」がおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

サラリーマンをしながら、当ブログを運営しています。今まで、数々のWebサイト・ブログを構築してきました。このブログでは、今までの経験で得た知識を活かし、Web制作・SEO関連を中心に、最新のIT関連ニュースを発信していきたいと思います。