Amazon Pay払い時にAmazonギフト券を使う方法

Amazonが提供するオンライン決済サービス「Amazon Pay」

Amazon Payを活用すれば、Amazon以外のネットショッピングサイトでもAmazonに登録した支払い方法で決済が可能。

大きなメリットとしては、

  • クレジットカード情報などの入力を省ける
  • Amazonで購入履歴や金額などを一元管理できる
  • Amazonギフト券をコンビニで現金購入して利用できる

などがあります。

また、Amazon Payでは、クレジットカード・デビットカードの他にもAmazonギフト券による支払いも対応。

Amazonプライム会員であればAmazonギフト券の支払いで1.0%還元(非会員は0.5%還元)を受けることができます。

例えば、3万円分の買い物をすれば、1%還元により300円分の残高が付与される計算です。

この記事では、Amazon Pay払い時にAmazonギフト券を使う方法を解説します。

created by Rinker
AMAZON.CO.JP
¥2,000 (2024/07/12 10:34:54時点 Amazon調べ-詳細)

Amazon PayでAmazonギフト券を使う方法

まずは、Amazon Pay対応のネットショッピングサイトに移動します。

注文手続きに進むときに「Amazon Pay Amazonアカウントでお支払い」をクリックします。

Amazonにログインをしてから支払い方法の選択に進みます。

すでにAmazonアカウントにAmazonギフト券の残高がある場合は、チェックを入れることで利用可能です。

Amazonギフト券を追加したい場合は「ギフトカードを追加登録する」のリンクをクリックします。

Amazonギフト券カードに記載されているコードを入力してから「適用」をクリックすれば残高が追加されます。

Amazonギフト券とクレジットカードは併用可能です。

例えば、買い物を3万円分する場合は、Amazonギフト券で5,000円支払って、残りの2万5,000円をクレジットカードで支払うことができます。

Amazonギフト券の現金チャージでポイント還元

Amazonギフト券チャージをするならキャンペーンを活用しましょう。

Amazonでは不定期ではありますが、現金チャージでポイント還元キャンペーンを実施しています。

前回のキャンペーンでは、最大1.5%のポイント還元を実施していました。

例えば、Amazonギフト券チャージを10万円分すれば、1,500円分のポイント還元を受けられる計算です。

Amazonギフト券の有効期限は10年間となっているのでキャンペーン期間中であれば、まとめてチャージしておきましょう。

最新のキャンペーン情報は、次の記事でご紹介しています。

【最大1.5%還元】Amazonの買い物はギフト券チャージを活用しよう

created by Rinker
AMAZON.CO.JP
¥2,000 (2024/07/12 10:34:54時点 Amazon調べ-詳細)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

サラリーマンをしながら、当ブログを運営していましたが、2018年に独立し現在はフリーランスとして活動しています。今まで、数々のWebサイト・ブログを構築してきました。このブログでは、今までの経験で得た知識を活かし、Web制作・SEO関連を中心に、最新のIT関連ニュースを発信。また、ファイナンシャル・プランナー技能士の資格を活かして金融関係の情報も発信しています。