Amazon Echoを徹底比較!おすすめ・選び方はこれだ【スマートスピーカー】

スマートスピーカーってご存知ですか?

人工知能(AI)を搭載した近未来的な製品であり、話しかけるだけで日常生活のさまざまな操作が可能。

私たちの生活をワンランク快適・便利にしてくれます。

スマートスピーカーは、各社さまざまな製品を出していますが、その中でもオススメなのが、あのAmazonが販売しているAmazon Echoシリーズです。

最安モデルは2,980円(税込)でコスパに優れています。

Amazon Echoシリーズって何?

Amazon Echoシリーズとは、Amazonが2014年11月発売した”スマートスピーカー”の先駆け的存在です。

AIアシスタント「Alexa(アレクサ)」を搭載しており、

  • 音楽(Prime Music)やラジオを聴く
  • 天気予報・ニュースを確認する
  • 電車やバスの運用情報を確認する
  • カレンダーやリマインダーでスケジュール管理をする
  • 料理のレシピを確認する
  • レストランやお店を見つける
  • アラーム・タイマーをセットする
  • Kindle本・Audibleの朗読を聴く
  • 音声通話・ビデオ通話・メッセージを送信する
  • 計算(四則演算、割合、ルート)や単位換算をする
  • 辞書で単語の意味を調べる
  • 日本語から英語・外国語に翻訳する
  • 英語の語学学習をする
  • Amazonで買い物をする
  • Alexaと雑談をして楽しむ

といった操作を音声だけでできてしまいます。

さらに話せば話すほど語彙が増えていき、話し方や好みを学習してどんどん賢くなってきます。

Alexaスキルで企業のサービスを利用できる

Amazonスキルを利用すれば、企業や個人が提供しているサービスを利用することができます。

ラジコ お住まいの地域で配信しているラジオを聞くことができます。
ニッセイ脳トレ 文章問題、単語問題、音楽問題、虫の鳴き声問題などのクイズができます。
WEBGYM フィットネスのトレーナーと一緒に音声でエキササイズができます。
睡眠の音 心を落ち着かせる音を再生して心地よい睡眠を誘います。
エキサイト星占い あなたの星座に応じた運勢を占えます。
出前館 1万2,000店舗の中から様々なジャンルの料理を出前できます。
サルヴァトーレ 本格ナポリピッツァ、イタリアンを出前できます。
リンベルショップ 日本全国から旬にこだわった「極み」の逸品を取り寄せできます。
メガネスーパー メガネスーパーで前回購入したコンタクトレンズ、カラコン、ケア用品を再注文してくれます。
JTBチケット 日本全国約2,000施設のレジャーチケットを電子チケットとして購入できます。
ベジリー 自社で栽培した宮崎の野菜を購入できます。

例えば、出前館で出前を注文するときは、

「アレクサ、出前館を開いて」

「アレクサ、カレーをお願い」

「アレクサ、1番を注文して」

「アレクサ、注文して」

という音声操作だけで出前ができます。

Alexaスキルを使えば、Amazon Echoで無限大の楽しみ方ができます。

ポケモンのピカチュウとトークができるという遊び心のあるスキルも数多くあるので活用しましょう。

Amazon Echoシリーズは5種類

現在、Amazon Echoシリーズは、

  • Echo Flex(エコーフレックス)
  • Echo Dot(エコードット)
  • New Echo Dot(ニューエコードット)
  • New Echo(ニューエコー)
  • Echo Studio(エコースタジオ)
  • Echo Show 5(エコーショー5)
  • Echo Show 8(エコーショー 8)
  • Echo Show 10(エコーショー 10)
  • Echo Auto

の9種類が提供されています。

これらを大きく2つに分けると「プラグイン式」「ディスプレイなし」「ディスプレイあり」になります。

違いを表にまとめると、こんな感じです。

プラグイン式

Amazon Echoをコンセントに差し込んで使えるタイプです。

Echo Flex
価格 2,980円
サイズ 72 mm x 67 mm x 52 mm
スピーカーサイズ 0.6インチ
Dolby デュアルスピーカー
温度センサー
スマート家電の簡単セットアップ
重量 150g

ディスプレイなし

Amazon Echoを音声だけで楽しむのであれば、こちらがおすすめです。

Echo Dot New Echo Dot New Echo Echo Studio
価格 5,980円 5,980円 11,980円 24,980円
サイズ 43 mm x 99 mm x 99 mm 100 mm x 100 mm x 89 mm 148 mm x 99 mm x 99 mm 206 mm x 175 mm x 175 mm
スピーカーサイズ 1.6インチ 1.6インチ 3.0インチウーファー/0.8インチツイーター 5.25インチウーファー 2.0インチミッドレンジスピーカー 1.0インチツイーター
Dolbyテクノロジー Dolby Audio Dolby Atmos
温度センサー あり あり
スマート家電の簡単セットアップ あり あり
重量 300g 382g 780g 3.5kg

ディスプレイあり

Amazon Echoにタッチパネル対応ディスプレイが付いたモデルです。

Echo Show 5 Echo Show 8 New Echo Show 10
価格 9,980円 14,980円 29,980円
サイズ 148 mm x 86 mm x 73 mm 200 mm x 135 mm x 99 mm 251 mm x 230 mm x 172 mm
画面の大きさ 5.5インチ 8.0インチ 10.1インチ
解像度 960 x 480 1280 x 800 1280 x 800
カメラ 1MP 1MP 13MP
スピーカーサイズ 1.65インチ 4W スピーカー 2インチ 10W スピーカー x 2 2.1チャンネルシステム: 1インチツイーター x 2 (ステレオ)、2.5インチウーファー
スマート家電の簡単セットアップ あり あり
重量 410g 1,755g 2,560g

ディスプレイが付いたことで

  • 映画やドラマを視聴する
  • 音楽を歌詞付きで聴く
  • 料理のレシピを動画付きで見る
  • テレビ電話ができる
  • ディスプレイを明るくして目覚ましにできる

など、できることが増えました。

また、音声だけでなく、タッチでも操作ができるので使い勝手も向上しています。

Amazon Echoを”ディスプレイなし”から選ぶ

スピーカーの性能・コスパを重視するのであれば、”ディスプレイなし”から選択しましょう。

安さ重視なら「Echo Flex」

とにかく安いスマートスピーカーがほしいならこちら!

なんたって、

2,980円

というAmazon Echoシリーズ最安値で入手可能。

自宅のコンセントに差し込んで使うことができる”省スペース設計”となっています。

もちろん、Alexaの機能であるタイマーのセット、ニュースや天気の確認、スマート家電の音声操作など、あらゆることができます。

また、USBポートも内蔵されているのでスマートフォンの充電をしたり、暗くなると自動で点灯するナイトライト(別売)を取り付けることも可能です。

スマートスピーカーがどのようなものか試してみたい方におすすめです。

ただし、スピーカーの性能は良くないため、音楽を楽しみたい方には向いていません。

安さ重視なら「Echo Dot」

自宅に初めてスマートスピーカーを導入するならこちら!

正直、それほど音質は良い訳ではありませんが、別売の外部スピーカーとBluetooth接続すれば、高音質で音楽を楽しむことができます。

「スマートスピーカーってどうなのだろう?」という方もお手頃価格で試すことができ、万が一、気に入らなかったとしても諦めがつくのが良いところです。

お手軽にスマートスピーカーを導入したい方におすすめです。

こちらもスピーカーの性能は良くないため、音楽にこだわりがある方には向いていません。

時計付きの新型も登場

Echo Dotには、基本性能はそのままに球体のコンパクトデザインに生まれ変わった”時計付きモデル”も登場しています。

これにより時刻や外気温の確認、タイマーの表示などが可能となりました。

輝度を自動調整するの昼夜問わずいつでも見やすい表示です。

音質&コスパ重視なら「New Echo」

スマートスピーカーで音楽も楽しみたい!

それなら、Echo Dotに6,000円プラスすることで

  • Dolby Audio搭載
  • スピーカーサイズ(0.6インチ → 3.0インチネオジウムウーファー/0.8インチツイーター x 2)

にグレードアップします。

また、スマート家電と簡単に連携できる機能も搭載しています。

Zigbee規格対応スマートホームハブを内蔵してるため、スマート家電ごとにハブを用意しなくても「Echo Plus」で一元管理することができます。

例えば、スマート照明「Philips Hue」を使いたいとき、次のようなハブ(ブリッジ)を購入する必要がなくなります。

created by Rinker
フィリップスライティング(Philips Lighting)
¥6,300 (2020/10/31 19:30:39時点 Amazon調べ-詳細)

ランプだけ購入すればOKです。

さらに温度センサーも内蔵しているので「アレクサ、リビングの温度は何度?」と話しかけるだけで温度を確認できます。

スマートスピーカーを音楽メインで利用したい方におすすめです。

ディスプレイ付きの最安値モデル「Echo Show 5」と比較しても、360°全方向スピーカーでクリアなボーカルとダイナミックな低音を楽しめます。

最高音質を体感したいなら「Echo Studio」

自宅で最高音質の音楽体験をしたい。

それなら、3Dマスタリングされた新しい音楽フォーマットを再生できるこちらがオススメです。

5つのスピーカーが

  • パワフルな低音
  • ダイナミックな中音
  • クリアな高音

を実現。

そして、なんと言っても他の機種と大きな差別化となっているのが、Dolby Atmos技術の搭載です。

これにより音楽に空間、明瞭性、奥行きが追加される多次元オーディオ体験が可能となり、今後、Amazon Music HDを通じて提供予定の”3Dミュージック”でより没入感の高い音楽を楽しめます。

ただのスマートスピーカーではなく、本格的な音響機器を求めている方におすすめです。

Amazon Echoを”ディスプレイあり”から選ぶ

音声以外にもタッチパネルで操作をしたり、映像で視覚的に情報を得たい場合は、”ディスプレイあり”を選びましょう。

安さ重視なら「Echo Show 5」

ディスプレイ付きの安いスマートスピーカーがほしいならこちら!

iPhone XSとほぼ同じ画面サイズで

9,980円

という1万円を切る低価格で購入可能。

「スマートスピーカーってどんなものだろう?」という初めての購入者にもオススメのモデルです。

ディスプレイが付いているので音楽の歌詞が流れたり、動画を見たり、大切な思い出のフォトフレームなど、音声だけに比べてできることの幅がぐっと広がります。

大画面&高音質なら「Echo Show 10」

Amazon Echoシリーズの最上位モデルです。

値は張りますが、

  • 10.1インチの大画面
  • 13ピクセルの高解像度カメラ

を搭載しており、何もかも完璧なスマートスピーカーとなっています。

Amazon Musicの音楽を歌詞付きでパワフルなスピーカーで楽しむ。

iPad Airより大きな画面で家族や友人と一緒に映画やドラマを楽しむといったことも可能です。

また、Zigbee規格対応スマートホームハブも内蔵しており、簡単にスマート家電と接続することができるのも魅力となっています。

追いかけるスクリーン機能により自動的にディスプレイの向きが変わるので家事をしながらでも快適に動画を楽しめます。

それだけでなく、スマートフォンで「内蔵カメラ」にアクセスして、部屋で飼っているペットの様子などをいつでも確認可能です。

ただ、かなりの大画面になるので「どこに置くのか」を事前に決めてから購入することをオススメします。

Amazon Echoはスマート家電でもっと便利になる

Amazon Echoシリーズは、スマート家電(別売り)と連携させることでもっと便利に利用することができます。

例えば、

「リモコンが見当たらない!」

「今、料理中で手が離せない!」

といった時でも音声だけで家電を操作することができ、ワンランク上の暮らしを実現可能です。

スマートリモコン

赤外線コントローラーを使えば、今使っている”古い家電”も音声で操作できるようになります。

新しくスマート家電に対応した家電を購入する必要はありません。

99%の赤外線家電に対応しているので、リモコンで操作できるエアコン、テレビ、照明、扇風機など、これ一つでまとめて操作することができます。

また、スケジュール機能により好きな時間と曜日に家電を自動で操作できるだけでなく、外出先でもWi-Fi経由でスマホ画面から操作することも可能です。

帰宅する前にエアコンを付けて快適な状態にしたり、自宅にいるペットのために夏場に冷暖房を操作することができます。

スマートプラグ

スマートプラグは、コンセントの電源の「ON」「OFF」を操作できる機器です。

そのため、スマートプラグに接続したあらゆる家電を”スマート家電”に生まれ変わらせることができます。

例えば、

  • 照明をスケジュール設定で午前7時に点灯させてアラーム代わりに使う
  • 加湿器をタイマー設定で3時間だけ稼働させておく
  • 外出先からWi-Fi経由でエアコンを起動させる

といったことが可能になります。

もちろん、Alexaに話しかけて音声で好きなように家電をコントロールすることもでき、暮らしをもっと便利にできます。

スマート電球

スマート電球であれば、照明のリモコンが見当たらなくてもハンズフリーの音声操作でつけたり消したりができます。

例えば、真っ暗闇でリモコンが見当たらないときや料理中で手が離せないときに便利です。

また、電球自体の性能も機能も豊富で電球色から昼光色まで幅広い調光が可能。

スケジュールで好きな時間に設定することができ、起床の時間などに優しくさわやかな目覚められます。

スマートロック

スマートロックは、スマートフォンで自宅の鍵を「解錠」「施錠」ができる機器です。

工事不要、賃貸マンションにも簡単に取り付けができます。

ハンズフリー解錠機能を使えば、ポケットにスマートフォンが入っているだけでドアに近づくと鍵を開けることができ、重たい荷物を持ちながら鍵を探す煩わしさから開放されます。

Alexaにも対応しているので話しかけるだけで鍵の「解錠」「施錠」「状態確認」ができます。

その他、Amazon Echoシリーズは、さまざまなスマート家電に対応しています。

Amazonプライム会員に登録して音楽を聴きまくろう

Amazon Echoシリーズを購入するならAmazonプライム会員の登録を強くオススメします。

年会費4,900円(または月額500円)で、

など盛り沢山の特典が付いてきます。

最近のAmazonプライム会員の特典が凄すぎ

2015.11.21

特に音楽聴き放題の「プライム・ミュージック」は、Amazon Echoと非常に相性が良くてオススメ。

例えば、

  • アレクサ、音楽をかけて
  • アレクサ、ジャズをかけて
  • アレクサ、クリスマスソングをかけて
  • アレクサ、ドリカムをかけて

など話しかけると200万曲以上の中からぴったりの音楽を流してくれます。

さらにAmazonミュージックアンリミテッドに登録すれば、6,500万曲という圧倒的な楽曲数が用意されています。

通常は月額980円(Amazonプライム会員780円)がかかりますが、Amazon Echoを経由して登録すればEchoプランが適用され、月額380円で音楽を楽しむことができます。

Amazon Echoシリーズの口コミ・評判

Amazon Echoシリーズは、ネット上でも大きな話題となっている商品です。

最後に

Amazon Echoシリーズの特徴を種類別にまとめると

  • とにかく安いのは「Echo Flex(エコーフレックス)」
  • 安さ重視なら「Echo Dot」
  • 音質のコスパに優れ、スマート家電を簡単に接続するなら「New Echo(ニューエコー)」
  • 最高音質を体感したいなら「Echo Studio(エコースタジオ)」
  • コスパ重視でディスプレイ付きなら「Echo Show 5(エコーショー5)」
  • 最上位のディスプレイ付きスマートスピーカーなら「Echo Show 10(エコーショー 10)」

となります。

色々と書き連ねましたが、どれも非常にコスパに優れた商品なことは間違いありません。

皆さんもスマートスピーカー「Amazon Echo」で生活に変化を付けてみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

サラリーマンをしながら、当ブログを運営していましたが、2018年に独立し現在はフリーランスとして活動しています。今まで、数々のWebサイト・ブログを構築してきました。このブログでは、今までの経験で得た知識を活かし、Web制作・SEO関連を中心に、最新のIT関連ニュースを発信。また、ファイナンシャル・プランナー技能士の資格を活かして金融関係の情報も発信しています。