【iOS12】iPhoneのARメジャーアプリ「計測」の使い方・カメラで長さ測定

9月17日、iOS12がリリースされました。

そこで注目してほしいのが、AR技術を活かした「計測」アプリです。

iPhoneやiPadのカメラを利用して、物体の長さを測定できる優れもの。

「今すぐに長さを測りたいけど、定規(サシ)どこに置いたっけ・・・?」というとき、iPhoneさえあれば、正確に物の長さを測定できます。

この記事では、iOS12で登場したARメジャーアプリ「計測」の使い方と正確性について検証していきたいと思います。

ARメジャーアプリ「計測」の使い方

今回は、僕が愛用しているMacBook Air(13.3インチ)の「縦」「横」の長さを測定したいと思います。

Apple公式では、

  • 縦(奥行き):22.7cm
  • 横(幅):32.5cm

となっていますが、どこまで正確な数値が出るでしょうか?

まず、iOS12にアップデートすると、ホーム画面に「計測」アプリが追加されているので起動しましょう。

「iPhoneを動かして再開」「iPhoneを動かし続けてください」という支持されるので、iPhoneを少し動かしてみましょう。

数秒程度で測定がスタートします。

「起点」「終点」を選択して測定する方法

MacBook Airの角(起点)に「白丸」を重ねて、「+」ボタンをタップします。

起点となりそうな箇所は、iPhoneで自動認識して、ピタッと磁石のように合わせてくれます。

カメラを移動させると長さが計測されるので、MacBook Airの角(終点)に「白丸」を重ねて、再び「+」ボタンをタップします。

間違えてしまった場合は、右上の「ゴミ箱」アイコンをタップしてください。

続けて、別方向の長さを計測することも可能です。

このようにMacBook Airの縦横を計測できました。非常に便利です。

測定の正確性については、

  • 縦(奥行き):22.7cm → 22cm
  • 横(幅):32.5cm → 31cm

となりました。

ただ、MacBook Airは、角が丸まっているので「起点」「終点」を指定する際に若干のズレが出るため、おおむね正しいと判断しても差し支えないかと思います。

自動で「縦」「横」「面積」を測定する方法

このARメジャーアプリ「計測」の凄いところは、四角い物体であれば、かざすだけで「縦」「横」「面積」を測定してくれるところです。

MacBook Airの全体が映し出されるようにすると、黄色い点線が表示されます。このときに「+」ボタンをタップ。

すると、このように自動で「縦」「横」の長さを測定してくれます。

少しカメラを近づけると面積も表示。これは便利ですね!

最後に

ARメジャーアプリ「計測」は、小さめの物だけでなく、テレビなど大きな物も測定することができ、非常に便利です。

iPhoneは、肌身離さず持ち続けていると思うので、「メジャーを忘れてしまった」というときは、この「測定」アプリを思い出してください。

ABOUTこの記事をかいた人

サラリーマンをしながら、当ブログを運営していましたが、2018年に独立し現在はフリーランスとして活動しています。今まで、数々のWebサイト・ブログを構築してきました。このブログでは、今までの経験で得た知識を活かし、Web制作・SEO関連を中心に、最新のIT関連ニュースを発信していきたいと思います。