iPhoneのVPN接続が勝手に切れる原因は?スリープやデザリング時など

「iPhoneのVPN接続が勝手に切れる」

そんな症状でお困りの方は多いのではないでしょうか?

iPhoneをVPN接続することでフリーWi-Fi使用時にも通信を暗号化可能。

さらにIPアドレス変更により地域制限(ジオブロック)を回避して海外の動画コンテンツなどを楽しめます。

特にYouTube Premiumなどのサービスを安く契約できるのは大きなメリットです。

【最安料金】YouTube PremiumをトルコVPNで安くするやり方は?月額100円台

この記事では、iPhoneのVPN接続が勝手に切れる原因と対処法を解説していきます。

最大71%割引+3か月無料キャンペーン実施中!/

iPhoneのVPN接続が勝手に切れる原因と対処法

さっそく、iPhoneのVPN接続が勝手に切れる原因と対処法を見ていきましょう。

iOSに不具合が発生している

iOSに不具合が発生しているケースがあります。

このときは、iOSを最新バージョンにアップデートすることで解決する可能性があります。

設定アプリを起動してから「一般」→「ソフトウェアアップデート」の順にタップします。

ここで最新バージョンの配信が確認できれば「ダウンロードしてインストール」をタップしてアップデートを実行しましょう。

iOSとあわせてVPNアプリのアップデートも行いましょう。

iPhoneに不具合が発生している

iPhoneの端末自体に不具合が発生しているケースがあります。

このときは、iPhoneを再起動することで解決する可能性があります。

iPhone X、12、13、14、15以降を使用している場合は、電源ボタンと音量調整のいずれかのボタンを長押ししてから再起動します。

※iPhone 6、7、8、SE(第2世代以降)を使用している場合は、電源ボタンの長押しから再起動できます。

VPNの接続設定を間違えたことがある

iPhoneでVPNの接続設定を入れ間違えたことがある。

その場合は、その後、正しいVPNの接続情報を入力しても不具合が発生するケースがあるようです。

このときは、一旦、VPNの接続情報を完全に削除してから入力し直すことで解決する可能性があります。

設定アプリを起動してから「一般」→「VPNとデバイス管理」→「VPN」に移動してから右の「i」マークをタップします。

一番下の「VPNを削除」をタップしてから、再度「VPN構成を追加…」から正しい情報を入力しましょう。

ウイルス対策ソフトが邪魔している

iPhoneにインストールしているウイルス対策ソフトが邪魔しているケースがあります。

このときは、ウイルス対策ソフトを一時的に停止することで解決する可能性があります。

例えば、ノートン360を一時停止する場合は、

  1. ノートン360を起動する
  2. 画面下部のWeb保護アイコンをタップする
  3. 「Web保護」の横のスライダーを動かす

ことでオフにできます。

なお、ウイルスバスターモバイルについては、設定画面から一時停止できません。

そのため、ウイルスバスターモバイルのアプリを削除してから正常にVPN接続ができるかどうか確認しましょう。

IPアドレスとDNSサーバーが手動になっている

iPhoneをWi-Fi接続している。

その場合は、IPアドレスとDNDサーバーが手動になっていることでVPN接続が勝手に切れるケースがあります。

このときは、IPアドレスとDNDサーバーを自動接続に変更することで解決する可能性があります。

設定アプリを起動してから「Wi-Fi」に移動して「i」のアイコンをタップします。

IPアドレスを構成とDNDを構成が自動になっていることを確認しましょう。

もし、手動になっている場合は「自動」に変更します。

デザリング時にPPTPの設定をしている

iPhoneとパソコンをデザリングしている。

その場合は、パソコン側のVPNの種類を「PPTP」設定していることでVPN接続が勝手に切れるケースがあります。

これは、iPhoneのVPN接続が「IKEv2」「IPsec」「L2TP」の3種類のみ対応しており、iOS10以降「PPTP」が非対応になったことが原因のようです。

Windowsの「設定」→「ネットワークとインターネット」→「VPN」に移動。

VPNの詳細オプションからVPN接続の編集画面を開いて「VPNの種類」を「事前共有キーを使ったL2TP/IPsec」に変更してみましょう。

VPNサーバーが原因のときは他のVPNサービスを乗り換えがおすすめ

iPhoneでVPN接続する場合は、必ずVPNサーバーを経由してインターネット通信を行います。

しかし、このVPNサーバーにアクセスするユーザー数が多すぎて過剰な負荷がかかっているときは、VPN接続が不安定になってしまいます。

この場合は、VPNサーバーを変更することで解決する可能性があります。

もし、VPNサーバーを変更しても解決しない場合は、VPNサービスの変更も検討しましょう。

NordVPNがおすすめ

VPNサービスは、さまざまな事業者が提供しています。

その中でも強くおすすめするのが全世界で1400万人以上のユーザーを抱える世界シェアNo.1のNordVPNです。

NordVPNのサービス内容
無料トライアル 30日以内なら全額返金保証あり
料金 1ヶ月プラン:1,880円/月
1年プラン:710円/月
2年プラン:550円/月
サーバー台数 60カ国に5694台
対応デバイス ・パソコン(Windows、Mac、Linux、Chromebook)
・タブレット(iPad、Android、Fireタブレット)
・スマートフォン(iPhone、Android)
・テレビ(Android TV、Fire TV Stick)
・ゲーム機(Nintendo Switch、PlayStation、Xbox)
・VR機器(Meta Quest)
・Raspberry Pi(ラズパイ)
同時接続台数 10台
※ルーター経由で11台以上の同時接続も可能
サポート 24時間365日ライブチャットで受付(日本語対応)
公式サイト https://nordvpn.com/

NordVPNでは、60カ国に5694台の高性能サーバー数を設置しています。

日本にも130台以上のVPNサーバーが設置されており、どれか一つに不具合があっても繋がりやすいVPNサーバーを自由に選ぶことが可能です。

他にも

  • 独立系IT機関「AV-TEST」に認定された世界最速VPN
  • 第三者機関でも証明されたノーログポリシーで匿名性が高い
  • 24時間365日対応のサポート体制

といった特徴があります。

万が一、上手く繋がらなくても30日間の返金保証を活用すれば、全額返金を受けることが可能です。

最大71%割引+3か月無料キャンペーン実施中!/

その他のおすすめVPNサービスは、次の記事でも紹介しています。

【決定版】有料VPNのおすすめランキング!安全性や速度比較



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

サラリーマンをしながら、当ブログを運営していましたが、2018年に独立し現在はフリーランスとして活動しています。今まで、数々のWebサイト・ブログを構築してきました。このブログでは、今までの経験で得た知識を活かし、Web制作・SEO関連を中心に、最新のIT関連ニュースを発信。また、ファイナンシャル・プランナー技能士の資格を活かして金融関係の情報も発信しています。