JCBの20%還元キャンペーンは「楽天カード」も対象?

日本発で唯一の国際カードブランド「JCB」で利用金額の最大20%還元キャンペーンが実施されます。

対象カードでスマホ決済することで還元を受けることが可能。

還元の上限金額は1万円ですが、1人で複数枚のクレジットカードで還元を受けることもできます。

JCBがQUICPayで20%還元キャンペーン実施!クレカ1枚につき最大1万円

2019.08.17

さて、ここで気になってくるのが、楽天カードマンのテレビCMでお馴染みの”楽天カード”でも還元を受けることができるのかです。

楽天カードはJCBの20%還元キャンペーン対象外

先に結論を言っておくと、楽天カードは本キャンペーンの適用対象外です。

楽天カードでは、

  • JCB
  • VISA
  • MasterCard
  • American Express

の4つのブランドを選択できますが、JCBを選択しても本キャンペーンには参加できません。

JCBグループ発行のクレジットカードが対象

本キャンペーンは、JCBグループが発行したクレジットカード、デビットカード、プリペイドカードが対象です。

JCBグループとは、JCBが銀行、証券会社、保険会社などとの提携により設立したフランチャイズ会社(FC社)のことを言います。

JCBグループ 株式会社ジェーシービー、株式会社秋田ジェーシービーカード、阿波銀カード株式会社、株式会社池田泉州JCB、株式会社愛媛ジェーシービー、株式会社大分カード、株式会社OKBペイメントプラット、株式会社おきぎんジェーシービー、株式会社鹿児島カード、九州カード株式会社、株式会社九州しんきんカード、株式会社紀陽カード、京銀カードサービス株式会社、きらぼしJCB株式会社、きらやかカード株式会社、株式会社近畿しんきんカード、株式会社群銀カード、株式会社高知カード、株式会社しがぎんジェーシービー、株式会社七十七カード、清水リース&カード株式会社、株式会社十八カード、株式会社十六カード、商工中金カード株式会社、株式会社しんきんカード、スルガカード株式会社、株式会社セディナ、たいこうカード株式会社、第四ジェーシービーカード株式会社、ちばぎんジェーシービーカード株式会社、中銀カード株式会社、株式会社中国しんきんカード、株式会社中部しんきんカード、株式会社東邦カード、株式会社東北ジェーシービーカード、株式会社東北しんきんカード、株式会社とちぎんカード・サービス、トモニカード株式会社、株式会社とりぎんカードサービス、株式会社名古屋カード、東日本銀ジェーシービーカード株式会社、肥銀カード株式会社、株式会社百五カード、株式会社百十四ジェーシービーカード、ひろぎんカードサービス株式会社、株式会社福井カード、フィデアカード株式会社山形営業部、北越カード株式会社、株式会社北陸カード、株式会社北国クレジットサービス、三菱UFJニコス株式会社、株式会社みなとカード、宮銀カード株式会社、むさしのカード株式会社、もみじカード株式会社、株式会社やまぎんカード、やまぎんカードサービス株式会社、りそなカード株式会社、株式会社秋田銀行、株式会社足利銀行、株式会社伊予銀行、株式会社京都銀行、株式会社群馬銀行、株式会社佐賀銀行、株式会社山陰合同銀行、株式会社静岡銀行、株式会社常陽銀行、スルガ銀行株式会社、株式会社第四銀行、株式会社千葉銀行、株式会社中国銀行、株式会社東邦銀行、株式会社広島銀行、株式会社百十四銀行、株式会社福井銀行、株式会社福岡銀行、株式会社北洋銀行、株式会社山口銀行、株式会社ゆうちょ銀行

対象のクレジットカードを確認する方法

JCBグループのクレジットカードかどうかを確認するには、クレジットカード裏面に記載されている発行会社を見ましょう。

例えば、楽天カードの裏面には「楽天カード株式会社」が発行会社として記載されています。

基本的には、クレジットカード裏面に「JCBグループ」が記載されていたら、本キャンペーンの対象となります。

キャンペーン参加登録で確認する

JCBの20%還元キャンペーンにダメ元で応募するのもありです。

まず『JCBでスマホ決済!全員に20%キャッシュバックキャンペーン!』に移動をしてから「インターネットで応募」をタップします。

「JCBカード番号」「Eメールアドレス」を入力してから「確認画面へ」をタップします。

確認画面が表示されるので登録内容に誤りがなければ「登録する」をタップします。

ここでJCBの20%還元キャンペーン参加の可否が表示されます。

もし、入力したクレジットカードが対象外であれば、”下のキャンペーン参加登録は受付できませんでした。ご入力いただいたカードでは、ご登録いただけません。”というメッセージが表示されます。

20%還元対象の年会費無料クレジットカード

本キャンペーンの対象となるクレジットカードを持っていない場合は、新規発行する必要があります。

ここからは、本キャンペーン対象で年会費無料のクレジットカードを紹介していきます。

リクルートカード

年会費 永年無料
還元率 1.2%
ブランド VISA、JCB、Master

高還元率で知られるクレジットカードです。

最大のメリットは、電子マネーチャージ(nanaco、楽天Edyなど)で毎月最大3万円まで”1.2%還元”を受けることができる点です。

うまく活用すれば、通常は還元を受けられない

  • 公共料金
  • 税金

の支払いでも還元を受けることができます。

貯まったポイントは、リクルートポイントとしてリクルートサービス(じゃらん、ホットペッパーグルメ、ポンパレモール、ホットペッパービューティーなど)で利用できるだけでなく、Pontaポイントに交換することも可能です。

JCBの20%還元キャンペーンについては、8月16日にリクルートライフスタイルが発表したプレスリリースで次のように記載されています。

2019年8月16日(金)~12月15日(日)の間、20%のキャッシュバックが受けられます。あわせて『リクルートカード』は1.2%還元、『リクルートカードプラス』は2.0%還元も受けられます。

出典:リクルートライフスタイル

\新規入会&利用&携帯電話料金支払で最大6,000ポイントの獲得キャンペーン実施中/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

サラリーマンをしながら、当ブログを運営していましたが、2018年に独立し現在はフリーランスとして活動しています。今まで、数々のWebサイト・ブログを構築してきました。このブログでは、今までの経験で得た知識を活かし、Web制作・SEO関連を中心に、最新のIT関連ニュースを発信。また、ファイナンシャル・プランナー技能士の資格を活かして金融関係の情報も発信しています。