メルペイはiD対応だけどAmazonで使えるの?

フリマアプリのメルカリが提供するスマホ決済サービス”メルペイ”

メルペイは、

  • 電子マネー「iD」
  • メルペイのQR・バーコード

の対応店舗で利用することができます。

ということは、各種電子マネー(楽天Edy、iD、Suica)に対応しているAmazonでも使えそうですが、はたしてどうなんでしょうか?

上手くいけば、メルペイで実施中の「ニッポンの夏!最大70%還元!キャンペーン」といったキャンペーンの還元を受けることができ、ただでさえ安いAmazonがもっとお得になります。

この記事では、メルペイでAmazonの商品を購入できるのか?解説していきます。

メルペイはAmazonは使えない

先に結論を言っておくと、メルペイはAmazonでの支払いに対応していません。

通常、AmazonでiD支払いをするときは、

  1. 支払い方法で「コンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払い」を選択する
  2. Amazonから届くメールに従って手続きをすすめていく

という流れになります。

ただ、Amazonで電子マネー「iD」による支払いをする場合、iDアプリから決済する必要があります。

そのため、メルペイのiDでは決済ができません。

また、電子マネーリーダー(非接触ICカードリーダー)を用いても、メルペイでの決済はエラーとなってできないようです。

実際、Amazonでメルペイ(iD)決済を試した方はいますが、支払い不可だったという報告が多数上がっています。

メルペイからモバイルSuicaにチャージすればAmazonで使える

メルペイはAmazonでの支払いに対応していません。

しかし、メルペイからモバイルSuica(iOS)にチャージすれば、間接的にAmazonで支払うことができます。

つまり、

  • メルペイ ー(支払い)→ Amazon(×)
  • メルペイ ー(チャージ)→ モバイルSuica ー(支払い)→ Amazon(◯)

ということです。

※メルペイからモバイルSuicaにチャージできるのは、iOS端末(iPhone / iPad)のみとなります。

1、メルペイからモバイルSuicaにチャージする

まずは、メルペイからモバイルSuicaにチャージをします。

メルペイからiPhone版「モバイルSuica」にチャージするには、あらかじめApple PayにモバイルSuicaを追加しておく必要があります。

手順としては、

  1. モバイルSuicaを無料発行する
  2. Apple PayにSuicaを追加する

となります。

詳しい手順は、次の記事で解説しています。

Apple PayにモバイルSuicaを追加する方法【発行手数料無料】

2019.08.20

Walletアプリからチャージする

メルペイからモバイルSuicaにチャージする準備ができたら、標準アプリ「Wallet」を起動します。

Suicaを選択してから「チャージ」をタップします。

チャージしたい金額を入力してから右上の「追加する」をタップします。

「メルペイ電子マネー」を選択してから「Touch ID / Face ID」で本人確認をしてチャージをします。

チャージした分だけSuicaの残高が増えました。

2、AmazonでモバイルSuica支払いをする

Amazonで購入したい商品を選んでから支払い方法を「コンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払い」にして注文を確定します。

Amazonから【Amazon.co.jp お支払い番号のお知らせ ◯◯◯】というメールが届きます。

モバイルSuicaを追加したiOS端末でメールを開いてから、メール文中にある「お支払い方法の手順のURL」をタップしましょう。

電子マネーの項目にある「モバイルSuica」をタップします。

もう一度、モバイルSuicaをタップします。

メールアドレスを入力して「送信」をタップします。

【ネット決済受付:モバイルSuica】というメールが届くので「支払い手順はこちらのURL」をタップします。

“Suicaアプリを起動してください。”というメッセージが表示されるので「Suicaアプリ起動」をタップします。

“ChromeがSuicaを開こうとしています”というメッセージが表示されるので「開く」をタップします。

端末に登録されている「モバイルSuica」の一覧が表示されるのでタップします。

Touch ID / Face IDを利用してモバイルSuicaにログインします。

ネット決済内容確認をしてから「支払手続きする」をタップします。

ネット決済完了の画面が表示されれば、AmazonのモバイルSuicaでの支払いは完了です。

Amazonギフト券も「モバイルSuica」で購入できる

メルペイからモバイルSuicaにチャージしてからAmazonギフト券などを購入することも可能です。

まず、Amazonの『Amazonギフト券チャージタイプ』から金額を選択しましょう。

「コンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払い」を選択してから次へ進みます。

あとは先ほどの手順で決済を完了させしょう。

コンビニなどではAmazonギフト券は購入できない

Amazonギフト券が購入できるのは、Amazon.co.jpからのみです。

実店舗(コンビニなど)でAmazonギフト券を購入する際は、基本的に”現金のみ”となるので注意しましょう。

LINE PayでもAmazonギフト券を購入できる

LINE Payもメルペイと同じく、実店舗でAmazonギフト券を購入することはできません。

ただ、LINE Payバーチャルカードを利用すれば、Amazon公式サイトからAmazonギフト券を購入することができます。

LINE Pay残高から支払うため、マイカラーに応じて最大2%の還元を得ることができます。

最大20%の還元「Payトク」といったキャンペーン期間中であれば、さらにお得に有効期限10年間のAmazonギフト券を手に入れることができます。

LINE Payバーチャルカードとは?利用開始手続きや使い方を解説

2019.04.30

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

サラリーマンをしながら、当ブログを運営していましたが、2018年に独立し現在はフリーランスとして活動しています。今まで、数々のWebサイト・ブログを構築してきました。このブログでは、今までの経験で得た知識を活かし、Web制作・SEO関連を中心に、最新のIT関連ニュースを発信。また、ファイナンシャル・プランナー技能士の資格を活かして金融関係の情報も発信しています。