PayPayがApple Watchに対応!バーコード決済、残高確認、送金など

iPhoneやiPadでお馴染みのAppleが販売するスマートウォッチ”Apple Watch(アップルウォッチ)”

Apple Watchでは、

  • 時間を確認する
  • 健康管理(歩数、心拍数など)をする
  • iPhoneと連携して通知(電話、メール、LINEなど)を受け取る
  • 電子マネー「Suica」「QUICPay」「iD」を使う
  • オフラインで音楽を聴く(iPhoneを持ち運ぶ必要なし)

など、あらゆることが高機能な腕時計で行なえます。

そして、今回、新たにソフトバンクが提供するスマホ決済「PayPay(ペイペイ)」に対応をしました。

今なら「PayPayはじめ特典」で1,000円相当のPayPayボーナスがもらえます!

PayPay-ペイペイ(簡単、お得なスマホ決済アプリ)

PayPay-ペイペイ(簡単、お得なスマホ決済アプリ)

PayPay Corporation無料posted withアプリーチ

PayPayがApple Watchに対応

冒頭でお伝えしたとおり、Apple WatchがPayPayに対応しました。

App StoreでPayPayのバージョンを1.37.0以上にすることで利用できるようになります。

Apple WatchのPayPayでは、

  • PayPay残高の確認
  • バーコード決済
  • マイコードの表示
  • 支払い完了時の「ペイペイ♪」の音量調整

などができます。

バーコード決済

PayPayのバーコード決済とは、店員にバーコード読み取って決済する方法です。

  • コンビニ
  • 家電量販店

などで利用できます。

ただし、Apple Watchはカメラが搭載されていないため、ユーザーが店舗に置いている「QRコード」をスマホカメラで読み取って決済するスキャン支払いには対応していません。

PayPayでスキャン支払いする方法・支払いできない原因

2019.05.05
個人店でPayPay決済をしたい場合は、iPhoneのPayPayアプリを利用する必要があるので注意しましょう。

マイコードの表示

マイコードとは、自分のQRコードを表示することを言います。

これを相手が読み取って金額を指定することで送金してもらうことが可能です。

ただし、Apple Watchはカメラが非搭載のため、こちら側から相手のQRコードを読み取って送金することはできません。

Apple Watch単独でPayPay決済ができる

Apple WatchのCellularモデル(モバイルデータ通信、音声通話対応モデル)であれば、Apple Watch単体でPayPay決済ができます。

例えば、ランニング・ジョギングなどでiPhoneを持ち歩いていない。

そんなときでもApple Watchさえ装着していれば、コンビニなどでスポーツドリンクを購入できます。

最後に

PayPayがApple Watchに対応したことでスマートフォンを取り出すことなく決済ができるようになりました。

ただし、PayPayの新規アカウント作成などの各種設定は、iPhoneのPayPayアプリから行う必要があります。

今なら「PayPayはじめ特典」で1,000円相当のPayPayボーナスがもらえます!

PayPay-ペイペイ(簡単、お得なスマホ決済アプリ)

PayPay-ペイペイ(簡単、お得なスマホ決済アプリ)

PayPay Corporation無料posted withアプリーチ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

サラリーマンをしながら、当ブログを運営していましたが、2018年に独立し現在はフリーランスとして活動しています。今まで、数々のWebサイト・ブログを構築してきました。このブログでは、今までの経験で得た知識を活かし、Web制作・SEO関連を中心に、最新のIT関連ニュースを発信。また、ファイナンシャル・プランナー技能士の資格を活かして金融関係の情報も発信しています。