テレワークにおすすめの椅子3選!長時間デスクワーク向け

新型コロナウイルスによる外出自粛要請の影響でテレワーク・在宅勤務が急速に広まっています。

テレワーク(雇用型)とは、会社に出勤せずに自宅でインターネットなどを利用して遠隔地から働く方法を言います。

快適にテレワークをする上で重要となるのが

  • 椅子

です。

僕自身、1日10時間以上(ときには12時間以上)にわたってパソコンで記事を執筆していますが、デスクワーク周りの環境は仕事の効率に大きく影響すると肌で感じています。

特に椅子の快適性は、仕事の疲れやすさにも直結するため長時間座っても疲れない椅子を強くおすすめします。

もし、あまり座り心地の良くない椅子で何時間もパソコン作業をすれば「腰痛」「肩こり」「頭痛」に悩まされることになり仕事どころではなくなってしまいます。

この記事では、長時間デスクワークをする筆者が”テレワークにおすすめの椅子”を紹介します。

テレワークにおすすめの椅子3選

ここからは、テレワークにおすすめの椅子を紹介していきます。

AKRacing:ゲーミングチェア「Pro-X V2」

created by Rinker
エーケーレーシング(Akracing)
¥54,321 (2020/11/28 12:15:28時点 Amazon調べ-詳細)

デスクワークの椅子として強く自信を持っておすすめできるのがAKRacing「Pro-X V2シリーズ」です。

プロゲーマー向けに提供されている”ゲーミングチェア”の2大ブランドの一つ「AKRACING」が提供するハイエンドモデルの椅子となっており、身体にフィットする感動的な座り心地となっています。

一度座ったら感覚を忘れられないほど、心地よい座り心地となっており「延々に仕事ができる!」とも思わせてくれます。

人間工学に基づいて設計されており、

  • ゆったりした座り心地
  • 身体への負担・疲労の軽減

など、長時間パソコン作業をする方への健康維持や集中力向上に貢献。

最大180°のリクライニング機能もあり、作業の途中でリラックスしたいときは、そのまま寝転がることが可能です。

価格はお高めですが、第三者機関によるジャングルテスト(高温高湿試験)で10年使用相当のテストにパスしており、長期間にわたって使用することができます。

5万5,000円で10年間使用したとしても1年あたり5,500円、1ヶ月あたり約460円とコスパは非常に高くなっています。

必ず満足できるクオリティに仕上がっています。

長時間デスクワークをするのであれば、強くおすすめできる商品です。

E-WIN:ゲーミングチェア「CP-BC5B」

こちらは、先ほどのAKRacing「Pro-X V2シリーズ」より価格がぐっと抑えられたゲーミングチェアです。

E-WINは、新しく登場したメーカーのため知名度こそ高くありませんが、価格が安いのにクオリティが高いと徐々に口コミで評判が広まっています。

また、一部のゲーミングチェアメーカーは欧米を中心に展開しているため、小柄な日本人には合わないこともあります。

しかし、E-WINは、中国の深セン市にある企業が設立したことから日本の体型にも合った設計がなされているのが強みです。

頭を支えられる背もたれやリクライニング機能もついており、メーカーにはこだわらずにコスパの良い椅子を求めている方におすすめとなります。

オカムラ:オフィスチェア「C631XW-FMP5」

最後に紹介するのは、クラウド会計ソフトで有名な「freee株式会社」でも採用されているオフィスチェアです。

この商品の売りは、

“背のカーブを変えられる、新感覚のオフィスシーティング”

です。

これは、座る人の体格に合わせて背もたれを簡単に調整できる機能となります。

例えば、大柄な人なら緩やかなカーブ、小柄な人なら狭いカーブにすることができ、自分の体型にあわせた椅子に調整することが可能です。

その他にも「リクライニング」「座面の高さと奥行き調整」「肘掛けの高さ調整」などにより自分にフィットさせて長時間のデスクワークを快適なものにできます。

パソコンの「モニターアーム」も組み合わせよう

created by Rinker
Amazonベーシック(AmazonBasics)
¥13,990 (2020/11/29 07:46:56時点 Amazon調べ-詳細)

長時間テレワークをするなら椅子だけでなく、パソコンのモニターアームもオススメです。

モニターアームとは、パソコンのディスプレイの角度や位置を自由に変更できるものを言います。

モニターアームを使うことで

  • 机を広く使える
  • 自分に合った位置に調整して肩こりや腰痛を軽減できる

といったメリットがあります。

僕自信も長年使い続けていますが、目線の位置に合わせてディスプレイを調整できることで作業効率が一段とアップしました。

椅子と一緒に購入して完璧な仕事環境を整えてみてはいかがでしょうか?

【デュアルディスプレイ】Amazonベーシック「モニターアーム」を購入レビュー

2018.12.24

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

サラリーマンをしながら、当ブログを運営していましたが、2018年に独立し現在はフリーランスとして活動しています。今まで、数々のWebサイト・ブログを構築してきました。このブログでは、今までの経験で得た知識を活かし、Web制作・SEO関連を中心に、最新のIT関連ニュースを発信。また、ファイナンシャル・プランナー技能士の資格を活かして金融関係の情報も発信しています。