Zoomの手を挙げるとは?使い方やショートカットキーなど

テレワーク・在宅勤務のWeb会議やオンライン飲み会ツールとして注目を集める「Zoom(ズーム)」

Zoomは、無料でありながら最大100人の同時接続、画面共有、録画機能、遠隔操作、バーチャル背景など、各種機能が非常に充実しています。

そんな数ある機能の中でも知っておきたいのが、

  • 手を挙げる

です。

手を挙げるを利用すれば、大人数のミーティングでも簡単に参加者の意思確認をすることが可能です。

この記事では、Zoomを大人数で開催するときに覚えておきたい”手を挙げる”について紹介します。

Zoomの手を挙げる機能とは

Zoomの手を挙げる機能とは、学校で手を挙げるように主催者(ホスト)に手を挙げて意思を伝えることです。

例えば、Zoomウェビナー(オンラインセミナー)などで主催者(ホスト)が参加者に

  • この意見に賛成の方は挙手してください。
  • 質問がある方は手を挙げてください。
  • ここまでの説明で不明な点がある方は手を挙げてください。
  • 課題が終わった人から挙手してください。

などを尋ねるときに活用します。

Zoomの手を挙げる機能は、大人数のミーティング時に発言やチャットが把握しきれないときに活躍する仕組みです。

1対1や少人数で行う場合は、あまり活用シーンのないシステムと言えます。

対応機種

Zoomの手を挙げる機能は、パソコン、タブレット、スマートフォンで利用可能です。

Zoomの手を挙げる機能の対応機種一覧
パソコン(PC) Windows、Mac、Linux
タブレット iPad Pro、iPad Air、iPad、iPad mini、Android
スマートフォン iPhone、Android

Zoomの手を挙げる機能の使い方

ここからは、Zoomの手を挙げる機能の使い方を解説していきます。

参加者

手を挙げる機能が使えるのは、参加者のみとなります。

それぞれの端末で若干操作方法が異なるので見ていきましょう。

パソコン

パソコン(Windows / Mac)の場合は「参加者」→「手を挙げる」の順にクリックします。

自分の名前の右横に「挙手のアイコン」が表示されます

やっぱり手を挙げるのを辞めたい場合は「手を降ろす」をクリックすればOKです。

スマートフォン

スマートフォン(iPhone / Android)の場合は「詳細」をクリックします。

「手を挙げる」をタップします。

手を挙げるのをキャンセルする場合は「手を降ろす」をタップすればOKです。

主催者(ホスト)

ここからは、参加者が手を挙げた場合、主催者側の見え方を紹介していきます。

参加者が手を挙げた場合、”◯◯が手を挙げました”というメッセージを確認できます。

下部メニューの「参加者」から手を挙げた参加者を確認することが可能です。(青い手のアイコンが表示されています。)

マウスのカーソルを手を挙げている参加者に合わせれば、主催者側で参加者の手を降ろせます。

参加者一覧から「・・・」→「すべての手を降ろす」を選択することも可能です。

その他、スピーカビューやギャラリービューから手を挙げている参加者を簡単に確認することができます。

Zoomの手を挙げるのよくある質問(Q&A)

Zoomの手を挙げるのよくある質問(Q&A)をまとめています。

Q. 手を挙げるショートカットキーはありますか?

はい。パソコンでは、ショートカットキーを使って手を挙げることが可能です。

Zoomの手を挙げるのショートカットキー一覧表
Windows Mac
手を挙げる Alt + Y Alt + Y
手を降ろす option + Y option + Y

Q. 手を挙げた参加者のカウント方法はありますか?

複数人が手を挙げた場合は”◯人の参加者が手を挙げました”と表示されます。

最後に

今回は、Zoomを活用して大人数でWeb会議やウェビナーを開催するときに便利な”手を挙げる”について紹介しました。

手を挙げるを活用することで一方向のコミュニケーションだけでなく、参加者の意思を簡単に確認することで双方向で質の高いミーティングが可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

サラリーマンをしながら、当ブログを運営していましたが、2018年に独立し現在はフリーランスとして活動しています。今まで、数々のWebサイト・ブログを構築してきました。このブログでは、今までの経験で得た知識を活かし、Web制作・SEO関連を中心に、最新のIT関連ニュースを発信。また、ファイナンシャル・プランナー技能士の資格を活かして金融関係の情報も発信しています。