Zoomにブラウザから参加する方法【インストール不要】

テレワーク・在宅勤務のWeb会議やオンライン飲み会ツールとして注目を集める「Zoom(ズーム)」

以前、当サイトでは、Zoomのインストール方法について解説をしました。

Zoomのインストール方法は?Windows、Mac、スマホ

2020.05.22

基本的には、主催者(ホスト)から届いた招待メールに記載されているURLをクリックすれば、自動的にZoomアプリをダウンロード&インストール可能です。

しかしながら、

「Zoomアプリをインストールしたくない」

「Zoomアプリが何かしらの理由でインストールできない」

という方もいるでしょう。

そんなときは、Zoomアプリをインストールすることなく、Webブラウザから参加することが可能です。

Zoomウェブクライアントについて

冒頭でもお伝えしたとおり、Zoomは、ソフトウェアやプラグインをダウンロードしなくても”サインインなし”でWebブラウザから参加可能です。

Webブラウザは、

  • Internet Explorer 10以降
  • Microsoft Edge 80以降
  • Google Chrome 53.0.2785以降
  • Safari 10.0.602.1.50以降
  • Firefox 76以降

が対応しています。

ZoomをWebブラウザから参加できるのは、パソコンのみです。

スマホ(iPhone / Android)やタブレット(iPad / Android)でZoomを利用する場合は、App StoreまたはGoogle Playから「Zoom Cloud Meetings」アプリをインストールする必要があります。

機能制限

ただし、ZoomをWebブラウザで参加した場合は、一部の機能が制限されるデメリットがあります。

制限される機能は、

などです。

また、画面共有についてもSafariでは対応していません。

ZoomをWebブラウザから参加する方法

実際、ZoomにWebブラウザから参加する方法を見ていきましょう。

まずは、主催者(ホスト)から届いた招待メールなどに記載されている「ミーティングURL」をクリックします。

“システムダイアログが表示したら、Zoom Meetingsを開くをクリックしてくださいを実行してください。”というメッセージが表示されます。

「Zoomをダウンロードして実行してください。」をクリックします。

通常であれば、Zoomのインストーラーが自動的にダウンロードされます。

ZoomをWebブラウザで利用する場合は「ブラウザでから起動してください」をクリックしましょう。

Zoomミーティング時に利用する「名前」を入力します。

「私はロボットではありません」にチェックを入れてから「参加」をクリックしましょう。

“ミーティングのホストが間もなくミーティングへの参加を許可します。”もうしばらくお待ちください。というメッセージが表示されます。

主催者(ホスト)が許可をしたらZoomがWebブラウザでスタートします。

オーディオを利用する場合は、左下の「オーディオのアイコン」をタップします。

「コンピューターでオーディオに参加」をクリックしましょう。

また、カメラを利用する場合は「ビデオカメラのアイコン」をクリックします。

“…4web.zoom.usが次の許可を求めています”というメッセージが表示された場合は「許可」をクリックします。

これでZoomにWebブラウザから参加できました。

最後に

今回は、ZoomにパソコンのWebブラウザから参加する方法を紹介しました。

ただし、Webブラウザで参加する場合は、一部の機能制限があるだけでなく、ビデオ通話中に不安定な場面がありました。

例えば、

  • 画面が遅延する
  • 音声が聞こえない

などです。

そのため、できるだけZoomアプリをインストーラーしてから利用したほうが良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

サラリーマンをしながら、当ブログを運営していましたが、2018年に独立し現在はフリーランスとして活動しています。今まで、数々のWebサイト・ブログを構築してきました。このブログでは、今までの経験で得た知識を活かし、Web制作・SEO関連を中心に、最新のIT関連ニュースを発信。また、ファイナンシャル・プランナー技能士の資格を活かして金融関係の情報も発信しています。