Zoomのインストール方法は?Windows、Mac、スマホ

テレワーク・在宅勤務のWeb会議やオンライン飲み会ツールとして注目を集める「Zoom(ズーム)」

2019年4月に上場したアメリカの新興企業「ズームビデオコミュニケーションズ」が運営しており、世界で2億人超のユーザーが利用しているサービスです。

大きな特徴として、

  • アカウント作成なしで簡単に参加できる
  • ビデオ通話が安定している
  • 100人まで同時接続できる

があり、誰でも無料で利用することができます。

この記事では、注目を集めるZoomのインストール方法を解説します。

Zoomのインストール方法

さっそく、Zoomのインストール方法を解説していきます。

Zoomは、誰でも無料で利用することができ、ダウンロード・インストールに料金が発生することはありません。

パソコン

パソコン(Windows / Mac)にZoomをインストールする場合は『Zoomダウンロードセンター』に移動します。

最上部にある「ミーティング用Zoomクライアント」の「ダウンロード」をクリックします。

WindowsとMacで若干手順が変わってくるので分けて解説していきます。

Windows

Windowsパソコンで「ダウンロード」をクリックすると「ZoomInstaller.exe」というWindows用インストーラーファイルがダウンロードされます。

このファイルをダブルクリックするとZoomのインストールが始まります。

インストール中に「このアプリがデバイスに変更を加えることを許可しますか?(Zoom Video Communications, Inc.)」というメッセージが表示されたら「はい」をクリックしましょう。

Zoomクラウドミーティングアプリが立ち上がったらインストール完了です。

Mac

Macパソコンで「ダウンロード」をクリックすると「Zoom.pkg」というMac用インストーラーファイルがダウンロードされます。

このファイルをダブルクリックします。

Zoomのインストーラーが立ち上がるので「続ける」をクリックします。

“コンピューター上に50.6MBの領域が必要です。”というメッセージが表示されるので問題なければ「インストーラー」をクリックします。

“インストーラーが新しいソフトウェアをインストールしようとしています。許可するにはパスワードを入力してください。”というメッセージが表示されます。

Macにログインするときに利用する「ユーザー名」と「パスワード」を入力してから「ソフトウェアをインストール」をクリックします。

“インストールが完了しました。”というメッセージが表示されたら完了です。

「閉じる」をクリックしましょう。

しばらくするとZoomアプリが立ち上がります。

スマホ(iPhone / Android)

スマホ(iPhone / Android)でZoomアプリをインストールする場合は「App Store」または「Google Play」からインストールできます。

検索ボックスで「Zoom」と検索してから「Zoom Cloud Meetings」をインストールしましょう。

Zoomアプリを起動すると”Start a Meeting Start or join a video meeting on the go”というメッセージが表示されます。

スマートフォンのZoomアプリの名称は「Zoom Cloud Meetings」となります。

「Zoom for Intune」「Zoom」「Zoom for BlackBerry」などと間違えないように注意しましょう。

Zoomに招待されるとソフトウェアが自動ダウンロードされる

Zoomでは、主催者(ホスト)に招待されたユーザーは、サインインなしでミーティングに参加することが可能です。

それだけでなく、Zoomのミーティング参加に必要となるソフトウェアが自動的にダウンロードされます。

まず、主催者(ホスト)から届いた招待メールに記載されているURLをクリックします。

Macパソコンの場合は、Zoomのミーティングの参加に必要となる「Zoom.pks」ファイルが自動でダウンロードされるのでクリックしましょう。

あとは、Zoomインストーラーが立ち上がるので手順に従っていくだけです。

Zoomの公式サイトからソフトウェアを選択してダウンロードする手間が省けるので、パソコン初心者でも簡単にZoomを始めることができます。

Zoomのインストールができないときの原因

ここまで解説した方法でZoomのインストールができない場合は、次のような原因が考えられます。

パソコンのOSが対応していない

ZoomがサポートしているOSは、次のとおりです。

  • Windows 7/8/8.1/10
  • macOS X/10.9以降
  • Ubuntu 12.04以降
  • Mint 17.1以降
  • Red Hat Enterprise Linux 6.4以降
  • Oracle Linux 6.4以降
  • CentOS 6.4以降
  • Fedora 21以降
  • OpenSUSE 13.2以降
  • ArchLinux(64ビットのみ)

※Windows10はHome/Pro/Enterpriseが対応しています。SPモードはサポートされていません。

Windows XP/Vistaなどには対応していないため注意しなければなりません。

ブラウザが対応していない

Zoomをインストールするときは、次のいずれかのブラウザを利用することをおすすめします。

Zoomに対応したブラウザ一覧
Windows IE11以降、Edge12以降、Firefox27以降、Chrome30以降
Mac Safari7以降、Firefox27以降、Chrome30以降
Linux Firefox27以降、Chrome30以降
上記以外のブラウザ(Opera、Vivaldi、Waterfox、Pale
Moon、Sleipnir、Kinza、Braveなど)を利用している場合は、インストールが正常にできない可能性があります。

ブラウザの一つであるGoogle Chromeは、誰でも無料でインストールできるのでオススメです。

セキュリティソフトが邪魔をしている

Zoomをインストールできない場合は、セキュリティソフト(アンチウイルスソフト)がブロックをしている可能性が考えられます。

市販されている代表的なウイルス対策ソフトとしては、

  • ウイルスバスター
  • Norton
  • ESETセキュリティソフト
  • カスペルスキー
  • McAfee(マカフィー)
  • アバストインターネットセキュリティ
  • ZEROスーパーセキュリティ

などがあります。

一時的にセキュリティソフトを停止してから再度Zoomのインストールを試してみましょう。

インターネット回線が不安定

Zoomがインストールできない原因としては、インターネット回線が不安定な可能性も考えられます。

Webブラウザを開いてYou Tubeなどで動画再生をして、インターネットが正常に接続されていることを確認しましょう。

もし、インターネットの通信が不安定の場合は、プロバイダに通信障害が発生していないかを確認したり、少し時間をおいて試してみると良いでしょう。

Zoomのセキュリティ強化なら「VPN」で暗号化通信

Zoomは、豊富な機能を”完全無料”で使えることから企業でも採用されています。

しかしながら、2011年に設立された新興のWeb会議ツールであることからセキュリティ面については、メディアに度々指摘されてきた過去があります。

例えば、

  • Zoomアプリが承諾を得ずにユーザーデータをFacebookに送信していた
  • Zoomでは通信データを「エンドツーエンド暗号化」とうたっていたが厳密には違っていた
  • Windowsのネットワーク認証情報が盗まれる可能性があった

などです。

上記については、現在ほぼ解決されている問題ですが、依然としてセキュリティ不安は拭いきれません。

そこでZoomのセキュリティ対策で有効となるのが、大企業や官公庁でも採用されているインターネット通信の暗号化技術「VPN」です。

数あるVPNサービスの中でもおすすめなのが、世界的に有名な「NordVPN」です。

NordVPNは、世界60ヶ国に5,222台サーバーが置かれています

これによりお住まいの場所に最も近くて余力のあるサーバーを自動的に選択でき、VPNの懸念点の一つである”インターネットが遅くなる”事態を回避して、最速のVPN体験ができるようになっています。

対応機種は、

  • パソコン(Windows、Mac、Linux)
  • タブレット(iPad、Android)
  • スマートフォン(iPhone、Android)

となっており、最大6台の端末を保護することが可能です。

NordVPNについて不明な点や問題があれば、24時間365日の日本語対応カスタマーサポートで気軽に相談することもできます。

\世界59ヶ国で展開!30日間の返金保証あり/



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

サラリーマンをしながら、当ブログを運営していましたが、2018年に独立し現在はフリーランスとして活動しています。今まで、数々のWebサイト・ブログを構築してきました。このブログでは、今までの経験で得た知識を活かし、Web制作・SEO関連を中心に、最新のIT関連ニュースを発信。また、ファイナンシャル・プランナー技能士の資格を活かして金融関係の情報も発信しています。