AirPAYで電子マネー(Apple Pay、iD、QUICPay等)決済対応させよう

リクルートが提供するモバイル決済サービス”AirPAY(エアペイ)”

AirPAYでは、

  • iPadまたはiPhone
  • カードリーダー

を用意することでクレジットカード、電子マネー、QRコード決済などに対応。

今後、ますます広がる”キャッシュレス化”という時代の波に乗ることができます。

コンビニや飲食チェーン店にあるような大型のPOSレジを設置する必要はなく、導入・運用費用は0円から利用可能です。

この記事では、AirPAYで対応している電子マネーについて紹介していきます。

AirPAYでは電子マネー決済ができる

AirPAYでは、電子マネーに対応させることができます。

現在、

  • 交通系電子マネー
  • Apple Pay
  • iD
  • QUICPay

の4種類に対応しています。

電子マネーは、カードの読み取り機に「ピッ」とかざすだけで決済できます。

また、あらかじめチャージ(入金)して利用するプリペイド式が主流なことから、クレジットカードのように使いすぎる心配もありません。

現金を持ち歩く必要がなく、サインや暗証番号の入力の必要がない手軽さから多くの方に支持されている決済方法です。

交通系電子マネー

交通系電子マネーとは、交通機関が発行する電子マネーで主に公共交通機関(電車、バスなど)で利用できます。

対応中 Kitaca、Suica、PASMO、TOICA、manaca、ICOCA、SUGOCA、nimoca、はやかけん
交通系電子マネーを利用することで、切符を購入する手間が省けるだけでなく、乗車料金が割引されるなどの特典があることから利用率も高くなっています。

Apple Pay

Apple Pay(アップルペイ)とは、Appleが提供する「iPhone(iPhone7以降)」や「Apple Watch(2以降)」をかざして決済できるサービスです。

Walletアプリに

  • クレジットカード
  • 電子マネー(Suica、iD、QUICPay)

を紐付けることでApple Payで決済ができます。

iPhoneは、国内市場で圧倒的なシェアを誇る機種です。

Apple Payでは、財布からクレジットカードを取り出す手間が省けるだけでなく、お得なキャンペーンを実施していることから、利用者数も多くなっています。

iD

iD(アイディー)とは、NTTドコモが提供する電子マネーで国内発行枚数は約3,000万枚を誇ります。

iDは、

  • スマートフォン(Apple Pay / おサイフケータイ)
  • iD搭載(一体型)のクレジットカード
  • iD専用カード
  • メルペイ

で使うことができます。

メルペイでは、

  • 電子マネー「iD」
  • QR・バーコード

の2つの方法で決済することができます。

つまり、店舗をiD決済に対応させると同時に”メルペイ決済”にも対応することいことです。

メルペイは、メルカリの売上金を利用できたり、大規模キャンペーンを実施していることから、利用者が急上昇しています。

関連:AirPAY(エアペイ)でメルペイ決済ができる!メリットは?

QUICPay

QUICPay(クイックペイ)とは、JCBが展開するクレジットカードと紐づけて使える電子マネーです。

QUICPayは、

  • スマートフォン(Apple Pay / おサイフケータイ)
  • QUICPay搭載(一体型)のクレジットカード
  • QUICPay専用カード

で使うことができます。

QUICPayでは、スマホで気軽にクレジットカード決済ができるだけでなく、お得なキャンペーンも実施しています。

最後に

今後、政府では、2019年10月の消費税増税に合わせてキャッシュレス化の促進を加速させる予定です。

その一つがキャッシュレス決済を対象とした政府主導の最大5%のポイント還元であり、消費者の現金離れが加速されていくことが予想されます。

現金を多く持ち歩かないお客様が増えれば、それだけ知らず知らずのうちに機会損失が増えていくことになります。

AirPAYでは、導入・運用費用は0円で店舗をキャッシュレス化に対応させることが可能です。

集客にお悩みの店舗は検討されてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

サラリーマンをしながら、当ブログを運営していましたが、2018年に独立し現在はフリーランスとして活動しています。今まで、数々のWebサイト・ブログを構築してきました。このブログでは、今までの経験で得た知識を活かし、Web制作・SEO関連を中心に、最新のIT関連ニュースを発信していきたいと思います。