さくらのレンタルサーバでWordPressを独自SSLのサブドメインでインストールする方法

新しくホームページを立ち上げるとき、新規ドメインを取得せずに”サブドメイン”を用いることがあります。

サブドメインとは、1つの独自ドメインを複数に分割したものであり、テーマを分けたいときに活用されるケースが多いです。

例えば、大手検索サイト「Yahoo! JAPAN」では、次のようにサブドメインを使い分けています。

サービス ドメイン
Yahoo! JAPAN https://www.yahoo.co.jp/
Yahoo!ショッピング https://shopping.yahoo.co.jp/
ヤフオク! https://auctions.yahoo.co.jp/
Yahoo!トラベル https://travel.yahoo.co.jp/
Yahoo!ニュース https://news.yahoo.co.jp/
Yahoo!ファイナンス https://finance.yahoo.co.jp/

赤い文字がサブドメインとなります。

サブドメインは、完全無料で作成することができ、運用コストや手間を下げたり、Yahooのように既存ブランドで別テーマのサービスを展開できるメリットもあります。

この記事では、さくらのレンタルサーバでWordPressを独自SSLのサブドメインでインストールする方法を紹介します。

さくらのレンタルサーバにサブドメインを追加

まずは、さくらのレンタルサーバにサブドメインを追加していきます。

すでにドメイン管理会社(お名前.comなど)で独自ドメインを取得して、さくらのレンタルサーバとネームサーバー変更により関連付けているものとします。

さくらのレンタルサーバの『サーバコントロールパネル』に移動してから、ドメイン名とパスワードを入力してログインをします。

ドメイン名とパスワードは、さくらのレンタルサーバを契約した後、登録したメールアドレスに宛に届く”[さくらのレンタルサーバ] 仮登録完了のお知らせ”に記載されています。

左メニューのドメイン設定の項目にある「ドメイン/SSL設定」をクリックします。

「新しいドメインの追加」をクリックします。

「>>ドメインの追加へ進む」をクリックします。

今回は、すでにさくらのレンタルサーバで運用しているブログ「cartoonjp.xyz」にサブドメインを追加していきます。

ドメイン名に「サブドメイン(例:sub)」、その右側に「独自ドメイン(例:cartoonjp.xyz)」を入力して、「送信する」をクリックしましょう。

“以下のドメイン名を、サーバサービスに追加しますがよろしいですか?”と聞かれるので「送信する」をクリックします。

これでサブドメインの追加が完了しました。

WordPressをサブドメインにインストールする

WordPressをサブドメインにインストールしていきます。

手順としては、

  • データベースの作成
  • WordPressのインストール

となります。

データベースの作成

WordPressでは、作成記事や設定項目などは「データベース」に格納される仕組みとなっています。

そのため、WordPressをインストールするにあたっては、データベースの作成をしなければなりません。

まず、さくらのレンタルサーバの「サーバコントロールパネル」に移動してから、左メニューのアプリケーションの設定にある「データベースの設定」をクリックします。

「データベースの新規作成」をクリックします。

サブドメインのWordPressで使用するための「データベース名(例:sub4892)」を設定。

データベース文字コードは「UTF-8(utf8mb4)」を選択して「注意制限事項」に同意をして「データベースを作成する」をクリックします。

※過去にさくらのレンタルサーバでWordPressをインストールをしたことある場合「データベース ユーザー名」「接続用パスワード」は、すでに設定しているはずです。

これでデータベースの作成は完了です。

ここに表示される情報は、サブドメインでのWordPressのインストール時に必要となるのでメモしておきましょう。

WordPressのインストール

さくらのレンタルサーバでは、WordPressのインストールが簡単にできるツールが提供されています。

左メニューの運用に便利なツールにある「クイックインストール」をクリックします。

カテゴリメニューの中から「ブログ」をクリックします。

「WordPress」をクリックします。

「ライセンス」「インストール規約」に同意をします。

「インストール先」には、先ほど追加したサブドメインを選択。

右側には”さくらのレンタルサーバにサブドメインを追加”で指定した「マルチドメインの対象のフォルダ(例:sub)」を入力しましょう。

「データベース」には、データベース作成時に入力した「データベース名(例:sub4892)」が記載されているものを選択。

「データベースパスワード」には、初めてデータベースを作成したときに設定したパスワードを入力。

「テーブルの接頭語」はそのままでOKです。

最後に「インストール」をクリックしてください。

これでWordPressのインストールは完了しました。

ここでの注意点として「>> アプリケーションの設定へ進む <<」はクリックしないでください。

ドメインの設定

さくらのレンタルサーバの「WordPressのクイックインストール」の欠点として、ドメイン直下にならない点があげられます。

具体的には、トップページをドメイン直下の「http://cartoonjp.xyz」としたいのに「http://cartoonjp.xyz/wp」でアクセスしなければなりません。

これを修正するためにちょとした設定が必要となってきます。

左メニューのドメイン設定の項目にある「ドメイン/SSL設定」をクリックしてください。

WordPressブログに使うドメインの「変更」をクリックします。

「マルチドメインとして使用する(推奨)」を選択します。

指定フォルダには、WordPressインストール時に「インストール先」に入力した「/sub」を入力してから「送信」をクリックします。

「ドメイン詳細設定 完了」と表示されたら無事完了です。

ドメイン直下「http://sub.cartoonjp.xyz」でアクセスできるようになりました。

「>>ドメイン一覧へ戻る<<」をクリックしてください。

「サブドメイン(例:sub.cartoonjp.xyz)」をクリックします。

WordPressの初期設定

サイトのタイトルを入力(あとで変更できます。)

WordPressのログインに使用する「ユーザー名」「パスワード」「メールアドレス」を入力してから「WordPressをインストール」をクリックします。

成功しました!と表示されれば、WordPressの初期設定は完了です。

「ログイン」をクリックしましょう。

WordPressの管理画面もサブドメインで表示されています。

独自SSLの設定

本当なら、ここでWordPressの導入は完了となりますが、今回は、検索にも上位に表示されやすいブログを構築するため「独自SSL」を導入します。

そのために

  • さくらのレンタルサーバ
  • WordPress

で設定が必要です。

さくらのレンタルサーバの契約者は、独自SSL(https://~)であるLet’s Encrypt(レッツエンクリプト)が完全無料で利用できます。

さくらのレンタルサーバ

まず、さくらのレンタルサーバの「サーバコントロールパネル」に移動してから、左メニューのドメイン設定の項目にある「ドメイン/SSL設定」をクリックしてください。

サブドメインの証明書項目にある「登録」をクリックします。

「無料SSLの設定へ進む」をクリックします。

「無料SSLを設定する」をクリックすれば完了です。

反映されるまでに数十分〜数時間かかる場合があります。

最後に「サイトの転送(リダイレクト)方法について [ http ⇒ https ]」に記載されている「https://~」から始まるURLにアクセスします。

独自SSLが反映されていれば、正常にトップページが表示さます。

WordPress

本来、WordPressで独自SSLを反映させるには、「.htaccess」ファイルにコードを打ち込む必要があります。

さくらのレンタルサーバでは、便利なプラグインが用意されていて、とても簡単に独自SSLの設定をすることが可能です。

WordPressにログインしてから「プラグイン」→「新規追加」をクリックします。

右上の検索ボックスに「さくらのレンタルサーバ 簡単SSL化プラグイン」と入力すると、検索結果に表示されるので「今すぐインストール」→「有効化」をクリックします。

続いて「設定」→「SAKURA RS SSL」をクリックします。

「共有SSLを利用している、もしくはSSL証明書をレンタルサーバコントロールパネルから設定した」「実際にSSLを利用してサイトと管理画面へアクセスできる。」にチェックを入れてから、「SSL化を実行する」をクリックしましょう。

WordPressのログイン画面が表示されるので、ログインをしましょう。

これでWordPressの独自SSL化は完了しました。

最後に

無事に独自SSLのサブドメインでWordPressを構築できましたか?

WordPressは、慣れてしまえば、手打ちでホームページを作るより、簡単、早く、確実に記事を投稿できる素晴らしいソフトです。

無料ブログ(はてなブログ、Amebaブログ、ライブドアブログなど)のように、突然サービスが終了したり、有料広告が表示されたり、運営者側の方針(利用規約違反など)で勝手に記事を消される、といったこともなく、安心してブログを続けていられます。

また、WordPressには、さまざまなテーマが用意されており、ボタンひとつで簡単に美しいデザインのブログにすることが可能。

例えば、当ブログでも採用している「ハミングバード」であれば、ブログ初心者でも美しいデザインになります。是非ご活用ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

サラリーマンをしながら、当ブログを運営していましたが、2018年に独立し現在はフリーランスとして活動しています。今まで、数々のWebサイト・ブログを構築してきました。このブログでは、今までの経験で得た知識を活かし、Web制作・SEO関連を中心に、最新のIT関連ニュースを発信。また、ファイナンシャル・プランナー技能士の資格を活かして金融関係の情報も発信しています。