WealthNavi for ネオモバなら最低金額1万円から!手数料などを比較

賢い頭脳を持ったロボットが全自動で資産運用してくれる”WealthNavi(ウェルスナビ)”

個人投資では難しい分散投資(米国株、日欧株、新興国株、米国債券、物価連動債、金、不動産)ができ、感情に左右されない理論的な投資が可能です。

2016年7月にサービスを開始してから約3年余りで預かり資産は1,400億円、申込件数19万口座を突破しました。

この記事では、SBIネオモバイル証券が提供する「WealthNavi for ネオモバ」について解説していきます。

WealthNavi for ネオモバとは

WealthNavi for ネオモバとは、本家「WealthNavi(ウェルスナビ)」の機能はそのままに料金プランが変更されたサービスです。

2019年4月10日より、

  • オンライン証券会社「SBI証券」
  • TSUTAYAの運営元「CCCマーケティング」

の提携により設立された「SBIネオモバイル証券」によってサービスが開始されました。

大きな特徴として、少額から投資をはじめられることがあげられ、若年層や投資経験の少ない方をターゲットとしています。

「WealthNavi for ネオモバ」と「WealthNavi」の比較

それでは「WealthNavi for ネオモバ」と本家「WealthNavi(ウェルスナビ)」の違いは何でしょうか?見ていきましょう。

「WealthNavi for ネオモバ」と「WealthNavi」の比較表
WealthNavi for ネオモバ WealthNavi
最低投資額 1万円 10万円
最低積立額 5,000円 1万円
月額利用料 200円
※毎月Tポイントが200pt付与される。
無料
運用手数料 年率1%
※3,000万円を超える部分は年率0.5%
運用手数料の長期割
入金手数料 無料
出金手数料 無料
売買手数料 無料
為替手数料 無料
スマホアプリ

※手数料や月額利用料は税抜で記載しています。

大きく違うのは、

  1. 月額利用料
  2. 最低投資額
  3. 最低積立額
  4. 運用手数料の長期割

の4点です。

月額利用料

WealthNavi for ネオモバとは、貯まったTポイントで株式投資ができる「ネオモバ」が提供しているサービスの1つです。

ネオモバでは、自分の好きな銘柄を1株単位(ワンコイン)で購入することができ、売買手数料が定額なことから初心者でも始めやすくなっています。

売買手数料は毎月200円~の定額制となっており、月間の株式取引約定代金合計額によって変動します。

月間の株式取引約定代金合計額 サービス利用料
0円~50万円以下 200円(税込216円)
50万円超~300万円以下 1,000円(税込1,080円)
300万円超~500万円以下 3,000円(税込3,240円)
500万円超~1,000万円以下 5,000円(税込5,400円)
以下、100万円ごとに1,000円(税込1,080円)が加算されます。(上限なし)
株式の売買をしなくても月額利用料200円(税込216円)がかかります。

ただ、その補填策として、

  • 期間固定Tポイントが200ポイント
  • サービス利用料の1%のTポイント

が毎月付与されるので、実質の手数料は14円(= 216円 – 202円)となります。

次の記事でも紹介しているとおり、ネオモバの売買手数料は他社と比較しても安い傾向があります。

SBIネオモバイル証券の手数料は実質14円の定額制!他社とも比較した

2019.06.10

最低投資額

WealthNavi for ネオモバを選ぶ最大のメリットは、最低投資額1万円から始めることができる点です。

この記事を読んでいる投資初心者にとっての心配事は、

「お金の知識がないけど大丈夫だろうか」

「大きく損をしてしまったらどうしよう」

といったことではないでしょうか?

WealthNaviは、ロボットアドバイザーにより自動的に投資してくれるので、金融の知識がなくてもプロの頭脳にお任せして始めることが可能です。

しかし、本家「WealthNavi」では、最初から10万円以上を用意して運用する必要があり、その分、リスクも高くなります。

例えば、運用に失敗して5%のマイナスが発生したときは、1万円では500円の損失で済みますが、10万円では5,000円(10倍)の損失が発生してしいます。

WealthNavi for ネオモバは、通常より10分の1の少額から投資をスタート可能。

「どのように使うのか?」「本当に利益が増えるのか?」を確認しながら安全に投資額を増やすことができます。

最低積立額

WealthNavi for ネオモバでは、積立投資の最低投資額も通常の2分の1の毎月5,000円から始めることが可能です。

積立投資とは、毎月「決まった日」に「決まった金額」を自動で投資する方法をいいます。

例えば、毎月1日に5,000円を投資するといった具合です。

これにより、

「一時的な相場の変動に一喜一憂されない」

というメリットがあります。

僕自身10年間以上にわたり株式投資をしてきました。

これまでリーマンショックやアベノミクスなど多くの相場を経験してきましたが、今振り返って損失を出してきたのは冷静な判断ができなかったときです。

基本、株で儲ける鉄則は、安いときに買って、高いときに売ることです。

しかし、株価が上がり調子のときは、テレビやネットニュースでも騒ぎ立てられ、「今買わなきゃ損!」と冷静な判断ができずに高値掴みをするケースを数多く経験しました。

(未だにIR関連株として一時的に急上昇した銘柄を塩漬けで保有しています。)

本来であれば、リーマンショック級の暴落後があり、市場が完全に冷え込んだときに株や国債を仕込むのが良いですが、そのときは「もう、株は上がることはないだろう。」という心理に陥ってしまい株を購入する勇気が持てません。

その点、積立投資であれば、このような心理的を一切排除して機械的に投資を継続できます。

ここで紹介したように毎月一定額を積立投資する手法は「ドル・コスト平均法」とも呼ばれ、初心者でも成功しやすい投資手法と言われています。

運用手数料の長期割

WealthNavi for ネオモバには、本家「WealthNavi」にある長期割の制度がありません。

長期割とは、WealthNaviの運用期間と運用金額に応じて、6ヶ月ごとに手数料の割引が拡大するプログラムです。

出典:WealthNavi

毎月1日に判定があり、

  • 運用金額が50万円以上ある
  • 6ヶ月間出金をしない

という条件に当てはまると7ヶ月目から手数料が年率0.01%(200万円以上は年率0.02%)割り引かれます。

出金をしない限りは、6ヶ月ごとに段階的に下限となる0.9%まで手数料が下がります。

運用金額が50万円以上で長期間にわたって運用するのであれば、本家『WealthNavi』がお得になります。

WealthNavi for ネオモバの始め方

WealthNavi for ネオモバを始めるには、まずはSBIネオモバイル証券の口座開設をする必要があります。

口座開設は簡単です。

まず、ネオモバの公式サイトの「口座を開設する」から基本情報の入力と本人確認書類のアップロードを行います。

数日後に郵送で「口座開設完了のご案内」が届くので記載されたパスワードでログインすれば完了です。

実際の口座開設の手順は『ネオモバでTポイント株式投資をしよう!実際に口座開設&使ってみた』でも解説しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

サラリーマンをしながら、当ブログを運営していましたが、2018年に独立し現在はフリーランスとして活動しています。今まで、数々のWebサイト・ブログを構築してきました。このブログでは、今までの経験で得た知識を活かし、Web制作・SEO関連を中心に、最新のIT関連ニュースを発信。また、ファイナンシャル・プランナー技能士の資格を活かして金融関係の情報も発信しています。