AirPAY(エアペイ)は分割払いに対応してる?クレカの決済方法まとめ

大手リクルートが提供するモバイル決済サービス”AirPAY(エアペイ)”

AirPAYを導入することにより

  • クレジットカード
  • 電子マネー
  • QRコード・バーコード

といったあらゆるキャッシュレス決済に対応できます。

そして、ホームページで”Airペイなら業界最安水準の決済手数料、かつ月額固定費・振込手数料は0円です”とうたわれているとおり、決済手数料の安さが大きなメリットです。

AirPAY(エアペイ)の決済手数料は業界最安値!他社モバイル決済と比較

2019.05.20

この記事では、AirPAYの導入を検討している方に向けて決済方法(1回払い、分割払い、リボ払い、ボーナス払い)の対応状況について解説していきます。

AirPAYの決済方法

先に結論を言っておくと、AirPAYは1回払い(一括払い)のみ対応しています。

AirPAYのクレジットカードの決済方法一覧
1回払い
分割払い
(2回払い、3回払いなど)
リボ払い
ボーナス払い

※電子マネー、QRコード・バーコードには、分割払い等の仕組みはありません。

分割払いに対応していない

AirPAYは分割払いには非対応です。

全国展開するチェーン店などでは、クレジットカードで買い物をするときに”分割払い”も選択できます。

お客様にとっては、分割払いを利用することで支払いの先延ばしができ、まとまったお金がないときでも高額商品を購入可能です。

例えば、50万円の商品を”分割払い”で購入するとき、月々の支払いは次のようになります。

  • 50万円を5回払い:毎月10万円 × 5ヶ月
  • 50万円を10回払い:毎月5万円 × 10ヶ月
  • 50万円を20回払い:毎月2.5万円 × 15ヶ月

※実際には分割払い(3回目以降)には、手数料として年利12~15%ほどがかかってきます。

次回の請求日に50万円を一括で支払うべきところ、毎月2万5,000円となりました。

高額商品を扱っている場合は、分割払いを希望するお客様も多いので、従業員にも周知しておくことが重要です。

あとから分割はできる

先ほどもお伝えしたとおり、AirPAYでの支払いは1回払いのみとなります。

ただし、クレジットカードによっては、1回払いで決済したあとに「分割払い」「リボ払い」に変更することもできます。

「どうしても分割払いをしたい」というお客様に対しては、

  • あとから分割
  • あとからリボ

の案内をすると良いでしょう。

※クレジットカードによって対応状況が違ってくるので、お客様ご自身でクレジットカード会社に連絡するようにお願いするようにしましょう。

お客様が「あとから分割」「あとからリボ」をした場合でもAirPAYの入金サイクルには影響しないので安心してください。

他社モバイル決済サービスの対応状況

さらに主要なモバイル決済サービスの実店舗における決済方法も比較をしてみました。

Square 楽天ペイ AirPAY
1回払い
分割払い
リボ払い
ボーナス払い

※楽天ペイは「オンライン決済」のみ分割払いに対応しています。

基本的にタブレットやスマートフォンで簡単に導入できる「モバイル決済サービス」は、クレジットカードの分割払いに対応していないということですね。

まとめ

  • AirPAYでクレジットカード決済をする場合は「1回払い(一括払い)」のみ対応している
  • クレジットカード会社によっては「あとから分割」「あとからリボ」で対応できるケースもある(お客様ご自身で要確認)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

サラリーマンをしながら、当ブログを運営していましたが、2018年に独立し現在はフリーランスとして活動しています。今まで、数々のWebサイト・ブログを構築してきました。このブログでは、今までの経験で得た知識を活かし、Web制作・SEO関連を中心に、最新のIT関連ニュースを発信していきたいと思います。