Airレジ(Airペイ)はAndroidタブレットに対応してる?

リクルートが提供するPOSレジアプリ”Airレジ(エアレジ)”

Airレジでは、

  • モバイル端末
  • インターネット環境

を用意するだけで、会計や売上分析などが無料で行えます。

Airレジ公式サイトを確認するとモバイル端末として「iPad」「iPhone」の例があげられていますが、Android端末でも利用することはできるのでしょうか?

AirレジはAndroid端末には対応していない

先に言っておくと、AirレジはAndroid端末(タブレット、スマートフォン)には対応していません。

以前は、Android端末に対応していましたが、2016年3月28日にAndroid版Airレジアプリの提供が終了したようです。

平素よりAirレジをご愛用いただきまして誠にありがとうございます。

この度、Android版 Airレジアプリはサービスを提供するOSの見直しに伴い、2016年6月下旬をもって終了といたします。

なお、お客様の会計・設定などのすべてのデータはクラウド上に保存されているため、Android版 Airレジアプリの提供終了後も削除されることはありません。iOS版 Airレジアプリから現在ご利用中のAirID(アカウント)でログインいただければ、引き続きそのままご利用いただけます。

出典:Airレジ「Android版 Airレジアプリ提供終了のお知らせ」

AirペイならiPadを無料レンタルできる

Airレジを導入したいけど、Android端末しか持っていない・・・。

そんな方は、モバイル決済サービス「Airペイ」が実施しているキャッシュレス0円キャンペーンを活用しましょう。

次の2つの条件を満たすことで通常4万円以上するiPadが0円でレンタルできる太っ腹なキャンペーンです。

  1. AirPAYをキャッシュレス0円キャンペーン中に新規申し込み
  2. キャッシュレス・消費者還元事業の登録

今すぐキャンペーンページをチェックしましょう。

Airペイとは、クレジットカード、電子マネー、QRコード・バーコードなど、あらゆるキャッシュレス決済に対応できるサービスです。

Android端末対応のモバイル決済サービス

Android端末を利用したいのであれば、他のモバイル決済サービスも検討してみましょう。

モバイル決済サービスのAndroid端末対応状況は、次のとおりです。

モバイル決済サービスのAndroid端末対応状況
Airペイ
楽天ペイ
Square
おてがるPay
Coiney

Square(スクエア)

Squareは、Twitterの創業者である「ジャック・ドーシー」が開発したアメリカ発のモバイル決済サービスです。

アメリカでは、ダントツのシェアを誇り、多くの店舗で支持されています。

日本では、三井住友フィナンシャルグループと提携して進出しており、積極的なテレビCM・広告活動から加盟店数を伸ばしています。

初期費用 実質無料
月額料金 無料
決済手数料 3.25~3.95%
(2020年7月1日まで2.16%)
振込手数料 0円
入金サイクル 翌日入金

決済方法は、

  • クレジットカード(Visa、JCB、Mastercard、American Express、Discover、Diners Club)

合計6種類に対応しています。※今後、電子マネーにも対応予定です。

他のモバイル決済サービスと比べて、審査がスムーズで早く導入したい方にオススメとなっています。

また、期間限定で決済金額30万円分にかかる手数料が無料になるキャンペーンも実施されており、お得に導入が可能です。

おてがるPay

おてがるPayは、JCB・三菱UFJニコス・UCカードの出資により設立された「JMS(ジェイエムエス)」が提供するモバイル決済サービスです。

初期費用 実質無料
月額料金 無料
決済手数料 3.24~3.74%
(2020年7月1日まで2.16%)
振込手数料 0円
入金サイクル 最大で月6回

決済方法は、

  • クレジットカード(Visa、JCB、Mastercard、American Express、Discover、Diners Club、銀聯カード、MUFGカード、DCカード、三菱UFJカード、ニコスカード、UCカード)
  • ギフトカード(JCBプレモ)
  • 電子マネー(Apple Pay、Google Pay、QUICPay+、iD、Kitaca、Suica、PASMO、TOICA、manaca、ICOCA、SUGOCA、nimoca、はやかけん)

合計26種類に対応しています。

中国国民の9割が保有する銀聯カードの対応やクレジットカードの分割払いに対応していることが大きな特徴です。

Coiney(コイニー)

Coiney(コイニー)は、東京都渋谷区に本社を置く日本発のモバイル決済サービスです。

テレビCMにより知名度を上げており、多くの導入実績があります。

初期費用 実質無料
月額料金 無料
決済手数料 3.24~3.74%
(2020年7月1日まで2.16%)
振込手数料 条件付きで0円
入金サイクル 最大で月6回

決済方法は、

  • クレジットカード(Visa、JCB、Mastercard、American Express、Discover、Diners Club)
  • 電子マネー(Kitaca、Suica、PASMO、TOICA、manaca、ICOCA、SUGOCA、nimoca、はやかけん)
  • スマホ決済(WeChat Pay)

合計16種類に対応しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

サラリーマンをしながら、当ブログを運営していましたが、2018年に独立し現在はフリーランスとして活動しています。今まで、数々のWebサイト・ブログを構築してきました。このブログでは、今までの経験で得た知識を活かし、Web制作・SEO関連を中心に、最新のIT関連ニュースを発信。また、ファイナンシャル・プランナー技能士の資格を活かして金融関係の情報も発信しています。