au PAYの利用上限金額は25万円!クレカチャージの上限に注意

大手通信会社KDDIが提供するスマホ決済「au PAY」

au PAYでは、

  • 誰でも毎週10億円!もらえるキャンペーン

などのさまざまなキャンペーンが実施されており、auユーザー以外でもお得に買い物をすることができます。

1人あたりの還元上限は最大7万円となっており、ここ最近のスマホ決済キャンペーンの中では驚くべき還元施策となっています。

さて、ここで気になってくるのが、au PAYで1回あたりに利用できる上限金額です。

家電などの高額商品を購入するのであれば、ぜひ知っておきたい情報となります。

au PAYの1回あたりの利用上限金額は25万円

au PAYの1回あたりの利用上限金額は25万円です。

つまり、税込25万円以内の商品であれば、au PAYで購入することができます。

1回あたりの利用上限金額が25万円であれば、ハイエンドモデルのスマートフォン、パソコン、テレビ、洗濯機、冷蔵庫、電子レンジも購入できますね。

2020年2月4日から利用上限金額が上がった

au PAYでは、2020年2月4日から利用上限金額が49,999円 → 25万円に上がりました。

そのため、ネット上の過去の記事では「au PAY 上限」と検索しても1回あたりの利用上限金額は5万円未満と案内されていることがあります。

Q.【au PAY】1回の支払上限金額はいくらですか?

A. 1回あたりのお支払い可能額は5万円未満です。
1日あたりのお支払いは5万円を超えてもご利用可能です。

出典:au「よくある質問」

2020年2月10日から実施される「誰でも毎週10億円!もらえるキャンペーン」に合わせて1回あたりのお支払い上限金額がアップしました。

このことは、キャンペーンページのau PAYご利用条件でも”【2020年2月4日より、上限額250,000円(税込)に変更】”と明記されていました。

クレジットカードチャージの上限は月間25万円

au PAYのクレジットカードでチャージできる金額は月間25万円までとなる点に注意が必要です。

そのため、au PAYキャンペーン期間中などに25万円以上の買い物を考えているなら、クレジットカード以外にもチャージ方法を用意しておく必要があります。

au PAYの他のチャージ方法としては、

  • auかんたん決済(auユーザーのみ)
  • じぶん銀行
  • auショップ
  • ローソン
  • セブン銀行ATM
  • au WALLETポイント

の合計6種類のがあります。

この中でも便利なチャージ方法がセブン銀行ATMとなります。

全国2万5,000台以上(セブンイレブン、イトーヨーカドー、商業施設、駅・空港など)に設置されているセブン銀行ATMから最大50万円(1,000円単位)までチャージすることが可能です。

まず、セブン銀行ATMの「スマートフォンで取引」を選択します。

au WALLET アプリを起動してから「チャージ」→「セブン銀行ATMチャージ」をタップします。

セブン銀行ATMでのチャージ(入金)方法が表示されるので「QRコードをスキャン」をタップします。

スマートフォンのカメラが起動するのでセブン銀行ATMの画面に表示されている「QRコード」を読み取ります。

セブン銀行ATMの入力画面で企業番号「8434」を入力して確認を押します。

セブン銀行ATMの案内に従って入金手続きをすれば、au PAY残高へのチャージは完了です。

クレカなら2重取りができる

ただ、au PAY残高にチャージするならクレジットカードから優先的に行うことをおすすめします。

なぜなら、au PAYでは、au PAY残高にチャージするときに「クレジットカード」を利用することでポイントの2重取りができるからです。

例えば、誰でも毎週10億円!もらえるキャンペーンを組み合わせれば、

  • au PAYキャンペーン:還元率20%
  • クレジットカードチャージ:還元率1%(楽天カード)

の2重取りにより最大21%還元が可能になります。

ただし、この方法が使えるのは、月間10万円までとなるので注意しましょう。

au WALLET 残高の上限は100万円

au WALLET残高にチャージできる上限金額は100万円となります。

※KDDIからのキャンペーン等でチャージする場合は、100万円を超える場合があります。

au WALLET残高は、

  • au PAY
  • au WALLET プリペイドカード

のいずれかを使うことで消費していきます。

au PAYでは1回あたりの利用上限金額が25万円となっていますが、au WALLET プリペイドカードであれば残高分だけ利用することが可能です。

「高額商品を購入したいけど、クレジットカードの利用上限額が少ない。」

そんなときに”au WALLET プリペイドカード”を利用すれば、還元率0.5%でお得に買い物をすることができます。

au WALLET プリペイドカードは、auユーザー以外であっても「じぶん銀行」の普通預金口座を開設することにより発行することが可能です。

au PAY残高にチャージするならAmazonカードがおすすめ

au PAYのクレジットカードチャージは、一部のVISAブランドしか対応していません。

そのため「au PAYにチャージできない」という方も多いでしょう。

そこでおすすめなのが、au PAY残高のチャージにも対応しているAmazonカードです。

Amazon Mastercard クラシックでは、

  • 初年度年会費無料(年1回以上の利用で翌年以降も無料)
  • Amazonの買い物で還元率2%(Amazon以外でも還元率1%)
  • Amazonプライムデー・サイバーマンデーなどのセール時に還元率UP
  • Amazonポイントが自動的に貯まる
  • 入会特典ポイントがもらえる(記事執筆時手は5,000ポイントプレゼント)

といったメリットがあります。

created by Rinker
三井住友カード株式会社
¥1 (2021/12/08 15:02:16時点 Amazon調べ-詳細)

さらにAmazon Mastercard ゴールドであれば、年会費11,000円(マイ・ペイすリボの登録などで実質4,400円)はかかりますが、

  • Amazonの買い物で還元率2.5%(Amazon以外でも還元率1%)
  • Amazonプライムの年会費が無料(通常4,900円)
  • 国内主要航空ラウンジの利用料が無料
  • 最大5,000万円の海外・国内旅行傷害保険が付帯

といったお得なメリットがあります。

特にAmazonユーザーであれば、入っていて損はないクレジットカードです。

created by Rinker
三井住友カード株式会社
¥1 (2021/12/08 15:02:17時点 Amazon調べ-詳細)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

サラリーマンをしながら、当ブログを運営していましたが、2018年に独立し現在はフリーランスとして活動しています。今まで、数々のWebサイト・ブログを構築してきました。このブログでは、今までの経験で得た知識を活かし、Web制作・SEO関連を中心に、最新のIT関連ニュースを発信。また、ファイナンシャル・プランナー技能士の資格を活かして金融関係の情報も発信しています。