メルペイあと払いの利用上限金額・残枠を10万円に引き上げる方法

フリマアプリのメルカリが提供するスマホ決済サービス”メルペイ”

記事執筆現在、メルペイでは、

が実施されていますが、還元の条件となっているのがメルペイあと払いです。

メルペイあと払いとは、メルペイ残高(銀行口座)にお金がなくても、ツケ払い(=あとで支払う)ことのできる便利な支払い方法です。

しかし、メルカリのアカウントを開設したばかりで残枠が500円だけという方も多いのではないでしょうか?

この記事では、メルペイあと払いの利用上限金額・残枠を最大10万円に引き上げる方法を解説します。

メルペイあと払いの利用上限金額・残枠を設定する方法

次は、僕が1ヶ月ほど前に”メルペイあと払い”の設定をしたときの残枠です。

メルペイあと払いの設定方法は、次の記事で紹介しています。

メルペイあと払いの使い方・設定方法を分かりやすく解説

2019.04.28

今までメルカリ・メルペイを利用したことがなかったので、利用上限金額は500円が限度となっていました。

あれからメルペイを利用して実店舗で買い物をしたり、友達紹介をしたので利用上限金額は引き上げられているはずです。

まずは、メルペイあと払い残枠を限界まで引き上げる設定をしていましょう。

メルカリアプリの「メルペイ」の下部にある「メルペイ設定」をタップします。

「あと払い利用上限金額」をタップします。

利用上限額を選択しましょう。

僕の場合は、利用上限額を10,000円まで引き上げることができました。

これでメルペイあと払い残枠が10,000円に設定されています。

メルペイあと払いの利用上限金額を引き上げる方法

メルペイあと払いの利用上限金額は、運営側が独自に判断した信用状態によって決定されます。

どのような基準で利用上限額を決定しているかは非公開となっていますが、ネット上の情報を総合するとメルカリまたはメルペイの取引数・利用状況に応じて残枠が決定されるようです。

筆者は、実店舗でメルペイのみの支払いで”メルペイあと払い残枠”は10,000円となりました。

もし「メルペイあと払い残枠を増やしたい!」という場合は、

  • メルカリで売買
  • 実店舗でメルペイ払い(iDまたはコード払い)

をすると利用上限金額が増える可能性があります。

18歳未満はメルペイあと払いを利用できない

メルペイあと払いは、クレジットカードと同じく利用者の信用に基づいて、メルカリが代金を一時的に立て替えて後払いするシステムです。

そのため、社会的責任を自分で負えない18歳未満はメルペイあと払いを利用できません。

また、未成年(18~19歳)が利用する場合は、保護者の同意が必要となり、利用上限金額は1万円となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

サラリーマンをしながら、当ブログを運営していましたが、2018年に独立し現在はフリーランスとして活動しています。今まで、数々のWebサイト・ブログを構築してきました。このブログでは、今までの経験で得た知識を活かし、Web制作・SEO関連を中心に、最新のIT関連ニュースを発信。また、ファイナンシャル・プランナー技能士の資格を活かして金融関係の情報も発信しています。