TikTok Liteはなぜ稼げる?ポイ活の仕組みを解説

「TikTok Liteで動画を見るだけで稼げる」

そうは聞いても”なぜ稼げるのか”か分からないうちは、怪しさを感じてしまいます。

よく「タダほど怖いものはない」と言われますが、そんなに簡単に稼げると詐欺被害などでかえって高くつくのではないかと疑ってしまいます。

この記事では、TikTok Liteはなぜ稼げるのか?ポイ活の仕組みも含めて解説していきます。

\当ブログからTikTok Liteをダウンロードで4,500円分のポイント獲得!/

TikTok Liteは稼げるの?

まずは、本当にTikTok Liteを活用して稼げるのでしょうか?見ていきましょう。

次は、ネット上の口コミ・評判です。

TikTok Liteで稼いだポイントは、PayPayAmazonギフト券、楽天ポイント、au PAYなど、さまざまな電子マネー・ポイントに交換できます。

実際、筆者もTikTok Liteを活用して10日間で合計5,608円分を稼ぐことができました。

稼ぎ方

なお、TikTok Liteでは、大きく分けて4つの方法でお金を稼ぐことができます。

TikTok Liteでお金を稼ぐ方法
お友達招待キャンペーン TikTok Liteをお友達招待リンク(招待コード)を経由してインストールしてから10日間のチェックインで4,000円分のポイントを獲得できます。
動画視聴 レコメンドの動画を視聴するだけでポイントを獲得できます。
チェックインする 1日1回「チェックイン」ボタンを押すだけでポイントを獲得できます。
20分ごとに「受け取る」ボタンを押す 20分ごとに「受け取る」をタップするだけでポイントを獲得できます。
「いいね」を押す 「いいね」をしてから「受け取る」をタップするとポイントを獲得できます。

TikTok Liteの通常タスクとは?動画視聴でポイントゲットしよう

TikTok Liteはなぜ稼げる?

TikTok Liteは、なぜ稼げるポイ活・お小遣いアプリを提供しているのでしょうか?

FAQでは、次のように案内されています。

Q.なぜこのようなインセンティブがもらえるイベントを開催しているのですか?

A.TikTok Liteは、TikTokをより多くの方に楽しんでいただくことを目的にスタートしました。日々ゲーム感覚でたくさんの動画を視聴したり投稿したりしていただけるよう、さまざまなタスクをご用意しています。

ポイ活の仕組み

ポイ活とは、日々の生活の中で効率的にポイントを貯める活動のことを言います。

では、どのような仕組みで運営元は稼いでいるのかと言えば、テレビ、新聞、雑誌、IT企業(Google、Yahoo、Facebookなど)と同じ広告です。

企業は、自社の商品を広めて売上に繋げるためにお金を払って広告出稿を行います。

TikTok Liteにおいても多くの企業からの広告を受け付けており、親会社バイトダンスの売上規模は15兆円ほどにも達しています。

TikTok Liteのポイ活は、主にこの広告による収益を原資としたユーザーへのポイント還元施策です。

TikTok Liteにとってもユーザー数が増えることで企業の広告案件および収益が増加するメリットがあります。

TikTok Liteに危険性はある?怪しいけど安全性はどう?

最後に

今回は、TikTok Liteはなぜ稼げるのか?ポイ活の仕組みも交えて解説しました。

TikTok Liteは、通常のTikTokと同じ「TikTok Pte. Ltd.」が運営する”ポイ活機能”が付いたアプリです。

TikTokは、世界150カ国以上で累計ダウンロード数35億を突破しており、月間アクティブユーザー数は10億人を誇ります。

TikTok Liteは、動画を視聴したり、いいね!を押したり、チェックインすることで大量ポイントを獲得可能。

また、新規ユーザー向けには、当ブログの『お友達招待リンク』を経由してTikTok Liteを始めれば、4,000円分のポイントを簡単に獲得できます。

【ポイ活】TikTok Liteのお友達招待で4000円キャンペーンでポイントを獲得する方法

\当ブログからTikTok Liteをダウンロードで4,500円分のポイント獲得!/



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

サラリーマンをしながら、当ブログを運営していましたが、2018年に独立し現在はフリーランスとして活動しています。今まで、数々のWebサイト・ブログを構築してきました。このブログでは、今までの経験で得た知識を活かし、Web制作・SEO関連を中心に、最新のIT関連ニュースを発信。また、ファイナンシャル・プランナー技能士の資格を活かして金融関係の情報も発信しています。