ゆうちょPayのキャッシュアウトとは?東急線各駅で現金が出金可能【使い方】

ゆうちょ銀行が提供するスマホ決済サービス”ゆうちょPay“

ゆうちょPayの機能の一つにキャッシュアウトがありますが、一体どのような機能なのでしょうか?

この記事では、ゆうちょPayのキャッシュアウトの使い方などついて解説していきます。

ゆうちょPayのキャッシュアウトとは

ゆうちょPayのキャッシュアウトとは、銀行ATM以外の場所でも現金を引き出せる機能のことを言います。

現在は、東京急行電鉄株式会社が運営している東急電鉄の各駅に設置されている券売機で現金が引き出すことが可能です。

ゆうちょPayのキャッシュアウトの概要
使える場所 東急電鉄各駅(6路線85駅・こどもの国線、世田谷線を除く)
読み取り方法 QRコード
限度額 1日あたり3万円
手数料 1回あたり108円
使える時間帯 5時30分~23時

東急電鉄の利用者が

  • 銀行
  • コンビニ

に立ち寄ることなく、自分のゆうちょ銀行の口座から現金を引き出せることができ、利便性の向上が期待できます。

2017年4月の銀行法施行規則の改正によりATM以外でも銀行口座の預金を引き出せるようになったことから導入されている機能となります。

使い方

ゆうちょPayのキャッシュアウトの使い方については、ゆうちょ銀行公式のYou Tubeチャンネル「ゆうちょPay キャッシュアウトご利用方法」でも丁寧に解説されています。

まず、ゆうちょPayを起動してから左上「三」からメニューを開きます。

ゆうちょPayに登録する方法は『ゆうちょPayの始め方!初期設定~銀行口座(ゆうちょ銀行)を登録』で解説しています。

「キャッシュアウト」をタップします。

初めて利用する場合は”キャッシュアウト機能がOFFになっています”と表示されるので「設定変更」をタップします。

ゆうちょPayの登録時に設定した「取引暗証番号」を入力しましょう。

「キャッシュアウトの利用」をオンにします。

再度、メニューから「キャッシュアウト」に移動して、「金額を選択」をタップしましょう。

受け取りたい現金を「10,000円」「20,000円」「30,000円」から選択します。

「コード発行」の白丸の部分を右にスワイプします。

再度、ゆうちょPayの登録時に設定した「取引暗証番号」を入力します。

表示された「QRコード」を券売機にかざせば、現金を受け取ることができます。

券売機では「QRコードを使う」をタッチしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

サラリーマンをしながら、当ブログを運営していましたが、2018年に独立し現在はフリーランスとして活動しています。今まで、数々のWebサイト・ブログを構築してきました。このブログでは、今までの経験で得た知識を活かし、Web制作・SEO関連を中心に、最新のIT関連ニュースを発信していきたいと思います。