AirPAY(エアペイ)でd払い決済ができる!メリットは?

リクルートが提供するモバイル決済サービス”AirPAY(エアペイ)”

AirPAYでは、

  • iPadまたはiPhone
  • カードリーダー

を用意することでクレジットカード、電子マネー、QRコード決済などに対応。

今後、ますます広がる”キャッシュレス化”という時代の波に乗ることができます。

コンビニや飲食チェーン店にあるような大型のPOSレジを設置する必要はなく、導入・運用費用は0円から利用可能。

決済手数料は業界最低水準で入金回数は最大で月6回で資金繰りも楽になります。

AirPAYでd払い決済ができる

AirPAYでは、d払いに対応させることができます。

手続きとしては、

  • AirPAYの「Airペイ QR(QRコード決済)」

に申し込むことで対応できます。

d払いの決済方法は、店員がアプリのQRコードを読み取る方式が用いられます。

出典:AirPAY

AirPAYのQRコード対応状況

なお、AirPAYでは、すでに各種QRコード決済サービスに対応済みです。

AirPAYのスマホ決済サービスの対応状況
PayPay 5月下旬から
LINE Pay
d払い
楽天ペイ
メルペイ iDで対応
Origami Pay
AliPay
WeChat Pay

d払い決済に対応するメリット

d払いを店舗で導入するメリットに集客力の強化があげられます。

アプリダウンロード数が400万突破

スマホ決済「d払い」は、2019年4月時点でアプリダウンロード数が400万を突破。

運営元のNTTドコモは携帯電話契約数で約7845万件と国内シェアトップを誇っており、その基盤と会員への宣伝効果を活かして順調に利用者数を伸ばしています。

特にドコモユーザーは、

  • オンライン決済ができる(Amazon、無印良品、メルカリ、ラクマ、Wowma!など)
  • 携帯料金と合算して支払える

という他社にはないメリットがあり、クレジットカードを保有していない方にとっては嬉しい対応です。

もちろん、ドコモユーザー以外でも「dアカウント」を新規作成することにより、全国のd払い対応の実店舗での決済ができます。

大規模キャンペーンの実施

d払いでは、NTTドコモの負担(店舗側の負担はゼロ)で大規模キャンペーンを実施しています。

これまで

により会計金額の最大20%が還元される太っ腹なキャンペーンを実施。

テレビ番組の特集などでも紹介され、大きな話題となりました。

例えば、小売店で1万円の買い物をすれば、”最大2,000円(=1万円 × 20%)”が還元。

支払い金額は、実質8,000円となります。

次の表を見て分かるとおり、お客様にとっては、買い物金額が同じでも実質負担額が大きく変わってくることが分かります。

買い物金額 還元率 実質負担額
普通の店舗 10,000円 0% 10,000円
d払い対応の店舗 10,000円 20% 8,000円

つまり、店舗側は、d払いを導入するだけで、利益率を下げて安売りしたり、食材の品質を落として価格を下げることなく、期間限定!最大20%の大特価値下げキャンペーンが実施できるのです。

筆者自身もd払いを使っていますが、普段は予算の都合上行かないような飲食店でも最大20%還元があることから立ち寄る機会がぐっと増えました。

そこで「通常料金は少し予算を上回るけど、これだけ美味しかったら、もう一度行ってもいいかな」と感じることも多くあります。

通常の還元率も最大7%

d払いでは、キャンペーン期間中だけでなく、通常の還元率も最大7%と高くなっています。

例えば、10万円分の買い物をしたとき、

  • 通常の還元:1,000円(1%還元)
  • dポイント スーパー還元プログラムの還元:7,000円(7%還元)
  • 高還元率のクレジットカードの還元:1,000円(1%還元)

の合計9,000円の還元を受けることが可能。

10万円の商品が実質9万1,000円で購入できる計算です。

ドコモユーザー限定で一定条件を満たす必要がありますが、条件に合致するユーザーは積極的にd払いをすることが予想できます。

【d払い】通常の還元率が最大7%超!dポイント スーパー還元プログラムを徹底解説

2019.05.15

最後に

今後、政府では、2019年10月の消費税増税に合わせてキャッシュレス化の促進を加速させる予定です。

その一つがキャッシュレス決済を対象とした政府主導の最大5%のポイント還元であり、消費者の現金離れが加速されていくことが予想されます。

現金を多く持ち歩かないお客様が増えれば、それだけ知らず知らずのうちに機会損失が増えていくことになります。

AirPAYでは、導入・運用費用は0円で店舗をキャッシュレス化に対応させることが可能です。

集客にお悩みの店舗は検討されてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

サラリーマンをしながら、当ブログを運営していましたが、2018年に独立し現在はフリーランスとして活動しています。今まで、数々のWebサイト・ブログを構築してきました。このブログでは、今までの経験で得た知識を活かし、Web制作・SEO関連を中心に、最新のIT関連ニュースを発信。また、ファイナンシャル・プランナー技能士の資格を活かして金融関係の情報も発信しています。