Airペイの決済方法ごとの限度額まとめ【現金併用あり】

リクルートが提供するモバイル決済サービス”Airペイ(エアペイ)”

Airペイでは、

を用意することでクレジットカード、電子マネー、QRコード決済など、複数の決済方法に対応することができます。

この記事では、Airペイの決済方法ごとの限度額について分かりやすくまとめてみました。

Airペイの限度額は決済方法ごとに違う

Airペイの限度額は、

  • クレジットカード(VISA、Mastercard、JCB、American Express、Diners Club、Discover Card)
  • 交通系電子マネー(Kitaca、Suica、PASMO、TOICA、manaca、ICOCA、SUGOCA、nimoca、はやかけん)
  • iD
  • QUICPay
  • QUICPay+
  • スマホ決済(PayPay、LINE Pay、d払い)

といった決済方法ごとに変わってきます。

クレジットカード

Airペイをクレジットカードで決済する場合は、カードの利用可能枠(与信枠)が限度額となります。

クレジットカードの利用可能枠は、

  • 年齢
  • 職業
  • 勤務形態(正社員、契約社員、派遣、アルバイトなど)
  • 勤務先の会社の規模
  • 勤続年数
  • 年収
  • 預貯金額
  • 居住状況(持ち家、賃貸マンション、借家、社宅など)
  • 居住年数
  • 婚姻の有無
  • 世帯人数

などによって決められます。

また、過去にクレジットカードの支払いを遅延・滞納した場合は、利用可能枠に大きく影響するので気をつけたいところです。

クレジットカードを利用した金額を「安定的に支払うことができるか?」が重要な判断ポイントになります。

交通系電子マネー

Airペイを交通系電子マネーで決済する場合は、2万円が限度額となります。

交通系電子マネーの限度額は、

  • 不正利用・セキュリティ

の観点から2万円に設定されています。

また、もともと公共交通機関(電車・バス)の利用を想定して発行されており、JRの片道運賃でかかる最大金額を考慮して2万円に設定されています。
交通系電子マネーとは

交通系電子マネーとは、交通機関が発行する電子マネーで主に公共交通機関(電車、バスなど)で利用できます。

iD

Airペイを電子マネー「iD(アイディー)」で決済する場合は、3万円が限度額となります。

電子マネー「iD」の限度額においても

  • 不正利用・セキュリティ

の観点から3万円に設定されています。

もともと少額利用を前提としていたことから、初期の電子マネーには紛失時の補償もなく、限度額は低く設定されています。
iD(アイディー)とは

iDとは、NTTドコモが提供する電子マネーで国内発行枚数は約3,000万枚を誇ります。

QUICPay

Airペイを電子マネー「QUICPay(クイックペイ)」で決済する場合は、2万円が限度額になります。

電子マネー「QUICPay」の限度額においても

  • 不正利用・セキュリティ

の観点から2万円に設定されています。

QUICPay(クイックペイ)とは

QUICPayとは、JCBが展開するクレジットカードと紐づけて使える電子マネーです。

QUICPay+(クイックペイプラス)

Airペイを電子マネー「QUICPay+(クイックペイプラス)」で決済する場合は、登録しているクレジットカードの利用可能枠が限度額となります。

電子マネー「QUICPay+」の限度額は、

  • セキュリティが向上したこと

から利用学の上限が撤廃されています。

QUICPay+(クイックペイプラス)とは

QUICPay+とは、QUICPayの機能を拡張したサービスであり、クレジットカードと紐づけて使える電子マネーです。

PayPay

Airペイをスマホ決済「PayPay(ペイペイ)」で決済する場合は、最大50万円が限度額となります。

スマホ決済「PayPay」の限度額は、

  • 支払い方法

によって変わってきます。

支払い方法 限度額
(過去24時間)
限度額
(過去30日間)
PayPay残高 50万円 200万円
クレジットカード
(本人認証未設定)
5,000円 5,000円
クレジットカード
(本人認証設定済み)
2万円 2万円
クレジットカード
(本人認証設定済み+青いバッジが表示)
25万円 25万円
Yahoo!マネー 50万円 200万円
PayPay残高にチャージしてから決済することで限度額が最大50万円になります。

関連記事:PayPay残高にチャージする4つの方法まとめ

また、PayPayにクレジットカードを登録して決済する場合は、本人認証と青いバッジの表示により限度額が最大25万円になります。

関連記事:PayPayの本人認証「青いバッジ」で決済上限金額を25万円にする方法

PayPayとは

PayPayとは、ソフトバンクグループが提供するスマホ決済サービスです。

LINE Pay

Airペイをスマホ決済「LINE Pay(ラインペイ)」で決済する場合は、最大100万円が限度額となります。

スマホ決済「LINE Pay」の限度額は、

  • 本人確認の有無

によって変わってきます。

支払い方法 限度額
(1回あたり)
限度額
(過去30日間)
LINE Pay残高
(本人確認なし)
10万円 10万円
LINE Pay残高
(本人確認あり)
100万円 100万円
LINE Payでは、本人確認することにより限度額が上がるだけでなく、送金機能が使えたり、各種キャンペーンにも参加できるようになります。

本人確認の方法は、

のいずれかになります。

LINE Payとは

LINE Payとは、メッセージアプリのLINEが提供するスマホ決済サービスです。

d払い

Airペイを電子マネー「d払い」で決済する場合は、登録しているクレジットカードの利用可能枠が限度額となります。

なお、電話料金合算払い(ドコモユーザー限定)をしている場合は、利用状況(年齢、契約期間など)によって限度額が変わってきます。

年齢 契約期間 限度額
(1回あたり)
限度額
(過去30日間)
19歳まで 1万円 1万円
20歳以上 1~3ヶ月目 1万円 1万円
4~24ヶ月目 最大3万円 最大3万円
25ヶ月目以降 最大10万円 最大10万円
d払いとは

d払いとは、NTTドコモが提供するスマホ決済サービスです。

交通系電子マネーは現金併用ができる

Airペイでは、交通系電子マネーに限って現金併用が可能です。

ただし、

  • 交通系電子マネーの残高不足時のみ

という条件が付いています。

例えば、交通系電子マネーの残高が7,000円の状態で1万円の買い物をした。

そのときは、

  • 交通系電子マネー:7,000円
  • 現金:3,000円

で決済することができます。

まとめ

Airペイの決済方法ごとの限度額と現金併用の可否について表にまとめると次のとおりです。

決済方法 限度額 現金併用
クレジットカード 利用可能枠
交通系電子マネー 2万円
iD 3万円
QUICPay 2万円
QUICPay+ 利用可能枠
PayPay 50万円
LINE Pay 100万円
d払い 利用可能枠

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

サラリーマンをしながら、当ブログを運営していましたが、2018年に独立し現在はフリーランスとして活動しています。今まで、数々のWebサイト・ブログを構築してきました。このブログでは、今までの経験で得た知識を活かし、Web制作・SEO関連を中心に、最新のIT関連ニュースを発信。また、ファイナンシャル・プランナー技能士の資格を活かして金融関係の情報も発信しています。