LINE Pay残高から銀行口座に出金(銀行振込)する方法・手数料はかかる?

最大20%の還元「Payトク」といったお得なキャンペーンを実施する”LINE Pay”

LINE Payでは、

  • キャンペーンによる還元を受けた
  • 食事の割り勘で送金してもらった

などにより残高にどんどん貯まっていきます。

LINE Pay残高に貯まったら「実店舗での支払い」「LINE Payバーチャルカードでネットショッピング」などで消費することが可能です。

しかし、どうしても現金で受け取りたい!という方もいらっしゃるでしょう。

そんなときは、LINE Pay残高から銀行口座に出金することできます。

LINE Pay残高から出金する条件

LINE Pay残高から銀行口座に出金する際は、いくつかの条件があります。

条件 次のいずれかの方法で「本人確認」をしている
銀行口座の登録
LINE Payかんたん本人確認
対象 LINE Pay残高
LINEポイントLINE Payボーナスは出金できません。
出金の限度額 ・銀行口座:10万円/日
・セブン銀行ATM:1万円/日
出金できる時間 ・銀行口座:平日9~15時まで
・セブン銀行ATM:24時間365日
手数料 216円/回

LINE Pay残高の出金には手数料216円がかかるため、基本的にはLINE Pay決済で利用したほうがお得です。

なお、LINE Pay残高の有効期限は、前回の利用から5年間となっています。

LINE Pay残高から出金する方法

LINE Pay残高から出金する方法には、

  1. LINE Payに登録してる銀行口座に振り込み
  2. セブン銀行ATMから直接出金

の2つの方法があります。

すぐに現金化したい場合は「セブン銀行ATMから直接出金」を選択しましょう。

1、LINE Payに登録してる銀行口座に振込

こちらは、LINE Pay残高から銀行振込をする方法になります。

LINEアプリの下部メニュー「ウォレット」に移動して、金額の部分をタップします。

LINE Payの画面に移動するので、下までスクロールして「設定」をタップします。

「出金」をタップします。

PayPay残高からの振込先となる「銀行口座」を選択しましょう。

最後にLINE Pay残高から出金(銀行振込)する金額を入力して、手続きを完了させればOKです。

セブン銀行ATMから直接出金

こちらは、セブンイレブンやイトーヨーカドーなどに設置されている「セブン銀行ATM」から直接現金を受け取る方法となります。

先ほどの「LINE Payに登録してる銀行口座に振込」と同じ手順を踏んでいき、出金用の銀行口座の画面で「セブン銀行ATM」を選択します。

セブン銀行ATMの画面で「スマートフォンでの取引」ボタンを押します。

出典:セブン銀行

QRコードが表示されたら、スマホ画面の「次へ」をタップします。

QRコードを読み取りましょう。

QRコード読み取り後、スマホに表示される「企業番号」と「認証番号」をセブン銀行ATM画面で入力していきます。

出典:セブン銀行

あとはLINE Pay残高から出金したい金額を入力して、お金を受け取りましょう。

LINE Payプラスチックカードなら出金が便利

LINE Payプラスチックカードを持っているなら銀行のキャッシュカードと同じようにお金を引き出すことが可能です。

まず、セブン銀行ATMにLINE Payプラスチックカードを挿入してから「出金」をタッチします。

4桁の暗証番号を入力してから1,000円~1万円の金額を入力することでATMから現金が出金されます。

LINEポイントを出金する方法

※2019年12月31日23:59にLINE Pay残高への交換が終了するに伴い、こちらの方法が使えなくなる可能性があります。

LINE Pay残高から銀行口座に出金するだけでなく、LINEポイントを間接的に出金することも可能です。

手順としては、

  • LINEポイントをLINE Pay残高に交換する
  • LINE Pay残高を銀行口座に出金する

という流れになります。

LINEポイントをLINE Pay残高に交換する方法

LINEポイントをLINE Pay残高に交換するには、LINEアプリを起動してから「ウォレット」→「LINEポイント」の順にタップします。

上部の「使う」→「LINE Pay」の順にタップします。

交換したいLINEポイント数を入力してから「交換」をタップします。

“LINEポイント交換 交換しますか?”というメッセージが表示されるので「はい」をタップします。

5分以内にLINEウォレットから”◯円チャージしました。”というメッセージが届きます。

あとは「LINE Pay残高から出金する方法」の手順に沿って、LINE Pay残高を出金しましょう。

LINE Payの個人間送金なら手数料無料

LINE Pay残高を現金化するデメリットとして、1回あたり216円の手数料がかかることがあげられます。

そのため、

  • 家族や友だちに立て替えてもらったお金を返したい
  • 手持ちがないので家族や友だちからお金を借りたい

といったシーンで「現金じゃなくてLINE Pay残高で送金してもらったら良い」というのであれば、手数料無料の個人間送金を利用しましょう。

まずは、送金したい相手のトークルームに入ってから、コメントするときに表示される左側「+」→「送金」の順にタップしていきます。

「送金する」をタップします。

送金金額を入力してから「次へ」をタップします。

必要に応じてメッセージを入力してから「送金」をタップします。

“【LINE Pay】名前に○○円を送金しました。”というメッセージが表示されれば完了です。

LINE Payで送金&受け取り方法は?手数料・上限金額も解説

2019.04.30

最後に

LINE Pay残高にチャージしすぎたときは、出金して現金化することが可能です。

セブン銀行ATMであれば「財布にキャッシュカードを入れるのを忘れていた」という場合でもLINEアプリを利用して現金を引き出すことができます。

いざというときのためにLINE Pay残高から現金を引き出す方法は、頭に入れておいた方が良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

サラリーマンをしながら、当ブログを運営していましたが、2018年に独立し現在はフリーランスとして活動しています。今まで、数々のWebサイト・ブログを構築してきました。このブログでは、今までの経験で得た知識を活かし、Web制作・SEO関連を中心に、最新のIT関連ニュースを発信。また、ファイナンシャル・プランナー技能士の資格を活かして金融関係の情報も発信しています。